多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と不妊症と不育症と漢方薬

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と不妊症と不育症と漢方薬

不妊症の原因はいろいろとありますが、代表的なもののひとつとして多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)という疾病がございます。

多嚢胞性卵巣症候群というのは、その病名のとおり、卵巣の中の卵胞の卵が育たなくなり、小さな未成熟卵で、卵巣内が満たされる病気で、排卵出来なかった小さな未成熟卵が連なっている状態をネックレスサインなどといいます。

まれな排卵時には卵胞からの出血が多いために腹壁を刺激して排卵痛が発生することもあります。

低温期が四十日以上であることが多い。
髭が生えたりすることもある。
月経血は少なく無排卵性月経である。
無月経の人もいる。
発覚しやすい年齢は29歳前後です。
などが特徴的です。

多嚢胞性卵巣症候群に罹患していても、排卵痛がほとんどない人もいますし、結婚後になかなか子宝に恵まれないので、病院で検査して初めて判明することがしばしばございます。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の漢方薬による体質改善のご相談をたくさん承っております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬の使用例


30歳       女性

23歳の時に結婚した。
なぜか6回も流産した。

27歳の時から、病院にて不妊症の治療をはじめた。

人工授精  8回失敗。
体外受精  5回失敗。

病院では、多嚢胞性卵巣症候群による不育症(習慣性流産)といわれている。

現在の症状

うつ状態
不眠症
冷え性
花粉症
皮膚に湿疹
のぼせやすい
脂汗が出る
肩こり
低血圧
動悸
寝汗
月経は4~5か月に一回ある。

ずっと葉酸を飲んでいる。

来月に、6回目の体外受精を予定している。

何とかならないかと、ご来店になった。

漢方的に見立てると、肝血虚、気虚、腎陽虚、腎陰虚、気滞、痰湿、お血(おけつ)などの体質が見られたので、それらの悪い体質を改善するために、数種類の髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を飲んでいただきました。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をはじめてから、一か月後にご来店。
「体が温まってきて、全身の重みが取れて気分が良くなった。」
「のぼせと動悸が消えてきた。」

さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けて一か月後にご来店。
「寝汗も止まって、とても調子がいい。」
「3日前に病院にて体外受精をした。」

さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けて一か月後にご来店。
「気持が楽になって、体が軽い。」
「妊娠反応が出ている。病院でも確認した。」

さらに、安胎のための漢方薬にして一か月後にご来店。
「軽いつわりがある。」

その後、順調に推移して、元気な女の子を出産された。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方健康病気相談

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、不妊症、不育症などの漢方薬による体質改善のご相談を承っております。
多嚢胞性卵巣症候群、子宮内膜症、卵巣嚢腫、子宮筋腫、無月経、無排卵月経、生理不順、生理痛、排卵痛などのご相談もたくさん承っております。

多嚢胞性卵巣症候群などお体のことで何かとお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

①髙木漢方(たかぎかんぽう)では、冷えを基調とする不快な病気や症状の改善を得意としております。
冷え性を改善したいという方は、漢方薬による「温活」をしてみませんか。
お気軽にお越しになりご相談くださいませ。

②髙木漢方 (たかぎかんぽう) では、疲労回復、精力回復相談も承っております。

冬になり陽気が不足すると、体力、気力、精力、免疫力などの生命力が低下して、突然の狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、帯状疱疹、三叉神経痛、脚のムクミなどに襲われやすくなります。
髙木漢方では、早めの予防対策をお勧めしております。

③髙木漢方では、季節の変わり目の風邪を引きやすい方の体質改善を得意としております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングを通して漢方の観点から、妊活(不妊症、不育症)でお悩み中のご夫婦の応援を長年しております。

⑤髙木漢方(たかぎかんぽう)では、生理痛や排卵痛や月経不順など婦人病 のご相談をたくさん承っております。

⑥髙木漢方は、「痛み解消の専門店」としても、頑張っております。

⑦秋から冬は、不眠症のご相談が増加いたします。
髙木漢方では、ゆううつ、ノイローゼ、イライラ、五月病、目まい、ドライアイ、耳鳴り、片頭痛、下痢、胃痛、不眠症、自律神経失調症、PMS、パニック、更年期障害などのご相談を数多く承っております。

