スキンケアと婦人病との関係と漢方薬

スキンケアと婦人病との関係と漢方薬

だんだんと暖かくなってくると、薄着になって、お肌の露出も増えてきます。
紫外線が気になるという方もいらっしゃいますが、骨粗しょう症の予防には、ある程度、日光浴も必要ですね。

数年前のカナダの興味深い研究では、日光浴と乳がんの発症との相関関係も指摘されており、日光浴をしたほうが乳がんの発生率がはっきり低減するという研究がありました。

ビタミン剤としてビタミンDを摂っても乳がんになる率にはまったく変化がありませんでしたが、日光浴によって出来たビタミンDには乳がんの予防効果があるということでした。

高緯度地方では、日光浴をすると皮膚がんの発生率が高くなるのに、まったく不思議ですね。

ここでは、ご婦人に特有の病気とスキンケアとの関係を漢方の観点から見ていきたいと思います。

漢方の古の教えに、「皮膚は内臓の鏡である。」というものがございます。

これは、内臓の不調はだんだんと皮膚に現れてくるという意味です。

ですから、婦人病になると皮膚になんらかの変化が起こるともいえます。

①卵巣嚢腫や子宮筋腫や子宮内膜症や子宮腺筋症は、漢方では、お血(おけつ)体質や肝と腎の失調によって発生しやすい疾患ですが、皮膚の症状としては、黒っぽくなって、シミやクスミが発生したり、目の下にクマが出来たりしやすくなります。

②不妊症や月経不順で月経量が少ないときは、漢方では、気虚と血虚の体質や腎の失調によって発生しやすい疾患ですが、皮膚の症状としては、お肌の艶がなくなり、肌荒れ、ツメ割れ、髪の毛が抜けやすく髪の毛がパサつくなどの症状が出やすくなります。

③精神不安やうつ病や更年期障害などでは、漢方では、気の滞りや、心と肝と腎の失調によって発生しやすい疾患ですが、皮膚の症状としては、吹き出物、肌荒れ、シミ、クスミ、目の下のクマなどが出やすくなります。

④女性に多い慢性疲労症候群 CFSや風邪を引きやすいなどでは、漢方では、気虚と陽虚の体質や肺と腎と脾の失調によって発生しやすい疾患ですが、皮膚の症状としては、目のまわりの浮腫、皮膚のたるみ、セルライトなどが出やすくなります。

髙木漢方の漢方薬の使用例

35歳     女性

冷え性で、手足の末端が冷えて、手荒れがある。
月経不順で、月経量が少ない。
顔色が白く艶がない。
髪の毛がパサつく。
唇がパリパリで荒れる。

冷え症をなんとかしたくてと、ご相談にみえた。

髙木漢方の漢方薬をはじめて、一か月後にご来店。
「唇の荒れが取れて来た。」

さらに当店の漢方薬を続けて、一か月後にご来店。
「手先の荒れがなくなってきた。」
「手足が温まってきた。」

さらに当店の漢方薬を続けて、一か月後にご来店。
「唇のあれも手荒れもすっかり取れた。」
「髪の毛もしっとりとしてきた。」
「家族に顔色が良くなったといわれる。」
「漢方薬は効いているので、しばらく続けたい。」
と喜ばれた。

髙木漢方の春の漢方健康病気相談

当店では、「皮膚は内臓の鏡である。」という漢方の教えを大切にしております。
お身体や皮膚の不調やスキンケアでお悩みのときは、髙木漢方にて、ご相談くださいませ。   

髙木漢方では、五月のゴールデンウイークは、平常通りに営業いたします。
休みは、金曜のみとなります。


①髙木漢方は、漢方の観点から、妊活(不妊症)のご夫婦の応援をしております。

②髙木漢方は、皮膚病 と婦人病 などのご相談をたくさん承っております。

③髙木漢方は、漢方の立場から「痛み解消 の専門店」としても頑張っております。

④髙木漢方は、花粉症、副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、鼻茸などの鼻のトラブルのご相談を数多く承っております。

⑤髙木漢方は、ゆううつ、ノイローゼ、イライラ、五月病、目まい、ドライアイ、耳鳴り、片頭痛、下痢、胃痛、不眠症、自律神経失調症、PMS、パニック、更年期障害などのご相談を数多く承っております。

