狭心症と心筋梗塞のステント留置手術(PCI)後の養生と漢方薬

狭心症と心筋梗塞のステント留置手術(PCI)後の養生と漢方薬

大昔は、狭くなった心臓血管(冠状動脈)を広げるステント留置手術(PCI)はなかったので、狭心症や心筋梗塞の予後は、今よりもずっと悪かったものです。

そもそも、CTなどで、造影撮影をしながらの手術などは夢ものがたりでしたね。
命を救う技術の進歩には驚嘆するばかりです。

ステント留置術に成功して、しばらくすると、一部の人が、体調を崩すことがございます。

胸がギューットしめつけられたり、胸苦しくなったり、冷や汗をかいたりといった不調が続きます。

ステント留置手術(PCI)は成功しているし、病院の精密検査結果と血液検査なども異常なし。不調を告げれば、病院の薬は増えるばかり。

原因不明の胸の体調不良です。

この体調不良の原因のひとつは、髙木漢方(たかぎかんぽう)の立場で考えると、「於血(おけつ)」の体質によるものです。

於血とは、長年の生活習慣などによって、身体の中の全ての毛細血管の状態が劣化して、毛細血管が消滅したり、詰まったり、切れたりする体質のことです。

於血の体質になると、「痛む」「しこる」「黒ずみ」といった三種類の傾向がみられるようになります。

痛むとは、神経痛、関節痛、腰痛、筋肉痛、胸痛、頭痛、手足のしびれや痛み、関節の変形痛などの痛みがひとつまたは複数におよんで続きます。

しこるとは、肩こり、首こり、胃や大腸のポリープ、子宮筋腫、腫瘍などの塊のことです。

黒ずみとは、唇や舌や顔色などが黒っぽい、シミ、クスミ、ソバカス、紫斑、アザが出来やすいなどのことです。

於血の体質が続くと、心臓の毛細血管が傷つき、心筋(心臓を形成している筋肉)の劣化がすすんで、ついには心臓の筋肉に栄養と酸素を運んでいる三本の冠状動脈にも異変が現れるようになります。

冠状動脈が細くなり血液の流れが悪くなる病気が狭心症といわれており、冠状動脈が詰まってしまって血液が流れなくなる病気が心筋梗塞です。

このように、狭心症や心筋梗塞に罹患する前段階として、於血の体質があるので、ステント置換術の手術をしても、ちゃんと於血の体質を改善しなければ、体調の不良が残存すること(出現する。) はあるわけです。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、狭心症や心筋梗塞などのステント留置手術後の体調不良のご相談を長年にわたり承っております。

体調不良の原因を、豊富な経験と知識と漢方理論に基づいて見立てて、一人ひとりに合った髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をご紹介いたしております。
f0135114_1424225.jpg


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬の使用例


51歳   男性   会社経営者

時々胸痛があるため、病院で検査したところ、心筋梗塞があるといわれた。
早速、病院にて、ステント留置手術を受けた。
術後、3週間後くらいから、「胸が苦しい、時々ギュッと締め付けられる感じが続く。」
もう、この体調不良が、5か月間くらい続いている。

病院にて、何回か精密検査や血液検査をしたが異常なし。
ステント留置手術は成功している。
2年前に、病院にて大腸ポリープを取っている。
胸苦しさを訴えるほどに、病院の薬が増えていく。

毎日遅くまで忙しい。
タバコと酒は止めた。
肩こりがひどい。
数年前に、ぎっくり腰をしたことがある。
食事は今は、栄養士の指導を受けている。
術後は、仕事をかなりセーブしているが、限界はある。

この胸苦しさを取りたくてと、ご相談にみえた。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をお試しいただいて、1ヶ月後にご来店。
「飲み始めて、2週間後くらいから、胸苦しさが薄らいで来た。」

さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けていただいて、1ヶ月後にご来店。
「長年の肩こりが消えてきた。」
「胸苦しさは、ほとんど起きなくなった。」
「胸が、ギュッとされる感じが、一回だけ起きたが、それっきりなくなった。」

さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けていただいて、1ヶ月後にご来店。
「妻や家族から、とても顔色が良くなった。といわれた。」
「胸の体調不良が改善して調子がいいので、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はしばらく続けたい。」
と喜ばれた。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方健康病気相談

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、於血(おけつ)が原因の体調不良の体質改善を得意としております。
狭心症と心筋梗塞のためのステント留置手術の体調不良などで、お悩みの時は、
髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

①髙木漢方 (たかぎかんぽう) では、疲労回復、精力回復相談も承っております。

②髙木漢方では、季節の変わり目の風邪を引きやすい方の体質改善を得意としております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングを通して漢方の観点から、妊活(不妊症、不育症)でお悩み中のご夫婦の応援を長年しております。

④髙木漢方(たかぎかんぽう)では、生理痛や排卵痛や月経不順など婦人病 のご相談をたくさん承っております。

⑤髙木漢方は、「痛み解消の専門店」としても、頑張っております。
三叉神経痛の漢方薬療法なども得意としております。

⑥春は、不眠症やうつ状態のご相談が増加いたします。

髙木漢方では、ゆううつ、ノイローゼ、イライラ、五月病、目まい、ドライアイ、耳鳴り、片頭痛、下痢、胃痛、不眠症、自律神経失調症、心臓神経症、PMS、パニック、更年期障害などのご相談を数多く承っております。

髙木漢方では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はよく効くと評判です。

ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。

漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。

ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) まで、お気軽にお越しくださいませ。  


子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店
髙木漢方   創業慶応二年  横浜の漢方健康病気相談専門店
住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185 番地6
ご相談電話    045-681-5888
ご相談&お問い合わせメール
info@yokohama-kampo.com
営業時間   11:00~19:30
定休日    金                       




 【行き方】
①JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。 

元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 にそって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。
(石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)


②横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。 

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて車橋のたもとに当店はございます。

又は、駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「103 根岸台、103根岸駅」( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。
石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。


横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ



f0135114_11435525.jpg












下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。
[PR]

by yokohama-kampo | 2017-06-22 14:24 | 動悸 息切れ 狭心症