髙木漢方では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はよく効くと評判です。

ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。

漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。

ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) まで、お気軽にお越しくださいませ。 


子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店
髙木漢方   創業慶応二年  横浜の漢方健康病気相談専門店
住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185 番地6
ご相談電話    045-681-5888
ご相談&お問い合わせメール
info@yokohama-kampo.com
営業時間   11:00~19:30
定休日    金                       




 【行き方】
①JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。 

元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 にそって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。
(石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)


②横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。 

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて車橋のたもとに当店はございます。

又は、駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「103 根岸台、103根岸駅」( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。
石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。


横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ



f0135114_14402378.jpg

f0135114_13221215.jpg







下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。
[PR]

by yokohama-kampo | 2016-12-14 18:27 | PCOS 多嚢胞性卵巣症候群

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と妊活(不妊症)と漢方薬

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と妊活(不妊症)と漢方薬

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは、卵巣機能の低下と排卵障害を特徴とする女性の疾患です。
何らかの理由で卵胞内の卵子が成長しないために排卵が止まってしまって、卵巣の中に未成熟卵が数珠つなぎにたまってしまう病気です。

左右の両方の卵巣が、多嚢胞性卵巣症候群に罹患した場合は、妊娠することがきわめて困難になります。

多嚢胞卵巣症候群は、29歳前後に多発するので不妊症の原因のトップに躍り出ています。
また、多嚢胞性卵巣症候群とともに、子宮筋腫や子宮内膜症やチョコレート嚢腫や子宮腺筋症や高プロラクチン血症なども不妊症の原因になります。

多嚢胞性卵巣症候群は、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を使用して体質改善をはかることによって、だんだんと治ってきます。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬の使用例

35歳       女性

3年前に結婚した。
結婚後、ずっと子宝希望。
まったく懐妊しない。
生理不順。
月経周期が、40日から60日間くらい。
病院の検査で、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)といわれている。
片方の卵管が詰まっている。
寝汗あり。
肩と首がこる。
排卵痛がたまにあり。
ニキビが出やすい。
不眠症ぎみ。
人工授精を2回したことあるが、妊娠しなかった。
ご主人の方は、病院の検査で問題なし。

何とか自然妊娠したくてと、ご相談にみえた。

漢方的に見立てると、気虚、血虚、痰湿、気滞、腎虚、お血(おけつ)などの体質が見られたので、それらの悪い体質を改善するために、数種類の髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を飲んでいただいた。

髙木漢方の漢方薬を飲んでいただいて、一か月後にご来店。
「軽い排卵痛があった。」
「肩こりと首こりが治った。」
「寝汗がピタと止まった。」

さらに、髙木漢方の漢方薬を続けて一か月後にご来店。
「妊娠していた。病院でも確認した。」
「こんなに早く、妊娠出来て、うれしい。」

さらに、髙木漢方の漢方薬を続けて一か月後にご来店。
「つわりが来た。」
「つわり用の漢方薬を飲んで、落ち着いて来た。」
「妊娠は、継続中。」
と喜ばれた。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の夏の漢方健康病気相談

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)になると、不妊症や不育症になったり、ニキビが発生しやすくなったり、排卵痛に悩まされたりします。
多嚢胞性卵巣症候群でお悩みの時は、髙木漢方までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

①髙木漢方では、漢方の観点からの熱中症の予防のご相談を承っております。
今年は、夏バテのご相談が増えております。

夏バテになると、体力、気力、精力、免疫力などの生命力が低下して、突然の狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などに襲われやすくなります。
髙木漢方では、早めの予防対策をお勧めしております。

②髙木漢方では、風邪を引きやすい方の体質改善を得意としております。

髙木漢方は、漢方の観点から、妊活(不妊症、不育症)でお悩み中のご夫婦の応援をしております。

④髙木漢方では、生理痛や排卵痛や月経不順など婦人病 のご相談をたくさん承っております。

⑤髙木漢方は、「痛み解消の専門店」としても、頑張っております。

⑥髙木漢方は、ゆううつ、ノイローゼ、イライラ、五月病、目まい、ドライアイ、耳鳴り、片頭痛、下痢、胃痛、不眠症、自律神経失調症、PMS、パニック、更年期障害などのご相談を数多く承っております。

