自然!天然!元気力!  髙木漢方(たかぎかんぽう)のブログ

herbkampo.exblog.jp
ブログトップ


漢方薬とはどういうものかと聞かれることがありますが、個人的な見解をお伝えします。


漢方薬に使用される薬草(東洋のハーブ)のことを生薬(しょうやく、きぐすり)といいます。

その生薬を二種類以上を処方に基づいて組み合わせたものを一般的に「漢方薬(かんぽうやく)」といいます。


例外もあって、甘草という生薬のみを使用した漢方薬として、咳止めに使用する甘草湯というものもあります。


漢方薬の処方は、厚生労働省の「一般用漢方薬の指針」などに書かれています。


煎じ薬と普通の漢方薬との違いも聞かれるのですが、ようは効けばいいのですから、身体に合っているかどうかということになります。
見立てが合って身体に合っていれば、効果に違いはありません。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、水で簡単に飲める漢方薬を中心にして取り揃えており、錠剤、カプセル剤、エキス顆粒、エキス細粒、シロップ剤などのラインナップとなります。


漢方薬の目的は、病気を治す回復促進と、病気の悪化防止と、心と身体に対する癒し効果と、病気にならないための身体づくりの応援だと思います。

西洋薬は病気になってから飲みますが、漢方薬は病気になる前「未病(みびょう)」の病気の予防薬として飲むこともよくあります。


漢方薬は、身体の体質改善をして病気を治したり、病気を予防したりします。


f0135114_15484550.jpg

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬には、病気を治したい、健康になりたい、子宝に恵まれたい、美肌になりたい、綺麗になりたい、しみしわを薄くしたい、痛みを静めたい、冷えをとりたい、元気になりたいなどの、皆様の希望に応じる漢方薬があります。

「そうだ、漢方薬を試してみよう。」 というときは、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


漢方薬の漢とは、国の名前です。
大昔の隣の大陸に、漢(前漢紀元前206年~8年、後漢25年~220年)という名前の国があって、漢方薬とは、その国「漢」から来た薬という意味もあります。


日本(紀元前660年建国)では、漢方薬のことを和漢薬(わかんやく)ということもあります。
漢の国からきた薬を元にして、日本的にアレンジして改良発展させた薬という意味です。


ちなみに、今の中国(1949年建国)では、漢方薬のことを「中成薬(ちゅうせいやく)」と呼んでいます。


ですから、元は同じでも、手に入りやすい生薬の違いや、歴史がとても長い分、今の日本と中国では、使用される処方がかなり異なっています。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、それぞれの国の漢方薬の良い所をとって、皆様の病気が治るようにお手伝いをしております。


髙木漢方 (たかぎかんぽう) では、疲労回復、男性の不妊症、精力回復相談も承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、季節の変わり目の花粉症、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎などの鼻のトラブルの漢方薬療法を得意としております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングを通して漢方の観点から、妊活(不妊症、不育症)でお悩み中のご夫婦の応援を長年しております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、生理痛や排卵痛や月経不順など婦人病 のご相談をたくさん承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)は、「痛み解消の専門店」としても、頑張っております。
酷い頭痛や三叉神経痛の漢方薬療法なども得意としております。


秋の夜長ということからも分かるように、寝不足になることから、自律神経失調症やうつ状態のご相談が増加いたします。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、ゆううつ、ノイローゼ、イライラ、五月病、目まい、ドライアイ、ドライマウス、口臭、耳鳴り、片頭痛、下痢、胃痛、不眠症、自律神経失調症、心臓神経症、PMS、パニック、更年期障害などのご相談を数多く承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、皮膚病のご相談を随時、承っております。


じんましん、にきび、背中のニキビ、おでき、湿疹、吹き出物、掌蹠膿疱症、尋常性乾癬、アトピー性皮膚炎、
酒渣、酒さ様皮膚炎、脂漏性湿疹、脂漏性皮膚炎、汗疱性湿疹、異汗性湿疹などの皮膚のトラブルでお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はよく効くと評判です。


ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。


漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。


ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) まで、お気軽にお越しくださいませ。  

子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店

髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話&お問い合わせ電話   045-681-5888
営業時間   11:00~19:30
定休日
                           


【当店への行き方】


 JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。


元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 を右にみながら、そって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。 (石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)

