カテゴリ:漢方薬( 42 )

梅雨を吹き飛ばしたいですね。

横浜は、今日も雨模様でした。

梅雨どきは、汗が気持ちよく発汗出来ないために、体温の調節が出来ずらくなります。

赤ちゃんやお年寄り、病気の重い方は、梅雨時の「熱中症(ねっちゅうしょう)」にご注意ください。

ウイルスの活動も活発化する時期でもあります。

今年も、風邪や各種のウイルス予防と対策に、「当店の板藍茶(ばんらんちゃ)と板藍のど飴」は大活躍です。

風疹が大流行していると報道されていましたね。

風疹とは、いわゆる、三日はしかウイルスによる感染症のことです。

子供のときに、普通は罹るのですが、まれに、大人になって罹患すると重症化して、全身の発疹と関節痛と発熱などで、2週間くらいの安静が必要になります。

万が一に、妊婦さんが罹ると、赤ちゃんが先天性風疹症候群になることがあり、難聴や目の白内障や心疾患や精神発達障害などが起きることがございます。

f0135114_18513160.jpg


水虫も、これからの時期、ジメジメした梅雨や夏が大好きです。

水虫予防には、毎日、お風呂に入って、体を洗うことはもちろん、しっかりと発汗することも大切です。
そして、肌着は毎日交換すること。
水虫箇所のお手入れは欠かさないこと。

水虫に罹ったら、漢方薬の水虫薬も効果があります。
当店にある華佗膏(かだこう)をお試しあれ。
効き目に驚きます。

ジメジメを吹き飛ばす漢方薬としては、その名もズバリ「イスクラ勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)」があります。

梅雨時になると、体が重い方、体がだるい方、体臭の気になる方、食欲のなくなる方、下痢しやすい方などは、このイスクラ勝湿顆粒をお試しあれ。
お体が軽くなり楽になります。

f0135114_183968.jpg


梅雨時になると、風邪を引く方、のどが痛む方、せき込む方、熱っぽく腫れぼったくなる方、赤い湿疹が出る方などは、体に余分な熱がたまっている証拠です。
こんなときは、当店にあるイスクラ天津感冒片をお試しあれ。
余分な熱を発散させて、お体が楽になりますよ。

ご相談&漢方カウンセリングは、無料です。

お気軽におこしくださいませ。

【創業慶応二年 横浜の漢方健康病気相談専門店】
新店名  高木漢方   (たかぎかんぽう)
新住所  横浜市中区石川町5丁目185番地6  
新ご相談&お問い合わせ電話   045-681-5888
お問い合わせメール    info@yokohama-kampo.com
営業時間      11:00~19:30  
定休日        金曜         (土曜と日曜も、営業しております。)


【行き方】
①JR根岸線 石川町駅 元町口(南口)より徒歩7分。
元町とは反対方向に、首都高速の高架下(中村川)にそって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。
(石川町駅南口改札前のタクシー利用で2分です。)

②横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。 
改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向に、打越の坂道(山元町、根岸森林公園方面)に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。

又は、駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「103根岸台」に乗って、2番目の「石川町5丁目」のバス停にて降車して、すぐ目の前です。





横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ

















下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。
[PR]
by yokohama-kampo | 2013-06-21 18:32 | 漢方薬

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。

本年も、当店を宜しくご愛顧くださいますようにお願い申しあげます。

伊勢佐木町漢方堂は、通常どうり、営業しております。

f0135114_14133784.jpg


伊勢佐木町漢方堂
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町1丁目7番地  
JR関内駅北口 徒歩5分・横浜市営地下鉄関内駅伊勢佐木町方面 徒歩5分
ご相談&お問い合わせ電話  045-251-5323
営業時間    11:00~19:30  
定休日     火曜・金曜    (土曜と日曜は、営業しております。)
【行き方】
JR関内駅北口下車、イセザキモールに入り、右側に旧松坂屋(工事中)を過ぎて、ユニクロ(ダイソー)のとなりの四つ角(BOOK・OFF)を右折して、3軒目にございます。



