便秘と漢方薬

便秘と漢方薬

便秘は、風邪と並んで、万病の元になりますし、お肌の健康にも悪影響を与えます。
便秘は、頭痛、腰痛、のぼせ、吹き出物、にきび、肌荒れ、痔、腹部のぼうまん感、花粉症、高血圧症、過敏性腸症候群や潰瘍性大腸炎などや、近年、増加している大腸ポリープや大腸がんの原因にもなりえます。
髙木漢方では、便秘は、いくつかのタイプに分けて対処し治療いたします。

便秘には、腸管が緊張して便通が滞る「痙攣性便秘」と、身体の筋肉が弱くて便を送り出す力が不足した「弛緩性便秘」があります。

Ⅰ.痙攣性便秘(けいれんせいべんぴ)
便秘体質で最も多いタイプです。
比較的体力があり、食欲が旺盛で、栄養過多の人がなりやすいのが特徴です。

漢方的に分けると「熱秘」、「寒秘」、「気秘」の三つのタイプに分けられます。


①熱秘タイプ
油っこい物や味の濃い物、お酒などを好み、過食傾向があるため、体内に余分な熱がこもり、便が乾燥した便秘です。
尿の色が濃い、便が乾燥して硬い、口臭がある、顔面が紅潮するなどの特徴があります。

熱秘タイプの対処法

このような熱秘タイプには、身体の熱を冷まして、腸に潤いを与える「清熱潤腸作用」のある髙木漢方の漢方薬から、身体にあったものを選んで治します。

②寒秘タイプ

生ものや冷たい物の食べすぎや、冷房などで身体を冷やしたために起きた便秘です。

寒秘タイプの対処法

このような寒秘タイプには、冷やした身体を温め、胃腸機能を活発にする「温中散寒作用」のある髙木漢方の漢方薬の中から、身体にあったものを選んで治します。

③気秘タイプ

ストレスや更年期の時期のホルモンバランスの乱れが原因の便秘です。
残便感、ガスがたまる、コロコロとした便、細い便、情緒が不安定などの特徴があります。

気秘タイプの対処法

このような気秘タイプには、大腸の緊張をとき、肝の機能を高める「疏肝理気作用と通便作用」のある髙木漢方の漢方薬の中から、身体にあったものを選んで治します。

Ⅱ.弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)

胃腸虚弱者の便秘です。
もともと胃腸が弱っていて、風邪などを引きやすい虚弱体質で、体力不足の人に多いのが特徴です。

漢方的に分けると、「気虚」、「陽虚」、「血虚」、「陰虚」の四つのタイプに分けられます。

④気虚タイプ
食事が細く、消化機能が弱いことが原因の便秘です。
疲れやすい、食欲不振、便が細いといった特徴があります。

気虚タイプの対処法
このような気虚タイプには、胃腸を丈夫にして、便を運ぶ力を高める「補益肺脾作用」のある髙木漢方の漢方薬の中から、身体にあつたものを選んで治します。

⑤陽虚タイプ

気虚タイプの状態が長く続いて、身体や手足がとても冷えるようになる「陽虚」の状態になったことが原因の便秘です。
陽虚の状態になると、便秘ばかりではなく、下痢をすることもあるのが特徴です。

陽虚タイプの対処法

このような陽虚タイプには、身体や腸を温め、新陳代謝を改善する「補陽作用」のある漢方薬の中から、身体にあったものを選んで治します。

⑥血虚タイプ
身体が乾燥しやすい高齢者や、過度のダイエット、病後などの栄養不足により、、血液や体液が不足したことが原因の便秘です。
血色が悪く、口が渇き、不眠やめまいなどの症状があったりするのが特徴です。

血虚タイプの対処法
このような血虚タイプには、不足した血液や体液を補う「補血作用」のある髙木漢方の漢方薬の中から、身体にあったものを選んで治します。

⑦陰虚タイプ
血虚タイプの状態が長く続くと、身体の乾燥が進んで、便は硬くなり滅多に出なくなり(残便感)、手足がほてり、のぼせるようになる「陰虚」の状態になったことが原因の便秘です。
陰虚が進むとドライアイやドライマウスやドライスキンなどの症状がでることもあるのが特徴です。

陰虚タイプの対処法
このような陰虚タイプには、身体や腸に潤いをもたらす「補血潤腸作用」のある髙木漢方の漢方薬の中から、身体にあったものを選んで治します。

f0135114_18303969.jpg


髙木漢方の漢方薬の使用例

⒈   27歳     女性

慢性の便秘が5年前より続いている。
日ごろ、神経を使う接客の仕事。
甘いものが大好き。
貧血気味
低血圧
腰痛
軽い頭痛

漢方的に見立てると、血虚と脾虚の体質が見られたので、それらの悪い体質を
改善するために、髙木漢方の漢方薬を飲んでいただいた。

当店の漢方薬をはじめて一か月後にご来店。
「こんなにお通じがあるのはウソみたい。」
「下腹がひっこんで、温かくなった。」
「漢方薬は合っているので、続けたい。」
とのことでした。

⒉    37歳     男性

半年くらい前から、便がすっきり出なくて悩んでいる。
市販の便秘薬を飲むと腹痛がしたりするので、続けたくない。
プログラマーの仕事で、食事が不規則になりやすい。
ゲップやガスが頻繁に出る。
胃腸が重苦しい。
肩こりがひどい。

漢方的に見立てると、気虚と気滞の体質が見られたので、それらの悪い体質を
改善するために、髙木漢方の漢方薬を飲んでいただいた。

当店の漢方薬をはじめて、一か月後にご来店。
「便がすっきりと出て、調子が良い。」
「お腹もまったく痛まないし、ゲップもガスも減って気にならない。」
「漢方薬は自分に合っているので続けたい。」
とのことでした。

髙木漢方の漢方健康病気相談

便秘の不快さは、本当に毎日のことなので大変ですね。何とかしたいとお考えのときは、ぜひ髙木漢方の漢方薬をお試しください。
漢方健康病気相談専門店の髙木漢方では、あなた様の便秘を治す漢方薬をお選び致します。
便秘でお困りのときはもちろん、健康のことやお薬のことで何かとお悩みのときは、横浜市中区にある髙木漢方に、お気軽にお越しになりご相談ください。

髙木漢方では、漢方によるカウンセリングをしてから、漢方薬をお選びしております。

ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。

漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。

ご相談&漢方カウンセリングは無料です。
電話にてのご相談も承ります。


髙木漢方では、ゴールデンウイークは、通常どおりに営業しております。

創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店
店名   髙木漢方 (たかぎかんぽう)      (旧店名 伊勢佐木町漢方堂)

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6  
ご相談&お問い合わせ電話   045-681-5888
お問い合わせメール    info@yokohama-kampo.com
営業時間      11:00~19:30  
定休日        金              




【行き方】
①JR根岸線 石川町駅 元町口(南口)より徒歩6分。
元町とは反対方向に、首都高速の高架下(中村川)にそって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。
(石川町駅南口改札前のタクシー利用で2分です。)

②横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。 
改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向に、打越の坂道(山元町、根岸森林公園方面)に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。

又は、駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「103根岸台」に乗って、2番目の「石川町5丁目」のバス停にて降車して、すぐ目の前です。



横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ













下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。
[PR]

by yokohama-kampo | 2015-04-27 18:18 | 便秘 腸内フローラ