 横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。

 伊勢佐木長者町駅前バス停より、 根岸台行 市営バス 103 に乗って、二番目のバス停「石川町5丁目」下車スグ目の前です。

駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より、「103 根岸台、103根岸駅 ( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。

石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。



横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ






f0135114_11435525.jpg
f0135114_15254700.jpg

f0135114_19153800.jpg








































下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。


[PR]
# by yokohama-kampo | 2018-10-16 15:51 | 漢方薬


手足のしびれ感と脂質異常が、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬のおかげで改善してきました。

脂質異常が続いて、毛細血管になんらかの問題が発生すると、シビレ感が発生したり、肩こり、首こり、カスミ目、視力低下、眼圧の上昇、難聴、血圧異常、腎臓病、糖尿病、心臓病などが起こりやすくなります。


早めに、漢方薬などで、体質改善すると大事にいたらないといわれています。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬の使用例


46歳      女性

1年くらい前から、朝起きると手足の先がしびれている。
日中も、手足のしびれ感が続いている。


病院で検査すると、中性脂肪とコレステロールの値が高いといわれている。
脳には異常なし。


血圧が高い日がある。
便秘。


肩こり。
花粉症。
軽い生理痛。


緑内障があるので、眼科にも通っている。

f0135114_14151454.jpg

手足のしびれが、病院では治らないので、相談にみえた。


髙木漢方的に見立てると、腎虚、痰湿、気滞、於血(おけつ等の体質が見られたので、それらの悪い体質を改善するために、数種類の髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をお試しいただいた。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をお試しいただいて、1ヶ月後にご来店。


「左手のシビレ感はなくなり、右手のシビレは少し残っている。」
「左脚の指先のシビレ感はなくなり、右脚の指先のシビレ感は少し残っている。」
「便秘がよくなって、お腹がスッキリしてきた。」


さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。

「残っていた右手と右脚のシビレ感は、全てなくなった。」
「中性脂肪の値が、正常値になって、コレステロール値も正常になって、病院薬は休止した。」

「髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を始めて良かった。」と喜ばれた。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方健康病気相談

秋になると、美味しい食品が目白押しになりますね。
それだからこそ、体調維持がむずかしい時期でもあります。


血圧が上がったり、下がりすぎたり、身体の方々が痛くなったり、シビレたり、セキが止まらなくなったり、お腹を壊したり、目の疲れがハンパなくなったりと大変ですね。


秋の体調の回復に、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬による体質改善を試してみませんか。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、元気で健康になりたい方を募集しております。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) では、疲労回復、男性の不妊症、精力回復相談も承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、季節の変わり目の花粉症、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎などの鼻のトラブルの漢方薬療法を得意としております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングを通して漢方の観点から、妊活(不妊症、不育症)でお悩み中のご夫婦の応援を長年しております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、生理痛や排卵痛や月経不順など婦人病 のご相談をたくさん承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)は、「痛み解消の専門店」としても、頑張っております。
酷い頭痛や三叉神経痛の漢方薬療法なども得意としております。


秋の夜長ということからも分かるように、寝不足になることから、自律神経失調症やうつ状態のご相談が増加いたします。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、ゆううつ、ノイローゼ、イライラ、五月病、目まい、ドライアイ、ドライマウス、口臭、耳鳴り、片頭痛、下痢、胃痛、不眠症、自律神経失調症、心臓神経症、PMS、パニック、更年期障害などのご相談を数多く承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、皮膚病のご相談を随時、承っております。


じんましん、にきび、背中のニキビ、おでき、湿疹、吹き出物、掌蹠膿疱症、尋常性乾癬、アトピー性皮膚炎、
酒渣、酒さ様皮膚炎、脂漏性湿疹、脂漏性皮膚炎、汗疱性湿疹、異汗性湿疹などの皮膚のトラブルでお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はよく効くと評判です。


ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。


漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。


ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) まで、お気軽にお越しくださいませ。  

子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店

髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話&お問い合わせ電話   045-681-5888
営業時間   11:00~19:30
定休日
                           


【当店への行き方】


 JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。


元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 を右にみながら、そって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。 (石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)

 横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。

 伊勢佐木長者町駅前バス停より、 根岸台行 市営バス 103 に乗って、二番目のバス停「石川町5丁目」下車スグ目の前です。

駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より、「103 根岸台、103根岸駅 ( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。