横浜の漢方薬 伊勢佐木町漢方堂ホームページ
[PR]
by yokohama-kampo | 2012-01-07 14:13 | 漢方薬

復興大会を開きました。

全国から、約600人の漢方薬の先生方が、ここ、横浜に、集まって、三月の大震災からの、復興を目指して、大会を開きました。

東北では、漢方の薬局や薬店も、たくさん被災されました。

被害に遭われた地元の方や、お見舞いと支援に行かれた先生方の、お話を聞きました。

復興への願いや決意で、いっぱいになりました。

私も含めて、たくさんの漢方の先生方も、この復興大会のために、夜遅くまで、何度も、集まって、協力しました。

場所は、ランドマークタワーの中にある、横浜ロイヤルパークホテルにて、開催しました。

f0135114_18332450.jpg

f0135114_18341979.jpg

f0135114_18351867.jpg


皆様の日ごろの行いがいいのでしょうか、天気に、恵まれました。

f0135114_1838255.jpg

f0135114_1838466.jpg

f0135114_18462664.jpg


ランドマークタワーに、模しているのは、「冠元顆粒(かんげんかりゅう)」です。日本にお目見えしたのが、ちょうど、二十年前になります。

冠元顆粒は、日本人の体質に、合わせて、日本人のために、創成された漢方薬です。
当時から、日本人に、増加している病気、心筋梗塞や、狭心症や、脳梗塞の予防や治療や、認知症の改善への願いがこめられた日本人のための、漢方薬です。

冠元顆粒を、これからも大事に育てていければと思います。

今日の横浜は、台風の通過で、暴風と雨が、降り注いでいます。

伊勢佐木町漢方堂
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町1丁目7番地  
JR関内駅北口 徒歩5分・横浜市営地下鉄関内駅伊勢佐木町方面 徒歩5分
ご相談&お問い合わせ電話  045-251-5323
営業時間    11:00~19:30  
定休日     火曜・金曜    (土曜と日曜は、営業しております。)
【行き方】
JR関内駅北口下車、イセザキモールに入り、右側に旧松坂屋(工事中)を過ぎて、ユニクロ(ダイソー)のとなりの四つ角(BOOK・OFF)を右折して、3軒目にございます。



横浜の漢方薬 伊勢佐木町漢方堂ホームページ
[PR]
by yokohama-kampo | 2011-09-21 18:23 | 漢方薬

便秘にご注意

いつのまにやら、梅雨に突入していました。湿度が高いのはつらいですね。
身体は、重くなるし、痛みは強くなるし、湿疹やかぶれや水虫も出てきやすくなります。

最近は、便秘を自覚していない人が、増えましたね。
3日、4日出なくても、普通だと勘違いしているようですね。
排便は、毎日あるのが、正常です。

f0135114_14433271.jpg
  
                                          スイレン

便秘をほうって置くと、肌荒れ、ニキビ、吹き出物などになりやすくなりますし、将来、難病の、潰瘍性大腸炎や、クローン病にもなりやすくなります。

増加の一途の、逆流性食道炎や大腸がんとも、便秘は、深い関係があります。

動物性の脂肪や甘いもの、辛いものや冷たいものの取りすぎで、大腸が悲鳴をあげているにも気ずかずにいると、なかなか治らない病気になって、後悔することになるかもしれません。

漢方的に考察すると、大腸の中に、痰濁(たんだく)という未消化のヘドロがたまって、悪さをしている状態になります。

生活習慣を改めて、漢方薬で、便秘を治しませんか。

伊勢佐木町漢方堂が、お役に立ちます。

お気軽にご来店くださいませ。

ご相談は、無料にて、承ります。

伊勢佐木町漢方堂
ご相談電話 045-251-5323
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町1丁目7番地


横浜の漢方薬 伊勢佐木町漢方堂ホームページ
[PR]
by yokohama-kampo | 2011-06-07 14:37 | 漢方薬

年末年始の営業について

だいぶ、更新を休んでいまして、楽しみにしていた方、すみませんでした。

お店は、通常どおりに、営業しております。

f0135114_154676.jpg

                                              【箱根】
風邪もはやっていますね。 漢方パワーで、跳ね返しましょう。

今年も、健康やお薬に関しまして、ご来店、ご相談いただきまして、本当に有り難うございました。

★新年は、1月 5日より、営業いたします。

12月 26日~30日まで、営業いたします。

12月 31日~1月 4日の間は、お休みいたします。

このブログをご覧の皆様のご健勝をお祈りいたします。

伊勢佐木町漢方堂
ご相談電話 045-251-5323
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町1丁目7番地


