①異汗性湿疹の漢方薬療法

①異汗性湿疹の漢方薬療法

異汗性湿疹 ( いかんせいしっしん )は、別名を汗疱状湿疹 ( かんぽうじょうしっしん )とも呼ばれます。
異汗性湿疹とは、手の平や手指に出来る湿疹のことで、水疱が出来ては、その水疱が破裂して、はじめはジュクジュクして、治リ切らずに乾燥してカサカサして赤くなり湿疹面がだんだんと広がって強いカユミや痛みを伴う皮膚病です。

似たような別の皮膚病に、掌蹠膿疱症や掌蹠角化症などがございます。

激しいカユミに伴い、掻いてしまうためにドンドン悪化してしまうことがございます。
水虫と間違えて、水虫薬を使用するとさらに悪化します。

異汗性湿疹の原因は、汗が出る汗腺が詰まったことによって、汗が外にでることが出来なくなることによって、水疱が出来て、その水疱が破裂することによるものです。

病院の場合は、ステロイド剤の塗布によって治療されますが、たまたまステロイド剤がお身体に合わない場合は、悪化します。

ステロイド剤が合わない方や、なかなか治らない場合は、髙木漢方 (たかぎかんぽう) では、漢方薬による根本的な体質改善をおすすめしております。


f0135114_1740963.jpg


髙木漢方 (たかぎかんぽう) の漢方薬使用例

36歳    女性

異汗性湿疹で、2年ほど前から、複数の病院にて治療を受けているが治らない。
両方の手の平の皮膚は、剥がれて赤くただれている。
一番強いステロイド剤と保湿剤と亜鉛華軟膏とプロペトを使用している。
強いカユミと痛みが交互に襲ってくる。
包帯を巻いている。
カユミでよく眠れない。


この状態をなんとかしたくて、ご来店された。

当店の漢方薬をはじめて、一ヶ月後にご来店。
「皮膚のカユミが軽くなった。赤みが落ち着いてきた。」

さらに一ヶ月後にご来店。
「手の平全体が痒くて痛みがあったのに、今はカユミや痛みがあるところが少なくなった。」
「だいぶ落ち着いて、ちゃんと朝まで眠れるようになった。」

さらに、一か月後にご来店。

「左手は普通の皮膚に戻ってきた。右手の調子もいい感じ。」
「漢方薬は効いているので、治るまで続けたい。」
とのことでした。


髙木漢方 (たかぎかんぽう) の漢方健康病気相談


漢方では、皮膚は内臓の鏡という教えがあり、髙木漢方ではこの教えを大切にしております。
皮膚病は、単に皮膚の病気ではなくて、内臓との関わりが深い病気です。
ですから、髙木漢方の漢方薬によって内臓の働きを正すと皮膚も丈夫に綺麗に戻りやすくなります。


異汗性湿疹などの皮膚トラブルの漢方薬療法を得意としております。


皮膚病でお悩みのときは、髙木漢方 (たかぎかんぽう) までお気軽にご相談くださいませ。

ご相談&漢方カウンセリングは無料です。
メールや電話にてのご相談も承ります



創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店

店名   髙木漢方 (たかぎかんぽう)      (旧店名 伊勢佐木町漢方堂)
住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6  
ご相談&お問い合わせ電話    045-681-5888
ご相談&お問い合わせメール
info@yokohama-kampo.com
営業時間          11:00~19:30  
定休日           金          (土日は営業しております。)    




【行き方】
①JR根岸線 石川町駅 元町口( 南口 )より徒歩6分。

元町とは正反対の方向に、首都高速の高架下の中村川 にそって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋( くるまばし )のたもと( 石川町5丁目 )に当店はございます。

(石川町駅南口改札前のタクシー利用で2分です。)

②横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向に、打越の坂道( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。

又は、駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「 103 根岸台」に乗って、2番目の「石川町5丁目」のバス停にて降車して、すぐ目の前です。



横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ

f0135114_15185346.jpg









下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。
[PR]

by yokohama-kampo | 2014-10-29 17:27 | 汗疱性湿疹 異汗性湿疹