老いるとは、増える薬と減る記憶と漢方薬 (イスクラ双料参茸丸)

老いるとは、増える薬と減る記憶と漢方薬 (イスクラ双料参茸丸)

シルバー川柳に、「老いるとは、増える薬と減る記憶」とあったので、笑ってしまいました。

確かに、病院の方からは、たくさんの薬の入った袋を両手に持っている人を見かけます。

物忘れも感じる今日この頃、ひとごととも思えませんね。

漢方の一大テーマのひとつは、「抗老防衰」です。

分かりやすく言えば、「不老長寿」ということです。

元気に長生きしましょうということです。

いろいろ病気で、寝たきりで、長生きでは嫌ですものね。

さすがに、「不老」とはいきませんが、漢方薬を続けていると、新陳代謝は若返ることを私は実感します。

顔にシミとかシワは、同年齢よりは少ないですし。

入院するような病気にはなっていませんし。

そこで、新陳代謝が若返るかもしれない漢方サプリ (第二類医薬品) のご紹介です。

まず一つ目は、「イスクラ双料参茸丸」です。

イスクラ双料参茸丸は、人参と鹿茸を主成分として、冬虫夏草と蛤介と巴ゲキ天と熟地黄とクコ子と当帰と黄耆と茯苓と甘草と党参と山薬と白朮によって構成されています。

イスクラ双料参茸丸は、漢方薬で、唯一、貴重な天然自然のチベット産の冬虫夏草が配合されています。

イスクラ双料参茸丸は、肺と脾(胃腸)と腎をサポートして、あなたがこの世に誕生した時に父母から与えられる「命門の火(生命エネルギー)」を、後天的に、足りなくなった分を補って高める漢方サプリです。

さらにいえば、生命エネルギーが高まれば、妊活(不妊症や不育症)の応援にもなりますね。
イスクラ双料参茸丸は、男性力と女性力が共にとても高まって、子宝に恵まれるためのお助け漢方薬ともいえます。

食生活が不摂生だったり、飲酒喫煙習慣があったり、たくさん薬を飲んでいたり、高脂血症だったり、アレルギー体質だったり、カゼを引いた後や、スポーツ後や、仕事が忙しくて疲労がたまっている時に、疲れている体の臓器といえば、それは「肺と脾(胃腸)と腎」です。

肺や脾(胃腸)や腎臓の検査数値と結果は問題ないのにと、今あなたが考えているとしても、もし本当に数値と結果が悪化するようになったとしたら、残念ながら悪くなる一方通行になることもしばしばです。

肺と脾(胃腸)と腎臓を同時にサポートする漢方薬には、イスクラ双料参茸丸が適任です。

なぜかしら肺と脾(胃腸)と腎臓が元気になると、呼吸がし易くなって、自然と疲れがたまらなくなって、体が軽くなって動きやすくなりますし、頭の働きも当然のように良くなり、仕事の効率も上がりますね。

イスクラ双料参茸丸の効能効果は、滋養強壮、虚弱体質、肉体疲労、病後の体力低下、胃腸虚弱、食欲不振、血色不良、冷え性です。

イスクラ双料参茸丸(第二類医薬品)は、髙木漢方 (たかぎかんぽう) の店頭にて販売しております。 

f0135114_1184157.jpg

髙木漢方の漢方健康病気相談

体調すぐれない、疲れやすい、子宝がほしい妊活中のご夫婦、老化が気になるなどの時は、髙木漢方までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

髙木漢方では、漢方カウンセリングをしてから、あなたに合わせて漢方薬をお選びしております。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) の漢方薬はよく効くと評判です。

ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。

漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。

ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方まで、お気軽にお越しくださいませ。


子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店
髙木漢方   創業慶応二年  横浜の漢方健康病気相談専門店
住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話    045-681-5888
ご相談&お問い合わせメール
info@yokohama-kampo.com
営業時間   11:00~19:30
定休日    金                       




 【行き方】
①JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。 

元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 にそって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。
(石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)


②横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。 

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて車橋のたもとに当店はございます。

又は、駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「103 根岸台、103根岸駅」( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。
石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。


横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ



f0135114_1356566.jpg







下記のインタ レストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。
[PR]

by yokohama-kampo | 2016-04-02 11:08 | イスクラ双料参茸丸