子宮内膜症と妊活と漢方薬

子宮内膜症と妊活と漢方薬

子宮内膜症とは、月経の時に、排出されるべき内膜が、なぜか他の臓器に飛んでしまって、着いた先で、月経を生じる病気です。

とても厄介な症状としては、子宮以外では月経血が逃げるところが無いので、血液がたまってしまうために、慢性的な炎症が起きて、激しい痛みと月経過多や内臓どうしの癒着と変性が発生することがあることです。

卵巣内に、月経血がたまって、卵巣が肥大化したものが、チョコレート嚢腫といわれるものになります。

この痛みは、月経時に最も強くなり、次第におさまりますが、月経はまた来るので、閉経まで続きます。

西洋医学的には、我慢できない痛みの時は、ピルを服用したり、ホルモン注射をして、一時的に、偽閉経状態にすることで、痛みを緩和します。

但し、偽閉経すると、卵巣はだんだんと萎縮して小さくなるので、委縮した卵巣では受精するためにちょうどよい卵に育ちずらくなるので、いざ妊娠を希望する段階になると、なかなか妊娠出来なくて困ることが多いものです。

子宮内膜症と多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)が、併発しやすいのは、上記の理由によるものもあります。

さらに、妊活のために、クロミッドなどの排卵誘発剤を多用すると、卵巣に過負荷がかかるので、流産を繰り返す不育症に悩むこともございます。

子宮内膜症や多嚢胞性卵巣症候群などが原因で、不妊症などでお困りの時は、髙木漢方の漢方薬でその悪い体質を改善すると妊娠し易く子宝に恵まれやすくなることがよくございます。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) の漢方薬の使用例

33歳   女性

10年くらい前から、子宮内膜症
5年前に結婚したが、三回流産した。
2年前から、人工授精から、体外受精を二回した。
ご主人さまは、健康体とのこと。

次の体外受精用のために、しばらくの間、身体を休ませている。
但し、取ってある卵の質があまり良くないといわれている。

月経時の生理痛が激しくて、鎮痛剤を多用している。
月経過多で、鉄剤を常用している。

妊活中なので、漢方で何とかならないかと、ご相談にみえた。

月経前の漢方薬と、月経中の漢方薬と、月経後の漢方薬を変えながら、一ヶ月分を試していただいた。

「生理痛が、心なしか、軽くなった。」
「月経血が、きれいな色に変わった。」

同じように、3~5種類の漢方薬を周期事に変えながら、一か月分を飲んでいただいた。

「低温期の体温が、34℃台~35℃台だったのが、36℃台に変化した。」

さらに、漢方薬を続けて一か月後にご来店。

「自然に、卵胞の大きさが、16mmから改善していた。19mmまで、育つようになった。」
「鎮痛剤は、飲まなくても大丈夫になった。」

さらに、漢方薬を続けて一か月後にご来店。

「妊娠検査薬で、妊娠反応があったので、婦人科で、自然妊娠を確認した。」
と喜ばれた。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) の漢方健康病気相談

髙木漢方では、漢方の観点から、妊活のご夫婦の応援をしております。

子宮内膜症や多嚢胞性卵巣症候群などのことももちろん、不妊症や第2子不妊や、不育症 (流産しやすい。)、PMS (月経前症候群)、冷え症、生理痛、排卵痛、月経困難症、子宮腺筋症、子宮筋腫、高プロラクチン血症、子宮発育不全、精子欠乏症、精子の運動率が悪い、黄体機能不全など、お身体の不調でお悩みの時は、髙木漢方までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

髙木漢方では、漢方カウンセリングをしてから、漢方薬をお選びしております。

髙木漢方の漢方薬はよく効くと評判です。

ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。

漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。

ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) まで、お気軽にお越しくださいませ。


子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店
髙木漢方   創業慶応二年  横浜の漢方健康病気相談専門店
住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話    045-681-5888
ご相談&お問い合わせメール
info@yokohama-kampo.com
営業時間   11:00~19:30
定休日    金                       




 【行き方】
①JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。 

元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 にそって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。
(石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)


②横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。 

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて車橋のたもとに当店はございます。

又は、駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「103 根岸台、103根岸駅」( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。
石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。


横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ


f0135114_1228318.jpg

f0135114_15505818.jpg








下記のインタ レストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。
[PR]

by yokohama-kampo | 2016-04-09 12:26 | 不妊症 不育症 子宝相談 妊活