鼻づまりを解消するための漢方薬

鼻づまりを解消するための漢方薬

街には、マスク姿の人もたくさん見かけるようになってきました。
気温も低下して、さらには空気が乾燥して、抗原である花粉やハウスダストや、インフルエンザや風邪などの各種のウイルスも飛び交っているためでしょう。

「鼻がつまり、鼻で息が出来ずに、口で呼吸する。」ということは、日常、よく経験する症状です。

鼻の機能は、呼吸する空気の防塵、加湿、加温などです。
鼻がつまると、口が乾燥しやすくなるのは、このような鼻の作用が無くなるためです。

鼻づまりが続くと、口やノドの乾燥や痛みのほかに、鼻がつまって十分に鼻がかめない、横になると鼻づまりがひどくなって寝付けない、いびきがひどくなる、慢性副鼻腔炎(ちくのう症)や、睡眠時無呼吸症候群の原因になったりします。

そして、ちくのう症やアレルギー性鼻炎になって数年たつと、鼻中隔の粘膜が変性して、鼻茸(はなたけ)などの鼻ポリープが出来たりして、さらに鼻づまりが慢性化しやすくなります。

Ⅰ.鼻づまりの原因

①鼻カゼや副鼻腔炎による炎症
②アレルギー性鼻炎や花粉症などのアレルギー反応
③血管運動性鼻炎 (温度差による反応)
④鼻腔の構造的な問題(鼻腔の湾曲など)
⑤鼻中隔の粘膜が変性して鼻茸(鼻ポリープ)が発生

鼻づまりは、上記のうち、二つ以上が重なって、原因になっておこります。

Ⅱ.「鼻づまり」と「クシャミ・鼻水」との発生機序の違い

鼻づまりとは、鼻の粘膜が、浮腫(むくみ)により肥厚して、鼻腔が狭まり塞がった状態です。

①花粉やハウスダストなどの抗原(アレルゲン)が来ると、鼻粘膜の肥満細胞から、ヒスタミンが放出されて、アレルギー反応がおこり、炎症が生じます。

そのため花粉症やアレルギー性鼻炎などでは、炎症によって鼻粘膜が刺激されて、「クシャミ・鼻水」をもたらします。
これは、アレルゲンが侵入するとすぐに起きる症状です。

②次に遅れること、6~10時間、「鼻づまり」の症状が発生してきます。

これは主に好酸球の活性化によって放出された“ロイコトリエン”によって起こるものです。
ロイコトリエンは、鼻粘膜の血管を拡張し、血管の透過性を亢進して浮腫を起こし、鼻腔をふさいで、鼻づまりが発生します。

髙木漢方の漢方薬によって、体質を改善していくと、鼻水やクシャミや鼻づまりなどは解消されていきます。

髙木漢方の漢方薬の使用例

45歳     女性

半年くらい前から、鼻をかんでもぜんぜんスッキリしなくて、鼻汁がノドにまわって、痰になって出てくる。(後鼻漏ぎみ。)
ひどい鼻づまりと頭痛とノドの違和感に悩んでいる。

病院にて、慢性副鼻腔炎と鼻茸があるといわれた。
鼻茸は、手術が必要になるとのこと。
今は、病院で処方されている鼻スプレーの効果も減って、鼻が詰まって、1日中、口呼吸している。
仕事の効率も著しく低下している。
病院の漢方薬も飲んだことがあるが、効果を感じなかった。

何とかならないかと、ご相談にみえた。

漢方的に見立てると、気虚と血虚とお血(おけつ)と腎虚と湿熱などの体質が見られたので、それらの悪い体質を改善するために、髙木漢方の漢方薬を飲んでいただいた。

髙木漢方の漢方薬を飲んで、1か月後にご来店。
「飲み始めて、1週間くらいしたら、膿のような鼻水がたくさん出た。」
「汚い鼻水から、水のような透明の鼻水に変化したら、鼻の周りの頭の痛みが取れた。」

さらに、一か月後にご来店。
「鼻の通りが戻って来た。左右のどちらかは、空気が通るようになった。」
「口呼吸は、ほとんど無くなった。」

さらに、一か月後にご来店。
「ノドに落ちる鼻水が減って来た。」
「両方の鼻穴が通るようになって、頭痛もない。」
「とても調子がいいので、完治するまでは、漢方薬はつづけたい。」
と喜ばれた。

髙木漢方の漢方健康病気相談

鼻づまりの原因が、長期間持続すると、毛細血管は、収縮する能力を失って慢性的に拡張し、鼻粘膜の血流も停滞することにより、鼻細胞がスポンジのように変性して、鼻づまりは、慢性化します。
慢性化した鼻づまりになると、鼻水がノドに落ちて、喉に違和感を生じる後鼻漏になることもございます。

夜間のみの鼻づまり(初期)や、鼻づまりが比較的強く口呼吸が一日のうち時々ある場合や、完全に鼻がつまっている場合、慢性的鼻づまり、鼻中隔に鼻茸を生じていたり、鼻づまりを繰り返す場合などのそれぞれのタイプや程度に合わせて、髙木漢方の漢方薬を使い分けることにより、少しずつ着実に改善いたします。


髙木漢方では、漢方カウンセリングをしてから、漢方薬をお選びしております。

髙木漢方の漢方薬はよく効くと評判です。

ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。

漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。

ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方まで、お気軽にお越しくださいませ。


子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店
髙木漢方   創業慶応二年  横浜の漢方健康病気相談専門店
住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185 番地6
ご相談電話    045-681-5888
ご相談&お問い合わせメール
info@yokohama-kampo.com
営業時間   11:00~19:30
定休日    金                       




 【行き方】
①JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。 

元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 にそって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。
(石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)


②横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。 

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて車橋のたもとに当店はございます。

又は、駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「103 根岸台」( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。
石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。


横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ



f0135114_15185346.jpg











下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。
[PR]

by yokohama-kampo | 2016-01-24 14:39 | 鼻づまり 鼻茸 後鼻漏