カテゴリ:イスクラ参馬補腎丸( 1 )

イスクラ参馬補腎丸をご紹介いたします。

本日、ご紹介いたします漢方薬は、イスクラ参馬補腎丸(じんばほじんがん)です。

人参、鹿茸、鹿腎などの強壮作用のある動植物薬を中心に14種類の生薬を配合した滋養強壮剤です。

名前にある通り「腎」のお薬です。


f0135114_115645.jpg


漢方でいう「腎」は、腎臓はもちろんのこと、もっと幅広い概念であって、人間に備わっている生命エネルギーの総称である「腎精(じんせい)」を意味しており、腎臓機能、カルシウム代謝機能、ホルモンバランス調節機能、泌尿器機能、生殖機能、免疫調節機能などを含んでいます。

加齢やストレスや病気や過労や偏食などによって、腎臓は日々痛められています。

健康診断などで、クレアニチンや、eGFR(推算糸球体濾過量)などの数値に異常が現れてからあわてるのではなくて、普段から、腎臓をいたわってあげましょう。


クレアニチン値は、おおむね1.0以下が正常範囲で、1.1以上になると、腎臓機能の低下とされます。

eGFR値は、おおむね89~60の間が正常範囲で、59以下になると、腎臓機能の低下とされ、40以下になると人工腎臓透析が必要になります。


腎臓をいたわるには、下記のような症状があらわれたら、早めに漢方薬で対処しておくことが大切になります。

漢方でいう「腎」が弱ってくると、だんだんと免疫力などが低下してカゼを引きやすくなり、精力減退、ED(勃起不全、インポテンツ)、精子減少症、不妊症、無月経、生理不順、不感症、前立腺肥大症、腰痛、足腰の冷え症、視力低下、骨粗しょう症、高血圧症、頻尿、夜間尿、腎臓機能低下、腎不全、ネフローゼ症候群などの症状が現れます。

イスクラ参馬補腎丸は、漢方でいう「脾腎陽虚(ひじんようきょ)」の体質を改善するための処方であり、胃腸虚弱が多い日本人の体質に合わせて作られている漢方薬です。

効能及び効果は、次の場合の滋養強壮です。
虚弱体質、肉体疲労、病中病後、胃腸虚弱、食欲不振、血色不良、冷え症。


髙木漢方の漢方健康病気相談

普段より、しっかりと腎臓をいたわってあげたい方や、腎臓機能低下などで、お悩みの方は、髙木漢方までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。
お薬や健康のことなら、何でもご相談ください。

イスクラ参馬補腎丸は、髙木漢方 (たかぎかんぽう) の店頭にて、販売をしております。


髙木漢方では、漢方によるカウンセリングをしてから、漢方薬をお選びしております。

ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。

漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。

ご相談&漢方カウンセリングは無料です。
電話とメールにてのご相談も承ります。


創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店

店名   髙木漢方 (たかぎかんぽう)      (旧店名 伊勢佐木町漢方堂)
住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6  
ご相談&お問い合わせ電話    045-681-5888
ご相談&お問い合わせメール
info@yokohama-kampo.com
営業時間          11:00~19:30  
定休日           金          (土日は営業しております。)    




【行き方】
①JR根岸線 石川町駅 元町口( 南口 )より徒歩6分。

元町とは正反対の方向に、首都高速の高架下の中村川 にそって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋( くるまばし )のたもと( 石川町5丁目 )に当店はございます。

(石川町駅南口改札前のタクシー利用で2分です。)

②横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向に、打越の坂道( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。

又は、駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「 103 根岸台、103根岸駅」に乗って、2番目の「石川町5丁目」のバス停にて降車して、すぐ目の前です。


横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ

f0135114_14395850.jpg











下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。
[PR]

by yokohama-kampo | 2015-07-25 11:56 | イスクラ参馬補腎丸