多嚢胞性卵巣症候群と不妊症の関係と漢方薬

多嚢胞性卵巣症候群と不妊症の関係と漢方薬

多嚢胞性卵巣症候群【PCOS】とは、何らかの原因で、女性の排卵が邪魔されて、卵巣内にたくさんの卵胞がたまって、月経不順(基礎体温が一相性)や不妊症になった状態のことです。

排卵時になっても、卵巣の表面が肥厚して蓋が閉じているようになって、卵が飛び出すことが出来ません。
飛び出せなかった未成熟な卵の入った卵胞が、卵巣の表面上に数珠つなぎに並んでいることから、「ネックレスサイン」と呼ばれる特有の症状が診られます。

他の症状としては、肥満しやすい、男性ホルモンが過剰になりやすい、黄体形成ホルモン(LH)の値が高くなる、多毛症になったり、ヒゲが生えやすい、インスリン抵抗性の糖尿病になりやすい、ニキビや吹き出物が出やすいなどです。

多嚢胞性卵巣症候群になっていたからと言って、生活上の不便はあまりないのですが、生理不順や「不妊症」やインスリン抵抗性の糖尿病やニキビなどで、お悩みのときは、髙木漢方の漢方薬療法で体質改善を行う必要が出てきます。

髙木漢方の漢方薬の使用例


31歳    女性    公務員


4年前に結婚したが、その後、子宝に恵まれなかった。
病院で、検査をしたところ、両方の卵巣が、「多嚢胞性卵巣症候群」で、排卵していないと言われた。
片方の卵管は、閉そくぎみと言われた。
病院にてホルモン療法を受けたが、強い副作用が出て途中で中止した。
寝つきが悪い。
精神不安がある。
月経不順。
冷え性。

妊娠希望にて、ご相談にみえた。

当店の漢方薬をはじめて、一ヶ月後にご来店。
「寝つきが良くなり、朝までグッスリと眠れるようになった。」

さらに、一か月後にご来店。

「妊娠した。病院にて確認した。」
と喜ばれた。


【髙木漢方の漢方健康病気相談】


多嚢胞性卵巣症候群になると、将来、不妊症などでお悩みになることがございます。
多嚢胞性卵巣症候群や月経不順や不妊症などでお悩みのときは、髙木漢方までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


髙木漢方では、漢方によるカウンセリングをしてから、身体に合った漢方薬をお選びしております
漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。


髙木漢方までお気軽にお越しくださいませ。

ご相談&漢方カウンセリングは無料です。
電話やメールにてのご相談も承ります。



創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店

店名   髙木漢方 (たかぎかんぽう)      (旧店名 伊勢佐木町漢方堂)
住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6  
ご相談&お問い合わせ電話    045-681-5888
ご相談&お問い合わせメール
info@yokohama-kampo.com
営業時間          11:00~19:30  
定休日           金          (土日は営業しております。)    

8月中は、平常どおりに営業いたします。



【行き方】
①JR根岸線 石川町駅 元町口( 南口 )より徒歩6分。

元町とは正反対の方向に、首都高速の高架下の中村川 にそって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋( くるまばし )のたもと( 石川町5丁目 )に当店はございます。

(石川町駅南口改札前のタクシー利用で2分です。)

②横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向に、打越の坂道( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。

又は、駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「 103 根岸台」に乗って、2番目の「石川町5丁目」のバス停にて降車して、すぐ目の前です。


横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ

f0135114_16164118.jpg









下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。
[PR]

by yokohama-kampo | 2015-03-25 16:07 | PCOS 多嚢胞性卵巣症候群