みずみずしくありたい①

月の初めの月曜日ですが、いかがおすごしでしょうか。あいにくの雨、それとも恵みの雨でしょうか。
日が落ちると、だいぶ冷え込みが強くなりました。風邪を引かないように、生姜湯でも飲んで身体を温めましょう。
冷えた身体の回復のための漢方なら、「五加参のエキス」を飲んでおくと、風邪の予防や、病気の急な悪化を防ぐことができます。
このごろは、年齢に関係なく、「みずみずしく若い肌でいたい」ということから、目のたまがひっくりかえりそうな超高級化粧用クリームが、テ゜パートでは、飛ぶように売れているそうで、景気が悪いのは、どこの国の話なのかと考えさせられます。
歴代皇帝の願いである不老長寿はもとより、漢方医薬学の「抗老防衰」は、漢方の養生の基本です。
身体をいつまでも、みずみずしく若さを保つためには、「水分」が大切になります。それもただ水をとれば良いということではありません。
若さを保つ水分とは、「細胞の中に含まれている水分」がどれだけ足りているかが大切です。
細胞の中に含まれている水分のことを「細胞内液」といいます。
f0135114_19191670.jpg

これに対して、体内で毒になる水分のことを「水毒または痰湿」といいます。「水毒」とは、身体の本来必要でないところにたまります。
この水毒のことを「細胞外液」といいます。細胞外液は、細胞と細胞の間や胃袋、腸管の中、副鼻腔の中、皮下の細胞と細胞の間などにたまっています。
f0135114_19315440.jpg

                                      みなとみらい

横浜の漢方薬 伊勢佐木町漢方堂ホームページ

                                        
[PR]
by yokohama-kampo | 2007-12-03 19:19 | みずみずしく若返る


横浜の漢方,髙木漢方がお届けする、漢方薬と薬草と散歩のブログ


by yokohama-kampo

プロフィールを見る
画像一覧

お気に入りリンク

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

カテゴリ

全体
日常
ごあいさつ
散歩
漢方薬
にきび・おでき・吹き出もの
蕁麻疹 湿疹 カユミ
アトピー性皮膚炎 蕁麻疹
尋常性乾癬
脂漏性湿疹(脂漏性皮膚炎)
汗疱性湿疹 異汗性湿疹
掌蹠膿疱症
酒渣 酒さ様皮膚炎
美肌 スキンケア
ドライスキン、ドライアイ
ガン予防
ED 勃起不全
男性不妊症
糖尿病
腰痛 関節痛 神経痛
三叉神経痛  頭痛 片頭痛
痛風
胆石 尿路結石
尿失禁
痔 (じ、ぢ)
慢性肝炎  脂肪肝
しゃっくり
食養生
みずみずしく若返る
耳管開放症
物忘れ(健忘症) 認知症
ちくのう症(慢性副鼻腔炎)
鼻づまり 鼻茸 後鼻漏
花粉症  アレルギー性鼻炎
子供の鼻血
便秘 腸内フローラ
女性の膀胱炎
間質性膀胱炎
生理痛(月経痛)
冷え性 低体温症 温活
不妊症 不育症 子宝相談 妊活
卵巣のケア
PCOS 多嚢胞性卵巣症候群
高プロラクチン血症
子宮のお掃除
子宮頚部異形成
子宮内膜症 子宮腺筋症
更年期障害 ホットフラッシュ 
PMS 月経前症候群
乳腺症 乳房のしこり
産後の肥立ちが悪い 関節痛
夏バテ 梅雨バテ 秋バテ
熱中症 暑気あたり
動悸 息切れ 狭心症
不整脈 心臓病
高血圧症 血圧異常
お腹にガスがたまる
多汗 体臭
気管支喘息 セキ
肺の健康
肺気腫
目まい 立ちくらみ 耳鳴り
飛蚊症 疲れ目 カスミ目
起立性調節障害
眼瞼痙攣 目がピクピクする
前立腺肥大症 前立腺がん
足がつる フクラハギが痛む
潰瘍性大腸炎 口内炎
逆流性食道炎 吐き気
不眠症 自律神経失調症
うつ病 うつ状態
ネフローゼ症候群 タンパク尿 
カゼは万病のもと 免疫力
ラクナ脳梗塞 脳梗塞後の養生
伊勢佐木町
甘茶アマチャ 甘草
開豊瓊玉膏(ケイギョクコウ)
広東牛黄清心元
救心感応丸氣 牛黄
イスクラ婦宝当帰膠B
イスクラ麦味参顆粒
イスクラ独歩顆粒
イスクラ参馬補腎丸
イスクラ参茸補血丸
イスクラ双料参茸丸
響声破笛丸料
イスクラ枸杞の原液
板藍茶(板藍根エキス)
エゾウコギ 五加参
未分類

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

美容・健康
健康・医療

画像一覧