低体温症の漢方薬療法

低体温症の漢方薬療法

正常な体温は36.5~37.1℃といわれています。
今は、36℃以下の方がとても増えています。
一般的に低体温症とされるのは、体の中心部が35℃以下の場合をいいます。

もし低体温症になると、身体の中をパトロールしている白血球の働きが悪くなり免疫力が低下して、肌荒れ、しみ、そばかす、にきび、吹き出物、湿疹、アトピー性皮膚炎になったり、さらには腫瘍や各種ポリープ(胃ポリープ,子宮筋腫、鼻茸)などの異物が体内に発生しやすくなります。

低体温症の人では体温の低下に伴い毛細血管の血行が悪くなって、「於血(おけつ)」が発生して、肩こり、首こり、頭痛、関節痛、浮腫み、腰が重い、冷え性などの症状に悩まされるようになります。

頭痛や関節痛の痛みを止めるために解熱消炎鎮痛薬を飲むと体温がさらに低下するので完治はしません。

体温が低下すると「気の流れ」が滞って情緒が不安定になりホルモンバランスが崩れるので、女性では、生理痛、生理不順、排卵痛、不妊症、不育症などの症状が出やすくなります。

体温の低下に伴い自律神経が失調するので、不眠症、パニック障害、激しい動悸、頻尿などの症状が出ることもございます。

不眠症のために睡眠薬を飲むと体温がさらに低下するので自律神経の失調は完治はしません。

このように低体温症になると於血と気滞が発生して、「痛み」「しこり」「黒ズミ」が発生して、自律神経失調症になることが分かります。

対症療法だけでは対処が難しいこれらの低体温症の症状の体質改善には、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬がとても向いています。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬の使用例


26歳      女性


高校生の頃から肌荒れとニキビがひどい。
肌ががさつきやすい。
体温が35℃を超えたことがめったにない。
末端冷え性。
ドライスキン。
顔全体、とくにアゴまわりとオデコにニキビが多発する。
生理痛が酷くて、2日間は寝込む。
病院では、軽い子宮内膜症といわれている。
過去に半年間ピルを飲んでいたが止めたら生理痛とニキビはすぐに再発した。
寝つきがとても悪い。
夢が多い。
マッサージ店の人に、肩が石のように硬いと毎回いわれる。

体調不良とニキビを治したくてとご相談にみえた。

漢方的に見立てると、気虚、血虚、気滞、於血(おけつ)などの体質が見られたので、それらの悪い体質を改善するために、数種類の髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を飲んでいただいた。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をお試しいただいて、一か月後にご来店。
「手足が温まって来た。」
「肩と首のこりがとれてきた。」
「肌がしっとりとしてきた。」

さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を飲み続けて一か月後にご来店。
「顔の赤いニキビの数が減って来た。」
「生理痛が軽くなって、寝込まなかった。」

さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を飲み続けて一か月後にご来店。
「ニキビほとんど消えて、ニキビ痕のみになってきた。」
「化粧ノリが良くなった。」
「肩こりはまったく感じなくなった。」
「体温が36.2℃に上がっていた。」

さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を飲み続けて一か月後にご来店。
「体調もいい状態が続いている。」
「肌の調子がとてもいいので、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬は続けたい。」
と喜ばれた。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方健康病気相談

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、低体温症の漢方薬療法を得意としております。

低体温症に伴う肌荒れ、ニキビなどの肌のトラブルはもちろんのこと、肩こり、首こり、冷え性、頭痛、関節痛、生理痛、排卵痛などのさまざまな体調不良でお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

①髙木漢方 (たかぎかんぽう) では、疲労回復、精力回復相談も承っております。

冬になり陽気が不足すると、体力、気力、精力、免疫力などの生命力が低下して、突然の狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、帯状疱疹、三叉神経痛、脚のムクミなどに襲われやすくなります。
髙木漢方では、早めの予防対策をお勧めしております。

②髙木漢方では、季節の変わり目の風邪を引きやすい方の体質改善を得意としております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングを通して漢方の観点から、妊活(不妊症、不育症)でお悩み中のご夫婦の応援を長年しております。

④髙木漢方(たかぎかんぽう)では、生理痛や排卵痛や月経不順など婦人病 のご相談をたくさん承っております。

⑤髙木漢方は、「痛み解消の専門店」としても、頑張っております。

⑥秋から冬は、不眠症のご相談が増加いたします。
髙木漢方では、ゆううつ、ノイローゼ、イライラ、五月病、目まい、ドライアイ、耳鳴り、片頭痛、下痢、胃痛、不眠症、自律神経失調症、PMS、パニック、更年期障害などのご相談を数多く承っております。

髙木漢方では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はよく効くと評判です。

ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。

漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。

ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) まで、お気軽にお越しくださいませ。  


子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店
髙木漢方   創業慶応二年  横浜の漢方健康病気相談専門店
住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185 番地6
ご相談電話    045-681-5888
ご相談&お問い合わせメール
info@yokohama-kampo.com
営業時間   11:00~19:30
定休日    金                       




 【行き方】
①JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。 

元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 にそって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。
(石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)


②横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。 

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて車橋のたもとに当店はございます。

又は、駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「103 根岸台、103根岸駅」( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。
石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。


横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ



f0135114_11435525.jpg

f0135114_1401743.jpg



下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。
[PR]

by yokohama-kampo | 2017-01-22 14:04 | 冷え性 低体温症 温活