石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。



横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ






f0135114_11435525.jpg
f0135114_15254700.jpg

f0135114_19153800.jpg







































下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。


[PR]
# by yokohama-kampo | 2018-10-15 14:22 | 脂質異常 高脂血症 高コレステロール
台風ばかりで、心配していましたが、天気も回復したので、漢方研修(全国大会イン神戸)をかねて、姫路城と有馬温泉にいってきました。

f0135114_14052476.jpg
神戸のハーバーランドです。常にいろんなイベントをしているようです。
夜は、インドフェアをやっていました。
海を見渡せるスターバックスなどもあります。


f0135114_14082496.jpg
世界遺産にも登録されている姫路城の入り口です。
平成になってから作られた門だということでした。


f0135114_14100543.jpg
別名、白鷺城といわれる姫路城です。
平成の大改修で、綺麗になっています。


f0135114_14124498.jpg
f0135114_14135352.jpg
お堀のミニクルーズにも参加しました。

f0135114_14161076.jpg
f0135114_14172751.jpg
f0135114_14191275.jpg
有馬温泉では、ロープウエーに乗って、頂上のカフェでランチをしました。
神戸の街を見渡す天上のランチでした。 


f0135114_14230565.jpg
f0135114_14233995.jpg
f0135114_14253782.jpg
f0135114_14261986.jpg
長距離の散歩になりました。
温泉と漢方薬のおかげで、歩けました。



子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店

髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話&お問い合わせ電話   045-681-5888
営業時間   11:00~19:30
定休日
                           


【当店への行き方】


 JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。


元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 を右にみながら、そって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。 (石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)

 横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。

 伊勢佐木長者町駅前バス停より、 根岸台行 市営バス 103 に乗って、二番目のバス停「石川町5丁目」下車スグ目の前です。

駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より、「103 根岸台、103根岸駅 ( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。

石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。



横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ






f0135114_11435525.jpg
f0135114_15254700.jpg

f0135114_19153800.jpg







































下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。



[PR]
# by yokohama-kampo | 2018-10-11 14:32 | 散歩


漢方の立場からの秋の養生

次々に、台風が来たりして、困ったことですね。

身体もなかなかついてこれませんね。


秋に多く現れる症状としては、喉の渇き、空セキ、痰が切れにくいなどの肺の症状や、皮膚やノド鼻の粘膜のバリヤ機能の低下による皮膚炎、鼻のトラブル、副鼻腔炎、気管支炎などがあります。


その他のトラブルとしては、髪の毛が抜けやい、髪の毛が細くなる、痔(じ、ぢ)になる、残便感がある、便秘が酷くなる、コロコロ便になるといったものがあります。


秋の養生の基本的なポイント


① 早寝早起き。
② 陰を補い、陽気をおさめる。
③ 肺 (呼吸器、皮膚、粘膜) を健やかに保つ。


秋の養生におすすめの食材

長いも、自然薯、レンコン、かぼちゃ、ユリ根、さつまいも、豆乳、松の実、クルミ、梨、びわ、メロン、桃、ぶどう、サンマ、サバ、牡蛎、ゴマなど。


秋の皮膚や粘膜のトラブル『秋の養生』に良い漢方サプリ

一番のお勧めは、紅サージ (健康食品)ですね。

標高三千メートル級の山々にある水辺に自生する「サージの木の実」のエキスです。

f0135114_13194354.jpg

肌や粘膜を内側から潤して、肌を艶々にする作用があります。
肌年齢が気になる人には、うってつけの漢方サプリです。


だれだって、綺麗なお肌のほうがいいですからね。
肌や粘膜のトラブルをかかえているときには、専門家に相談しながら試してみてくださいね。


紅サージ
(紅沙棘) は、髙木漢方の店頭にて、販売しております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方健康病気相談

「秋だ、そうだ、漢方薬をためしてみよう。」と、思い立った時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

何かとお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) では、疲労回復、男性の不妊症、精力回復相談も承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、季節の変わり目の花粉症、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎などの鼻のトラブルの漢方薬療法を得意としております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングを通して漢方の観点から、妊活(不妊症、不育症)でお悩み中のご夫婦の応援を長年しております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、生理痛や排卵痛や月経不順など婦人病 のご相談をたくさん承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)は、「痛み解消の専門店」としても、頑張っております。
酷い頭痛や三叉神経痛の漢方薬療法なども得意としております。


