カテゴリ:糖尿病( 4 )

糖尿病と漢方薬④

昨日は、暖かくなりましたね。秋なのに、27℃くらいになりましたね。今日もとてもよく晴れて、雲ひとつなく風が心地よい天気ですね。

新型インフルエンザ(H1N1)が、はやっていますが、皆様は、ご無事ですか。くれぐれもご注意くださいませ。

ハイリスクの人から、新型インフルエンザ用のワクチンの接種も始まりました。

新型インフルエンザの特徴として、分かったことは、進行がとても早く、新型かどうか分からなくても、A型インフルエンザだと、判明したら、直ぐに、治療(タミフルまたは、リレンザの投与)を始めないと、間に合わないこともあり、命をおとすこともあるということが、判明しました。

〔備えあれば、百戦危うからず〕 とも言います。インフルエンザに負けないためには、予防が、大切ですね。

常日頃から、うがい、手洗い、マスクを着用しましょう。

後は、身体に合った、漢方薬で、いざという時に、病気に負けないように、体質を改善(強化)しておきましょう。

f0135114_14331471.jpg

                              象の鼻パーク   横浜

さて、糖尿病についての、漢方的な考えかたを折に触れて、述べてきました。

糖尿病は、それ自体は、すぐには、怖くないように見えますか゛、実際は、じわじわと、自らの血管を痛めつけています。

気が付いたときには、取り返しの付かないほど、合併症が、進んでいることがございます。

糖尿病性網膜症や糖尿病性黄斑症が原因で、日本において、中途失明する人は、年間、三千人にのぼっています。

糖尿病性の壊疽で、足や指が、腐ってしまい、切断することになる人も、後を絶ちません。

早めの養生が、あなた様、自身を助けます。

ここに、糖尿病の判定基準をしるします。

                   正常               糖尿病                           空腹時血糖値     109 mg/dl 以下       126 mg/dl 以上

ヘモグロビンA1c     5.4 %以下          6.1 %以上

糖尿病で、お困りのときは、髙木漢方まで、お気軽にお越しになり、ご相談くださいませ。

漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。

ご相談&漢方カウンセリングは無料です。
お電話によるご相談も承ります。


創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店
店名   髙木漢方 (たかぎかんぽう)      (旧店名 伊勢佐木町漢方堂)
住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6  
ご相談&お問い合わせ電話   045-681-5888
お問い合わせメール    info@yokohama-kampo.com
営業時間      11:00~19:30  
定休日        金              


【行き方】
①JR根岸線 石川町駅 元町口(南口)より徒歩6分。
元町とは反対方向に、首都高速の高架下(中村川)にそって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。
(石川町駅南口改札前のタクシー利用で2分です。)

②横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。 
改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向に、打越の坂道(山元町、根岸森林公園方面)に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。

又は、駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「103根岸台」に乗って、2番目の「石川町5丁目」のバス停にて降車して、すぐ目の前です。



横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ


















下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。
[PR]

by yokohama-kampo | 2009-10-21 14:19 | 糖尿病

糖尿病と漢方薬③

明日は、母の日ですね。日本では、すっかり、おなじみになりました。もともとは、アメリカ合衆国にて、はじまったと聞いています。南北戦争のあと、博愛、平和を祈念する母たちの日だったものが、ただの母の日になり、母に感謝するために、花など、何かをプレゼントする日に変化したものです。
f0135114_1765093.jpg

                                     日本大通り 横浜

さて、糖尿病は、高血糖症といいかえることも可能だといえます。なんらかの原因により、すい臓のランゲルハンストウの機能が、衰え、血糖値が上昇しても、インスリンホルモンを作れなくなり、高血糖の状態が、続くようになります。
この原因は、遺伝性のものを除けば、西洋医学上は、不明です。可能性としては、肥満、高血圧、高脂血症、高尿酸血証、ストレスやウイルス感染によるものが考えられます。

空腹時の血糖値が、126mg/㎗の場合は、ほとんど糖尿病ですが、さらに、ブドウ糖負荷試験などの詳しい検査をして確定します。
この検査で、二時間後の血糖値が、200mg/㎗以上の場合は、糖尿病と確定されます。
糖尿病の90%は、インスリン非依存型であり、その多くは、35才以降に、発病します。
f0135114_17102148.jpg
                                        神奈川県庁 横浜

漢方医薬学では、糖尿病の原因をその症状によって、「痰濁」、「於血」、「気虚」、「陰虚」、「燥熱」として、とらえ、それぞれの予防法と治療法を考えています。

横浜の漢方薬 伊勢佐木町漢方堂ホームページ
[PR]

by yokohama-kampo | 2008-05-10 16:58 | 糖尿病

糖尿病と漢方薬②

あいにくの天気ですが、本日は、横浜港祭りの日です。イセザキモールにも次から次にパーレードが行進していきます。なんとなくワクワクしますね。
f0135114_145282.jpg

日本人の成人男性のふたりに一人が、メタボリックシンドロームであり、1900万人もの糖尿病予備軍の方がいるとニュースで報道されていましたね。
物価も高くなっていきますが、食欲もなかなかコントロールできないものですね。
世は、グルメと飽食の時代です。血糖値も、うなぎのぼりですね。

糖尿病は、その名前から、尿に糖が出ると思われがちですが、実は、尿に糖がでない人もたくさんいらっしゃいます。
糖尿病の診断は、おもに、血糖値で決められます。
WHO(世界保健機構)の糖尿病の基準によると、空腹時の血糖値が、110mg/㎗ 未満が正常値です。110~125mg/㎗ は、糖尿病予備軍であり、126mg/㎗ 以上は、ほとんど糖尿病です。
f0135114_1523388.jpg

                                 イセザキモール  横浜

横浜の漢方薬 伊勢佐木町漢方堂ホームページ
[PR]

by yokohama-kampo | 2008-05-03 14:52 | 糖尿病

糖尿病と漢方薬①

ポカポカ陽気で、いい天気ですね。木々も芽吹いて、新緑がきれいです。横浜は、イチョウ並木が多いので、若葉に日がさすと、とてもきれいです。
中区では、日本大通りや、山下公園沿いのイチョウ並木がとくにおすすめです。
横浜公園(横浜スタジアムがある)のチューリップなども見ごろです。
ぜひ、横浜にお越しください。

メタボ検診がはじまりましたね。生活習慣病は、予防が大事ですからね。
高脂血証(高コレステロール・高中性脂肪)、高血圧、高血糖、高尿酸血証などによって、最後には、心筋梗塞や脳卒中など、大きな病気になります。

中でも、高血糖が原因の糖尿病は、はじめは、ほとんど、なにもありませんが、病気がではじめると、どんどん、悪化します。腎臓が働かなくなり、糖尿性腎不全により、透析になったり、目の網膜が硬化して、糖尿性網膜症になり、失明したり、血管の動脈硬化により、血管が詰まって、細胞が壊死して、糖尿性壊疽になり、足を切断しなければならなくなったりします。

何回かに分けて、この糖尿病について、漢方の見地から考えてみたいと思います。
糖尿病で、お困りのときは、漢方薬がお役に立つこともよくあります。
お気軽に、伊勢佐木町漢方堂まで、お越しください。
ちなみに、ご相談は、無料にて、承ります。
f0135114_17384823.jpg

                                            紅花

横浜の漢方薬 伊勢佐木町漢方堂ホームページ
[PR]

by yokohama-kampo | 2008-04-22 17:39 | 糖尿病