髙木漢方では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。

髙木漢方の漢方薬はよく効くと評判です。

ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。

漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。

ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方まで、お気軽にお越しくださいませ。


子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店
髙木漢方   創業慶応二年  横浜の漢方健康病気相談専門店
住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話    045-681-5888
ご相談&お問い合わせメール
info@yokohama-kampo.com
営業時間   11:00~19:30
定休日    金                       




 【行き方】
①JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。 

元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 にそって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。
(石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)


②横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。 

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて車橋のたもとに当店はございます。

又は、駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「103 根岸台、103根岸駅」( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。
石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。


横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ



f0135114_1356566.jpg







下記のインタ レストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。
[PR]

by yokohama-kampo | 2016-05-06 11:57 | 美肌 スキンケア

美肌づくりには、漢方で内臓のケアをしましょう。

美肌づくりには、漢方で内臓のケアをしましょう。

肌荒れを改善して、皮膚を綺麗にして美肌にするには、内臓のケアが必要になります。
古の漢方の教えにも、「皮膚は内臓の鏡である。」とされています。

実際、肌トラブルでお悩みのお客様が、漢方によって内臓をケアすると、皮膚病が治ったり、皮膚が綺麗になることは、店頭において、私は、しばしば体験いたします。


漢方の古典の医学書【科学書】の「黄帝内経」によると、女性は35歳を過ぎると、陰血が半減して、薄毛、抜け毛、シミ、シワ、肌荒れなどのトラブルが始まるとされています。

そこで、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬の出番となります。
髙木漢方の漢方薬を使用することによって、弱っている内臓の体質を改善することが出来れば、シミやシワや肌荒れなどもおのずと改善することが出来るかもしれませんね。

f0135114_18432586.jpg


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬の使用例

①42歳         女性
顔の肌荒れと乾燥がひどい。
皮膚がカサカサして艶がない。
両腕がサメ肌である。
閉経が35歳
手足がとても冷たい。

肌荒れを何とかしたくて、ご相談にみえた。

当店の漢方薬をはじめて、一か月後にご来店。
「久しぶりに生理がきて、驚いたがうれしかった。」
「何となく、肌がしっとり感が出て来た。」

さらに、一か月後にご来店。
「両腕のサメ肌が治って来た。」

さらに、一か月後にご来店。
「手足の冷えがすっかり無くなった。」
「肌も落ち着いて、化粧のりがとてもいい。」
「顔に艶が出て来た。」
「漢方薬は効いている感じなので、続けたい。」
とのことでした。


②52歳        女性
2か月くらい前から、突然、顔にシミが出だした。
額、ホホ、目のまわりに地図状にシミが出だした。
色白でやせ型。
特に病気はないが、冷え性の体質。
一年前に閉経、

当店の漢方薬をはじめて、一か月後にご来店。
「額とホホのシミが薄くなった。」
「お肌がしっとりする感じがする。」

さらに、一か月後にご来店。
「顔のシミは薄くなって、ほとんど目立たなくなった。」
「漢方薬は効いているので、シミがもっと消えるまで、続けたい。」
とのことでした。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方健康病気相談

髙木漢方では、美肌づくりは、内臓の働きが元気であるとイコールだと考えております。


肌荒れ、シミ、シワ、抜け毛、薄毛などの皮膚のトラブルや皮膚病で、お悩みの時は、髙木漢方までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

髙木漢方では、漢方によるカウンセリングをしてから、漢方薬をお選びしております。

ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。

漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。


ご相談&漢方カウンセリングは無料です。
電話にてのご相談も承ります


創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店
店名   髙木漢方 (たかぎかんぽう)      (旧店名 伊勢佐木町漢方堂)

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6  
ご相談&お問い合わせ電話   045-681-5888
お問い合わせメール    info@yokohama-kampo.com
営業時間      11:00~19:30  
定休日        金              




【行き方】
①JR根岸線 石川町駅 元町口( 南口 )より徒歩6分。

元町とは正反対の方向に、首都高速の高架下の中村川 にそって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋( くるまばし )のたもと( 石川町5丁目 )に当店はございます。

(石川町駅南口改札前のタクシー利用で2分です。)

②横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向に、打越の坂道( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。

又は、駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「 103 根岸台」に乗って、2番目の「石川町5丁目」のバス停にて降車して、すぐ目の前です。



横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ












下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。
[PR]

by yokohama-kampo | 2015-05-14 18:23 | 美肌 スキンケア