秋の夜長ということからも分かるように、寝不足になることから、自律神経失調症やうつ状態のご相談が増加いたします。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、ゆううつ、ノイローゼ、イライラ、五月病、目まい、ドライアイ、ドライマウス、口臭、耳鳴り、片頭痛、下痢、胃痛、不眠症、自律神経失調症、心臓神経症、PMS、パニック、更年期障害などのご相談を数多く承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、皮膚病のご相談を随時、承っております。


じんましん、にきび、背中のニキビ、おでき、湿疹、吹き出物、掌蹠膿疱症、尋常性乾癬、アトピー性皮膚炎、
酒渣、酒さ様皮膚炎、脂漏性湿疹、脂漏性皮膚炎、汗疱性湿疹、異汗性湿疹などの皮膚のトラブルでお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はよく効くと評判です。


ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。


漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。


ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) まで、お気軽にお越しくださいませ。  

子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店

髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話&お問い合わせ電話   045-681-5888
営業時間   11:00~19:30
定休日
                           


【当店への行き方】


 JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。


元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 を右にみながら、そって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。 (石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)

 横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。

 伊勢佐木長者町駅前バス停より、 根岸台行 市営バス 103 に乗って、二番目のバス停「石川町5丁目」下車スグ目の前です。

駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より、「103 根岸台、103根岸駅 ( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。

石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。



横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ






f0135114_11435525.jpg
f0135114_15254700.jpg

f0135114_19153800.jpg







































下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。


[PR]
# by yokohama-kampo | 2018-10-01 13:21 | 食養生


止まらなかったセキ"肺マック症"が、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬のおかげで、セキが落ち着いて改善してきました。


横浜は、今日は久しぶりの日本晴れ、晴天ですね。

朝晩は、少し冷え込むようになりました。
急に寒くなると、鼻や気管支や肺の弱い方には、つらい季節になりますね。


漢方では、肺と大腸は、対になる臓器なので、お腹も冷えやすくなり壊しやすくなります。


肺は、皮膚と粘膜をコントロールしている臓器なので、肺が弱ると、気管支喘息や副鼻腔炎はいうにおよばず、アトピー性皮膚炎や過敏性腸炎や潰瘍性大腸炎なども悪化しやすくなります。


高齢の女性に増加している、非結核性(結核菌やらい菌以外という意味)抗酸菌症による肺炎などもひどくなりますね。


有名なものでは、肺マック菌による肺マック症や、カンサシ菌による肺炎などがあります。


症状としては、風邪のような微熱、セキが続くというものです。
重症になると、肺に穴が開く(気胸)ようになり、セキがもっと酷くなります。


圧倒的に、肺マック症の方が多いのですが、肺マック菌はありふれた菌でどこにでもいて、その菌の増殖スピードが、とてもゆっくりとしたものなので、発見がおくれる傾向は同じです。


病院での治療は、結核の治療にもちいるものと同じ三種類の抗生剤を2年から3年間にわたって投与するというものです。


セキがつづくときは、髙木漢方の漢方薬の体質改善が効果的なこともございます。

セキなどで、お困りの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬の使用例

66歳     女性

5年くらいまえから、季節の変わり目(秋から冬)になると、風邪を必ず引くようになって、セキが、3か月くらい続くようになった。

半年くらい前から、微熱、セキが止まらない。


はじめの病院で、検査したら、風邪といわれたが、治らないので転院して、大きな病院で検査したら、肺炎で、肺マック(MAC)症だといわれた。


レントゲンとCT検査で、「左肺が、真っ白になって、炎症が起きている。」とのこと。


病院からは、抗生剤を飲み続けて、様子をみましょうといわれた。


抗生剤を飲み始めてしばらくしたら、ひどい口内炎と食欲不振で、続けられなくなった。


さらに、昔の同級生が、同じ肺マック症になっていて、抗生剤を2年間続けたら、片目を失明して、もう片方の目も危ないとの話を聞いて、さらに、抗生剤を飲みたくなくなった。


f0135114_15514267.jpg

漢方で、この止まらないセキを治したくてと、ご相談にみえた。

漢方的に見立てると、肺気虚と、陰虚、血虚、腎虚、於血等の体質が見られたので、それらの悪い体質を改善するために、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をお試しいただいた。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をお試しいただいて、1ヶ月後にご来店。


