夏にむけて、多汗症の漢方薬療法

夏にむけて、多汗症の漢方薬療法

髙木漢方の漢方薬は、多汗症に良く効くと評判です。


漢方では、「汗は心液なり」あるいは「汗血同源」といわれています。

夏の蒸し暑さから来る多汗症では、「自汗」と「脱汗」が問題になりやすいものです。
自汗とは、昼間の汗のことで、しきりに汗をかくことです。
寝汗とは、文字通り、寝ている間にかく汗のことです。

自汗は、漢方でいう肺気不足の方によくみられます。
寝汗は、漢方でいう陰虚火旺の方によくみられます。

自汗も寝汗も髙木漢方の漢方薬で、陰陽のバランスをとる体質改善をすれば、汗はだんだんと止まって適正化します。

また多汗症の方で、体臭が気になる場合は、衛気虚からくる免疫力の低下(アトピー肌や乾燥肌によく見られる)による表皮(角質層)の細菌増殖が原因のこともあるので、漢方薬で体質改善をすることによって、表皮の細菌数も減少するので、体臭も減って気にならなくなることもございます。

多汗症でお悩みのときは、髙木漢方までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


髙木漢方の漢方薬の使用例

32歳      女性


寝汗が酷い。
昼間も汗がすごく多い。
首から鎖骨に汗がたまる。
生理不順と生理痛がある。
身体が浮腫みやすい。
寝つきが悪い。
すぐに疲れやすい。
少し体臭が気になる。

多汗が気になって、ご相談にみえた。

漢方的に見立てると、お血(おけつ)と気虚と陰虚の体質があったので、それらの悪い体質を改善するために、髙木漢方の漢方薬をお飲みいただいた。

当店の漢方薬をはじめて、一か月後にご来店。
「身体に力が戻ってきた感じがする。」
「背中の汗が止まって、首筋の汗が少なくなったが、まだ鎖骨に汗がたまる。」

さらに、一か月後にご来店。
「とても元気になってきた。」
「汗も体臭もまったく気にならなくなった。」
「調子もいいので、しばらくは、漢方薬を続けたい。」
と喜ばれた。



髙木漢方の漢方健康病気相談

髙木漢方では、夏に向けての多汗症のご相談も承っております。

お気軽にお越しになりご相談くださいませ。

ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、さまざまな病気、お気軽にご相談ください。

高木漢方(たかぎかんぽう)まで、お気軽にお越しくださいませ。


ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。
メールや電話にてのご相談も承ります。


創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店

店名   髙木漢方 (たかぎかんぽう)      (旧店名 伊勢佐木町漢方堂)
住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6  
ご相談&お問い合わせ電話    045-681-5888
ご相談&お問い合わせメール   info@yokohama-kampo.com
営業時間          11:00~19:30  
定休日           金              




【行き方】
①JR根岸線 石川町駅 元町口( 南口 )より徒歩6分。

元町とは正反対の方向に、首都高速の高架下の中村川 にそって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋( くるまばし )のたもと( 石川町5丁目 )に当店はございます。

(石川町駅南口改札前のタクシー利用で2分です。)

②横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向に、打越の坂道( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。

又は、駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「 103 根岸台」に乗って、2番目の「石川町5丁目」のバス停にて降車して、すぐ目の前です。


横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ

f0135114_1355249.jpg
大桟橋客船ターミナル   横浜港














下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。
[PR]

by yokohama-kampo | 2015-06-06 12:52 | 多汗 体臭