女性の更年期障害には、漢方薬が良く効くね

女性の更年期障害には、漢方薬が良く効くね。

更年期障害は男性にもありますが、ここでは、一般的な女性の更年期障害について漢方の観点から考えてみたいと思います。

閉経前後の身体と心のさまざまな不調のことを更年期障害といいます。
日本人女性の平均閉経年齢は、50歳です。

更年期障害でみられる代表的な症状は、ホットフラッシュ、のぼせ、月経不順、不眠症、膀胱炎、酷い肩こり、首こり、シミが増える、シワが増える、皮膚が弱くなる、視力低下、体重増加、急に老け込む、イライラする、精神不安、神経過敏、めまい、頭痛、耳鳴り、動悸などです。

原因は、加齢に伴って、卵巣機能が低下して閉経することによって、女性ホルモンのバランスが崩れて、それによって身体と心のバランスも取れなくなることによるものです。

漢方的には、腎虚によって閉経して気の流れが滞って、さらには、骨髄が弱って元気な血液を作れなくなって、お血(おけつ)を生じて、それらに伴って身体と心の痛みが増えて、身体が重くなって、シミやシワなどが増えて皮膚が黒ずんで、子宮筋腫や腫瘍や乳がんなどのしこりも出やすくなる時期です。

更年期障害における髙木漢方の漢方薬療法では、漢方薬を飲んでいただいて、足りなくなった腎精(生命エネルギー)を後天的に補って、髄を元気づけて必要な血を生じさせて、身体と心のバランスを整えて新陳代謝が若返るように体質を改善します。

髙木漢方の漢方薬の使用例


 49歳     女性

半年に一回くらいの月経になった。
病院では、かなり卵巣機能が落ちているので、まもなく閉経するといわれた。
ここ2年で、体重が10㎏増えた。
身体が重い。
老け込んできた。
目が疲れやすい。
両肩こり。
ホットフラッシュが少しある。
イライラしやすい。
顔に、赤い湿疹が出やすい。
病院で、脂漏性皮膚炎と言われた。

この体調不良を何とかしたくて、ご来店された。

漢方的に見立てると、腎虚と血虚と痰湿とお血(おけつ)と湿熱などの体質が見られたので、それらの悪い体質を改善するために、髙木漢方の漢方薬をのんでいただいた。

一か月後にご来店。
「久しぶりに生理がついた。」
「イライラしなくなった。」
「顔の赤い湿疹の数が減った。」

さらに、一か月後にご来店。
「今回も生理があった。」
「体重が3㎏も落ちたので、身体の重苦しさが取れてきて改善した。」

さらに、一か月後にご来店。
「生理は、順調にある。」
「顔の赤い湿疹は、ほとんど無くなって肌が綺麗になって来た。」
「体重もさらに、2㎏落ちた。」
「気分が明るくなって調子がいいので、髙木漢方の漢方薬は続けたい。」
と喜ばれた。


髙木漢方の漢方健康病気相談

髙木漢方では、更年期における身体と心の不良状態を改善する女性の漢方薬療法を得意としております。
閉経前後の体調不良である更年期障害などで、お悩みの時は、髙木漢方までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


更年期障害のことももちろん、不妊症や第2子不妊、不育症 (流産しやすい。)、PMS(月経前症候群)、 冷え症、生理痛や生理不順、排卵痛、月経困難症、子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫、子宮頚部異形成、高プロラクチン血症、PCOS (多嚢胞性卵巣症候群)、子宮発育不全や、黄体機能不全など、お身体の不調でお悩みの時は、髙木漢方までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

髙木漢方では、漢方カウンセリングをしてから、漢方薬をお選びしております。

髙木漢方の漢方薬はよく効くと評判です。

ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。

漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。

ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方まで、お気軽にお越しくださいませ。


子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店
髙木漢方   創業慶応二年  横浜の漢方健康病気相談専門店
住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話    045-681-5888
ご相談&お問い合わせメール
info@yokohama-kampo.com
営業時間   11:00~19:30
定休日    金                       




 【行き方】
①JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。 

元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 にそって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。
(石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)


②横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。 

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて車橋のたもとに当店はございます。

又は、駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「103 根岸台、103根岸駅」( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。
石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。


横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ



f0135114_1356566.jpg

f0135114_15475430.jpg

本牧  横浜




下記のインタ レストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。
[PR]

by yokohama-kampo | 2016-03-25 15:45 | 更年期障害 ホットフラッシュ