「なにも変化はない。」


さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。


「ちょっとだけ、セキが少なくなった。」


さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。


「効いてきた感じがする。セキ込みが少し軽くなった。」


さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。


「微熱が出なくなった。」
「セキ込む時間が、半分以下になった。」


さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。


「風邪を引きかけたが、すぐに治った。」
「まだ時々セキ込むが、以前よりセキが軽くなった。」
「髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬は効いているので、完治をめざして続けたい。」
と喜ばれた。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方健康病気相談

季節の変わり目に悪化しやすい、セキ、セキ喘息、気管支炎、気管支喘息、副鼻腔炎、蓄のう症、鼻茸、アレルギー性鼻炎、花粉症、アトピー性皮膚炎、過敏性腸炎、潰瘍性大腸炎、便秘、下痢などでお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、季節の変わり目における体調不良を改善するためのご相談を承っております。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) では、疲労回復、男性の不妊症、精力回復相談も承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、季節の変わり目の花粉症、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎などの鼻のトラブルの漢方薬療法を得意としております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングを通して漢方の観点から、妊活(不妊症、不育症)でお悩み中のご夫婦の応援を長年しております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、生理痛や排卵痛や月経不順など婦人病 のご相談をたくさん承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)は、「痛み解消の専門店」としても、頑張っております。
酷い頭痛や三叉神経痛の漢方薬療法なども得意としております。


夏は、暑さから熱中症ぎみになったり、寝不足になることから、自律神経失調症やうつ状態のご相談が増加いたします。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、ゆううつ、ノイローゼ、イライラ、五月病、目まい、ドライアイ、ドライマウス、口臭、耳鳴り、片頭痛、下痢、胃痛、不眠症、自律神経失調症、心臓神経症、PMS、パニック、更年期障害などのご相談を数多く承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、皮膚病のご相談を随時、承っております。


じんましん、にきび、背中のニキビ、おでき、湿疹、吹き出物、掌蹠膿疱症、尋常性乾癬、アトピー性皮膚炎、
酒渣、酒さ様皮膚炎、脂漏性湿疹、脂漏性皮膚炎、汗疱性湿疹、異汗性湿疹などの皮膚のトラブルでお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はよく効くと評判です。


ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。


漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。


ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) まで、お気軽にお越しくださいませ。  

子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店

髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話&お問い合わせ電話   045-681-5888
営業時間   11:00~19:30
定休日
                           


【当店への行き方】


 JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。


元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 を右にみながら、そって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。 (石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)

 横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。

 伊勢佐木長者町駅前バス停より、 根岸台行 市営バス 103 に乗って、二番目のバス停「石川町5丁目」下車スグ目の前です。

駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より、「103 根岸台、103根岸駅 ( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。

石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。



横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ






f0135114_11435525.jpg
f0135114_15254700.jpg

f0135114_19153800.jpg






































下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。


[PR]
# by yokohama-kampo | 2018-09-28 16:02 | 肺の健康 肺炎 肺気腫 気胸


一人目の出産後からつづいていた慢性的な疲労感が、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬のおかげで治って、二人目を授かりました。

当店では、二人目の不妊症や不育症でお悩みの方のご相談も承っております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬の使用例

32歳    女性

3年前に、一人目を出産した。
今、二人目を希望している。

一人目の出産後のいわゆる産後の肥立ちが悪いのか、慢性的な疲労感が続いている。

とにかくすぐに疲れてしまう。
朝になっても、昨日の疲れが抜けない。


眠い感じになる。
末端が冷えて、のぼせやすい。


病院の検査では、軽度の貧血以外は、異常なし。

体調を治して、二人目が欲しいとのことで、ご相談にみえた。

漢方的に見立てると、気虚、血虚、於血、痰湿等の体質が見られたので、それらの悪い体質を改善するために、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をお試しいただいた。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をはじめていただいて、1ヶ月後にご来店。


「朝起きるのが、つらくなくなってきた。」


さらに、髙木漢方の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。


「身体の調子がよくなって、身体の重さがとれた。」
「手足先が温まった。」


さらに、髙木漢方の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。


「尿に妊娠反応があったので、病院にて、妊娠を確認した。」

f0135114_12471043.jpg
安胎のための髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬に切り替えて、続けて飲んでいただいた。

途中、軽いつわりがあったものの、順調にすすんで、とても元気な男の子を授かられた。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方健康子宝相談