髙木漢方では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はよく効くと評判です。

ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。

漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。

ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) まで、お気軽にお越しくださいませ。  

子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店
髙木漢方   創業慶応二年  横浜の漢方健康病気相談専門店
住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話    045-681-5888
ご相談&お問い合わせメール
info@yokohama-kampo.com
営業時間   11:00~19:30
定休日    金                       
髙木漢方では、お盆期間中は、平常通りに営業いたしております。



 【行き方】
①JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。 

元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 にそって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。
(石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)


②横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。 

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて車橋のたもとに当店はございます。

又は、駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「103 根岸台、103根岸駅」( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。
石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。


横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ



f0135114_10382437.jpg












下記のインタ レストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。
[PR]

by yokohama-kampo | 2016-08-17 15:11 | PCOS 多嚢胞性卵巣症候群

PCOS (多嚢胞性卵巣症候群) による排卵痛と月経痛が軽減して改善しました。

PCOS (多嚢胞性卵巣症候群) による排卵痛と月経痛が軽減して改善しました。

多嚢胞性卵巣症候群の発症しやすい年齢は、29歳前後とされています。
結婚年齢の高齢化によって、多嚢胞性卵巣症候群が原因の不妊症に悩まれる方も増えています。

PCOS に罹患すると、卵巣内の卵子の生育が未成熟になり、排卵しなくなります。
排卵しなかった卵子が、卵巣内に数珠つなぎになることから、ネックレスサインと呼ばれています。

但し、まれに、排卵すると、出血がとても多くて、血液が腹壁を刺激して、激しい痛みが発生します。
排卵誘発剤で、無理矢理に排卵 したときも、痛みが強いものです。

また、普通の排卵が出来ないために、ひどい排卵痛や生理痛になることもございます。

髙木漢方の漢方薬の使用例

32歳      女性

1年くらい前に、病院にて、PCOS と言われた。

25歳から29歳までの間に、生理痛がひどくて、低用量ピルを飲んでいた。
今は服用していない。

現在の症状は、生理痛がとてもひどい。排卵痛もある。
ずっとロキソニンを飲んでいる。
月経過多。
お腹が、チリチリと痛む。
脚がとても浮腫みやすい。
食欲不振。
腹部膨満感がある。
便秘がひどい。

お腹の膨満感と、生理痛と排卵痛をなんとかしたくて、ご相談にみえた。

当店の漢方薬を飲んで、一か月後にご来店。
「なんとなく効いているようだ。」

さらに、一か月後にご来店。
「食欲が出た。」
「お通じの調子がよい。」

さらに、一か月後にご来店。
「腹部」膨満感が取れて来た。」
「生理痛のときに、鎮痛剤を飲まなくてよくなった。」

さらに、一か月後にご来店。
「生理痛も排卵痛もともに軽くなった。」
「体調がいいので、漢方薬は続けたい。」
と喜ばれた。

f0135114_13434381.jpg
                      バジルの畑
髙木漢方の漢方健康病気相談

当店では、PCOS (多嚢胞性卵巣症候群) 漢方薬療法を得意としております。

多嚢胞性卵巣症候群はもとより、生理痛、排卵痛、産後の関節痛、産後の腹痛、産後の肥立ちが悪い、不妊症、月経不順、無月経、無排卵月経、月経困難症、月経前症候群、子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫、卵巣機能不全、チョコレート嚢腫、多嚢胞性卵巣症候群、月経過多、冷え症、肩こり、頭痛、片頭痛、目まい、フワフワする、立ちくらみ、パニック障害、イライラ感、不安感、不眠症、耳鳴りなどお身体の不調でお悩みのときは、髙木漢方までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


髙木漢方では、漢方カウンセリングをしてから、漢方薬をお選びしております。

髙木漢方の漢方薬はよく効くと評判です。

ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。

漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。

ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。
メールや電話にてのご相談も承ります。

髙木漢方まで、お気軽にお越しくださいませ。


子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店
髙木漢方   創業慶応二年  横浜の漢方健康病気相談専門店
住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185 番地6
ご相談電話    045-681-5888
ご相談&お問い合わせメール
info@yokohama-kampo.com
営業時間   11:00~19:30
定休日    金                       