横浜の漢方薬 伊勢佐木町漢方堂ホームページ
[PR]
by yokohama-kampo | 2010-12-26 15:46 | 漢方薬

秋の風邪

長かった夏も過ぎ去り、いつのまにか秋になりました。

今年は、いわしが豊漁で、松茸が豊作らしいですね。ああ、松茸ごはんが、食べたいですね。

梨が、甘くみずみずしかったのを覚えていますが、今は柿がおいしいですね。

新米の、一等米が、少なくて、農家は、たいへんだったそうですか、新米は、おいしくて、大好きですね。
f0135114_18545152.jpg

食欲の秋ですが、体調を崩しやすいのも、事実ですね。

秋は、「肺気」が痛み、冬になると、「下痢」をしやすくなります。

肺と大腸は、表裏の関係にあり、肺が痛めば、腸の調子も悪くなります。

秋は、呼吸器である鼻や、気管支や扁桃腺や肺が、犯されやすくなっていて、風邪をひいたり、鼻炎や、気管支炎や、扁桃腺炎や、声帯炎や、肺炎などを起こしやすくなっています。

冬になると、それらの後遺症で、下痢に悩ませられることになります。
f0135114_18564190.jpg

                                         クリスマスローズ 

また、秋から、冬にかけては、痛みが増す季節でもあります。

秋は、痛みやシビレの出る「痺証(ひしょう)」のひとつである「寒痺(かんぴ)」が発生しやすくなります。

腰痛、神経痛、筋肉痛、ぎっくり腰など、ありとあらゆる弱っている所が、痛んだり、シビレたりします。

伊勢佐木町漢方堂では、これらの秋から冬にかけて、あらわれる疾患の、
漢方薬療法のご相談を随時、承っております。

早めの養生が、あなた様自身を助けます。

健康のことやお薬のことで、お困りのときは、お気軽にご相談くださいませ。

伊勢佐木町漢方堂
ご相談電話 045-251-5323
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町1丁目7番地


横浜の漢方薬 伊勢佐木町漢方堂ホームページ
[PR]
by yokohama-kampo | 2010-10-24 18:50 | 漢方薬

全国大会

漢方薬の先生が、全国から、集まる研修大会に、行ってきました。
場所は、福岡県の博多近郊の、パリーグ優勝した福岡シーホークスの本拠地の、となりのシーホークホテル内の会場でした。

f0135114_1231192.jpg

f0135114_12335080.jpg

f0135114_12123343.jpg

ホテルの外の町並みです。

とても近代的で、自然が、近くにあって、いい感じでした。

つぎは、会場内の、漢方薬の展示です。

f0135114_1216985.jpg
f0135114_12172816.jpg
f0135114_12191356.jpg


つぎは、会場の研修後の懇親会の様子です。
福岡の海や山の幸をいただきました。

f0135114_12213777.jpg


全国の先生たちと語らうことが出来て、とても有意義な全国大会でした。


横浜の漢方薬 伊勢佐木町漢方堂ホームページ
[PR]
by yokohama-kampo | 2010-10-11 12:25 | 漢方薬

臨時営業と臨時休業のお知らせ

朝晩は、涼しくなりましたね。まだ時々は、セミが鳴いていますけど。

今日の横浜の気温は、30℃くらいです。

ついこの間までは、36℃が、連日でしたから、不思議と涼しく感じますね。

f0135114_13303111.jpg


漢方の大会が、福岡であるので、行って来ます。

全国の漢方の先生が、六百人も集まるんですよ。

しばらくしたら、様子をお伝えしますね。

当店は、下記のようになります。

臨時営業日: 9月 21日(火)は、営業いたします。

臨時休業日: 9月 19(日)、20(月)、22(水)は、お休みいたします。

伊勢佐木町漢方堂の定休日は、火曜と金曜です。

営業時間は、11:00~19:30です。


横浜の漢方薬 伊勢佐木町漢方堂ホームページ
[PR]
by yokohama-kampo | 2010-09-18 13:30 | 漢方薬

熱中症に御用心を

猛暑ですね。

ここ毎日、35℃を超えていますね。

暑さで、しぼんでしまいそうです。

エアコンも、ふる回転です。

冷えすぎにもご注意ですが、熱中症も怖いですね。

知らないちに、体温は、四十度になり、身体は、ぐったりして、携帯電話もかけることができません。

屋内でも、屋外の仕事でも、発生しています。

こまめな水分補給と、疲れたら休憩する。エアコンをがまんせずにかける。日陰でやすむ。

そして、心肺機能を守る漢方薬である麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)を摂れば、熱中症の予防になります。

f0135114_19301131.jpg


麦味参顆粒は、飲みやすい顆粒タイプの漢方薬です。かばんには、いつも常備しましょう。

水にも、さっと溶けます。

伊勢佐木町漢方堂
ご相談電話 045-251-5323
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町1丁目7番地




