赤くなったり痒くなる皮膚のトラブルと漢方薬

赤くなったり痒くなる皮膚のトラブルと漢方薬

人間の身体には、外からの異物(抗原)であるウイルスや細菌などから、自らを守るための免疫システムが存在します。

血液中の白血球の中の、身体を守る戦士(抗体)が、身体の中をいつもパトロールしていて、異物であるウイルスを見つけると、攻撃して、排除します。
これが、病原菌から身体を守る免疫システムです。

この免疫システムの反応を「抗原抗体反応」といいます。

抗原抗体反応が、必要以上に行き過ぎた状態を「アレルギー」といいます。

このように免疫システムとアレルギーの二つは、別の物ではありません。

アレルギーの場合は、異物を排除するときに、力があまって、自らの身体を大きく傷つけてしまったり、逆に免疫力が低下して足りなかったりすることが問題に拍車をかけています。

アレルギーが、主役になる病気としては、花粉症、アレルギー性鼻炎、気管支ぜんそくなどや、じんましんやアトピー性皮膚炎や酒さ様皮膚炎や汗疱性湿疹や脂漏性皮膚炎などの皮膚病があります。

ここでは、赤くなったり痒くなる皮膚のトラブルである、アトピー性皮膚炎や、じんましんなどの皮膚病について、急性期の症状を中心に漢方の観点から考えてみます。

急性期のアトピー性皮膚炎やじんましんなどの皮膚病とは。

急性期のじんましんや、アトピー性皮膚炎においては、皮膚に赤い発疹が見られます。
赤い発疹は、体内に熱がこもっていることを表しています。

赤い発疹は、たとえていうと、家の中が、火事になり燃え盛っている状態です。

そのため、早く、火を鎮めなければ、どんどんと広がってしまいます。
この火を消火するためには、髙木漢方では、漢方の熱を鎮める方法「涼血清熱法」により治療します。


f0135114_1201220.jpg


赤くなって痒くなる皮膚のトラブルについて。

漢方医薬学には、「血熱」という独特の考え方があります。

血熱とは、血の病的な状態のひとつであり、ほてりや発熱などの症状や、次のような症状も表われることがあります。

①皮膚に赤い発疹ができる。
②出血傾向があり、鼻血、血尿、痔出血、皮膚に赤いあざが出来やすい。
③生理も早まり月経血が多く、色も鮮やか。
④目の充血、口の乾き、便秘しやすい、赤いニキビや吹き出物ができやすい。

これらの症状(血熱)は、さまざまな感染症の他に、アトピー性皮膚炎、急性湿疹、じんましん、慢性腎盂腎炎、慢性関節リウマチ、膠原病、橋本病などのアレルギー疾患のときにもよく見られます。

IgE抗体や、T細胞などの抗体の活性化により、身体に、過剰な免疫反応が起こり、ヒスタミンなどの化学伝達物質を放出します。

これにより、血管が拡張し、血管の透過性が高まり、血液の成分が、血管の外にあふれ出たり、出血したりアザが出来やすくなります。

また、皮膚が熱をもち、腫れたり、赤い発疹が出たりします。
激しいカユミ又は、皮膚がこぼれ落ち又は、赤くはれて痛みを伴うことも多々ございます。

これらの過剰な免疫反応を抑えるには、涼血して、清熱する髙木漢方の漢方薬がとても良く効きます。

但し、漢方薬によって、しっかりと涼血して清熱すると、初期に、一時的に、皮膚の赤みがさらに強くなったり、浸出液が出てカサブタを形成することがあります。
漢方薬で、悪化したものではありません。

これは、皮膚にこびりついている邪気である細菌やウイルスを排除するために、白血球が戦い始めることが主な理由です。

今まで負けていた身体の機能が、正常に機能したための反応です。
壊れていた皮膚が、ちゃんと治るための過程のひとつであって、治るにつれて、皮膚の赤みや浸出液は、徐々に引いていき、皮膚の健康状態が改善し綺麗になります。

髙木漢方の漢方薬の使用例

42歳    女性

3年くらい前から、はじめは、アゴのまわりが、カサカサして痒くなる。
病院では、アトピー性皮膚炎と言われている。

病院で処方されたステロイドと抗ヒスタミン剤が配合された塗り薬を使用していたが、最近は、顔全体に広がって、とくに目のまわりも赤くなって、カサカサして痒くなった。

別の病院に行ったら、脂漏性皮膚炎と皮膚の触りすぎだと、異なる病名を言われた。

どうしたものかと、ご相談にみえた。

漢方的に見立てると、血熱と熱毒と腎陰虚などの体質が見られたので、それらの悪い体質を改善するために、当店の漢方薬を飲んでいただいた。

当店の漢方薬を飲んで、一か月後にご来店。
「はじめのうちは、皮膚の赤みが強くなった気がしたが、2週間目くらいから、赤みが取れて来た。」

さらに、一か月後にご来店。
「目の周りの赤みがうすらいで、かなり落ち着いて来た。」

さらに、一か月後にご来店。
「アゴのカサカサした感じがなくなって来た。」

さらに、一か月後にご来店。
「顔全体の赤みがほとんど取れてきたが、ドライスキン感がまだある。」

さらに、一か月後にご来店。
「赤みはなくなったが、時々まだ痒くなる。」
「久しぶりに会った友人に、顔がとても綺麗になった。」と言われた。
「漢方薬はよく効いているので続けたい。」と喜ばれた


髙木漢方の漢方健康病気相談

赤くなって痒くなる皮膚のトラブルでお悩みのときは、髙木漢方までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

髙木漢方では、アトピー性皮膚炎、酒さ様皮膚炎、汗疱性湿疹、湿疹、じんましん、脂漏性皮膚炎、掌蹠膿疱症、尋常性乾癬、ニキビ、吹き出物、オデキなどさまざまな皮膚病について、ご相談を承っております。


髙木漢方では、漢方カウンセリングをしてから、漢方薬をお選びしております。

髙木漢方の漢方薬はよく効くと評判です。

ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。

漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。

ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方まで、お気軽にお越しくださいませ。


子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店
髙木漢方   創業慶応二年  横浜の漢方健康病気相談専門店
住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話    045-681-5888
ご相談&お問い合わせメール
info@yokohama-kampo.com
営業時間   11:00~19:30
定休日    金                       




 【行き方】
①JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。 

元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 にそって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。
(石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)


②横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。 

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて車橋のたもとに当店はございます。

又は、駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「103 根岸台」( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。
石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。


横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ


11月 3日 (火) は、営業いたします。


f0135114_125192.jpg












下記のインタ レストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。
[PR]

by yokohama-kampo | 2015-10-26 12:00 | アトピー性皮膚炎 蕁麻疹