 【行き方】
①JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。 

元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 にそって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。
(石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)


②横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。 

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて車橋のたもとに当店はございます。

又は、駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「103 根岸台」( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。
石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。


横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ



f0135114_15185346.jpg









下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。
[PR]

by yokohama-kampo | 2015-11-21 13:38 | PCOS 多嚢胞性卵巣症候群

多嚢胞性卵巣症候群と不妊症の関係と漢方薬

多嚢胞性卵巣症候群と不妊症の関係と漢方薬

多嚢胞性卵巣症候群【PCOS】とは、何らかの原因で、女性の排卵が邪魔されて、卵巣内にたくさんの卵胞がたまって、月経不順(基礎体温が一相性)や不妊症になった状態のことです。

排卵時になっても、卵巣の表面が肥厚して蓋が閉じているようになって、卵が飛び出すことが出来ません。
飛び出せなかった未成熟な卵の入った卵胞が、卵巣の表面上に数珠つなぎに並んでいることから、「ネックレスサイン」と呼ばれる特有の症状が診られます。

他の症状としては、肥満しやすい、男性ホルモンが過剰になりやすい、黄体形成ホルモン(LH)の値が高くなる、多毛症になったり、ヒゲが生えやすい、インスリン抵抗性の糖尿病になりやすい、ニキビや吹き出物が出やすいなどです。

多嚢胞性卵巣症候群になっていたからと言って、生活上の不便はあまりないのですが、生理不順や「不妊症」やインスリン抵抗性の糖尿病やニキビなどで、お悩みのときは、髙木漢方の漢方薬療法で体質改善を行う必要が出てきます。

髙木漢方の漢方薬の使用例


31歳    女性    公務員


4年前に結婚したが、その後、子宝に恵まれなかった。
病院で、検査をしたところ、両方の卵巣が、「多嚢胞性卵巣症候群」で、排卵していないと言われた。
片方の卵管は、閉そくぎみと言われた。
病院にてホルモン療法を受けたが、強い副作用が出て途中で中止した。
寝つきが悪い。
精神不安がある。
月経不順。
冷え性。

妊娠希望にて、ご相談にみえた。

当店の漢方薬をはじめて、一ヶ月後にご来店。
「寝つきが良くなり、朝までグッスリと眠れるようになった。」

さらに、一か月後にご来店。

「妊娠した。病院にて確認した。」
と喜ばれた。


【髙木漢方の漢方健康病気相談】


多嚢胞性卵巣症候群になると、将来、不妊症などでお悩みになることがございます。
多嚢胞性卵巣症候群や月経不順や不妊症などでお悩みのときは、髙木漢方までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


髙木漢方では、漢方によるカウンセリングをしてから、身体に合った漢方薬をお選びしております
漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。


髙木漢方までお気軽にお越しくださいませ。

ご相談&漢方カウンセリングは無料です。
電話やメールにてのご相談も承ります。



創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店

店名   髙木漢方 (たかぎかんぽう)      (旧店名 伊勢佐木町漢方堂)
住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6  
ご相談&お問い合わせ電話    045-681-5888
ご相談&お問い合わせメール
info@yokohama-kampo.com
営業時間          11:00~19:30  
定休日           金          (土日は営業しております。)    

8月中は、平常どおりに営業いたします。



【行き方】
①JR根岸線 石川町駅 元町口( 南口 )より徒歩6分。

元町とは正反対の方向に、首都高速の高架下の中村川 にそって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋( くるまばし )のたもと( 石川町5丁目 )に当店はございます。

(石川町駅南口改札前のタクシー利用で2分です。)

②横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向に、打越の坂道( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。

又は、駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「 103 根岸台」に乗って、2番目の「石川町5丁目」のバス停にて降車して、すぐ目の前です。


横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ

f0135114_16164118.jpg









下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。
[PR]

by yokohama-kampo | 2015-03-25 16:07 | PCOS 多嚢胞性卵巣症候群