横浜の漢方薬 伊勢佐木町漢方堂ホームページ
[PR]
by yokohama-kampo | 2010-07-21 19:30 | 漢方薬

紫根は、若干量、入荷しました。


【紫根(しこん)】は、若干量、入荷しました。

紫根が、必要なお客様は、お早めに、ご来店くださいませ。

伊勢佐木町漢方堂
電話 045-251-5323
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町1丁目7番地
営業時間 1100~1930
定休日 火曜・金曜


横浜の漢方薬 伊勢佐木町漢方堂ホームページ
[PR]
by yokohama-kampo | 2010-06-30 12:50 | 漢方薬


横浜の漢方,髙木漢方がお届けする、漢方薬と薬草と散歩のブログ


by yokohama-kampo

プロフィールを見る
画像一覧

お気に入りリンク

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

カテゴリ

全体
日常
ごあいさつ
散歩
漢方薬
にきび・おでき・吹き出もの
蕁麻疹 湿疹 カユミ
アトピー性皮膚炎 蕁麻疹
尋常性乾癬
脂漏性湿疹(脂漏性皮膚炎)
汗疱性湿疹 異汗性湿疹
掌蹠膿疱症
酒渣 酒さ様皮膚炎
美肌 スキンケア
ドライスキン、ドライアイ
ガン予防
ED 勃起不全
男性不妊症
糖尿病
腰痛 関節痛 神経痛
三叉神経痛  頭痛 片頭痛
痛風
胆石 尿路結石
尿失禁
痔 (じ、ぢ)
慢性肝炎  脂肪肝
しゃっくり
食養生
みずみずしく若返る
耳管開放症
物忘れ(健忘症) 認知症
ちくのう症(慢性副鼻腔炎)
鼻づまり 鼻茸 後鼻漏
花粉症  アレルギー性鼻炎
子供の鼻血
便秘 腸内フローラ
女性の膀胱炎
間質性膀胱炎
生理痛(月経痛)
冷え性 低体温症 温活
不妊症 不育症 子宝相談 妊活
卵巣のケア
PCOS 多嚢胞性卵巣症候群
高プロラクチン血症
子宮のお掃除
子宮頚部異形成
子宮内膜症 子宮腺筋症
更年期障害 ホットフラッシュ 
PMS 月経前症候群
乳腺症 乳房のしこり
産後の肥立ちが悪い 関節痛
夏バテ 梅雨バテ 秋バテ
熱中症 暑気あたり
動悸 息切れ 狭心症
不整脈 心臓病
高血圧症 血圧異常
お腹にガスがたまる
多汗 体臭
気管支喘息 セキ
肺の健康
肺気腫
目まい 立ちくらみ 耳鳴り
飛蚊症 疲れ目 カスミ目
起立性調節障害
眼瞼痙攣 目がピクピクする
前立腺肥大症 前立腺がん
足がつる フクラハギが痛む
潰瘍性大腸炎 口内炎
逆流性食道炎 吐き気
不眠症 自律神経失調症
うつ病 うつ状態
ネフローゼ症候群 タンパク尿 
カゼは万病のもと 免疫力
ラクナ脳梗塞 脳梗塞後の養生
伊勢佐木町
甘茶アマチャ 甘草
開豊瓊玉膏(ケイギョクコウ)
広東牛黄清心元
救心感応丸氣 牛黄
イスクラ婦宝当帰膠B
イスクラ麦味参顆粒
イスクラ独歩顆粒
イスクラ参馬補腎丸
イスクラ参茸補血丸
イスクラ双料参茸丸
響声破笛丸料
イスクラ枸杞の原液
板藍茶(板藍根エキス)
エゾウコギ 五加参
未分類

検索

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

美容・健康
健康・医療

画像一覧