子宮は、冷えを嫌う臓器です。

二人目不妊や不育症の場合は、子宮が冷えていることがままあります。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方薬によって子宮を温めて元気にして、子宝に恵まれるようにお手伝いをしております。


何かとお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) では、疲労回復、男性の不妊症、精力回復相談も承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、季節の変わり目の花粉症、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎などの鼻のトラブルの漢方薬療法を得意としております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングを通して漢方の観点から、妊活(不妊症、不育症)でお悩み中のご夫婦の応援を長年しております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、生理痛や排卵痛や月経不順など婦人病 のご相談をたくさん承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)は、「痛み解消の専門店」としても、頑張っております。
酷い頭痛や三叉神経痛の漢方薬療法なども得意としております。


夏は、暑さから熱中症ぎみになったり、寝不足になることから、自律神経失調症やうつ状態のご相談が増加いたします。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、ゆううつ、ノイローゼ、イライラ、五月病、目まい、ドライアイ、ドライマウス、口臭、耳鳴り、片頭痛、下痢、胃痛、不眠症、自律神経失調症、心臓神経症、PMS、パニック、更年期障害などのご相談を数多く承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、皮膚病のご相談を随時、承っております。


じんましん、にきび、背中のニキビ、おでき、湿疹、吹き出物、掌蹠膿疱症、尋常性乾癬、アトピー性皮膚炎、
酒渣、酒さ様皮膚炎、脂漏性湿疹、脂漏性皮膚炎、汗疱性湿疹、異汗性湿疹などの皮膚のトラブルでお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はよく効くと評判です。


ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。


漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。


ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) まで、お気軽にお越しくださいませ。  

子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店

髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話&お問い合わせ電話   045-681-5888
営業時間   11:00~19:30
定休日
                           


【当店への行き方】


 JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。


元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 を右にみながら、そって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。 (石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)

 横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。

 伊勢佐木長者町駅前バス停より、 根岸台行 市営バス 103 に乗って、二番目のバス停「石川町5丁目」下車スグ目の前です。

駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より、「103 根岸台、103根岸駅 ( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。

石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。



横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ






f0135114_11435525.jpg
f0135114_15254700.jpg

f0135114_19153800.jpg





































下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。


[PR]
# by yokohama-kampo | 2018-09-24 12:50 | 不妊症 不育症 子宝相談 妊活

生理痛と肩こりと冷え性が、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬のおかげで、改善してきました。


季節の変わり目は、体調を崩しやすくなります。

早めの養生は、自分自身を助けることに繋がります。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬の使用例

47歳        女性

急に涼しくなり、体調が悪化した。

朝、身体が重くて、起きられないことがある。

肩こりと首こりがひどい。

生理不順。

生理痛。
頭痛がひどい。


末端冷え性。
食欲不振。


病院で検査したが、とくに異常なし。
鎮痛剤を処方されている。

f0135114_12055857.jpg
何とかならないかと、ご相談にみえた。

漢方的に見立てると、気虚、血虚、腎虚、於血等の体質が見られたので、それらの悪い体質を改善するために、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をお試しいただいた。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をお試しいただいて、1ヶ月後にご来店。


「少しずつ、体力がついてきた。」
「朝、気持ちよく起きられる日が出てきた。」


さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。


「頭痛がやわらいで、鎮痛剤を飲まなくても大丈夫になった。」
「生理痛はあるが、ずいぶん軽くなった。」


さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。


「肩こりと首こりをほとんど感じなくなった。」
「食欲が戻って、手足が温まって、体調もかなり良くなった。」
と喜ばれた。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方健康病気相談

季節の変わり目は、天候不順にともなって、体調を崩しやすくなります。

季節の変わり目の体調不良には、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬による体質改善が効果があります。


頭痛、肩こり、首こり、冷え症、生理痛、生理不順、身体が重いなどでお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) では、疲労回復、男性の不妊症、精力回復相談も承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、季節の変わり目の花粉症、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎などの鼻のトラブルの漢方薬療法を得意としております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングを通して漢方の観点から、妊活(不妊症、不育症)でお悩み中のご夫婦の応援を長年しております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、生理痛や排卵痛や月経不順など婦人病 のご相談をたくさん承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)は、「痛み解消の専門店」としても、頑張っております。
酷い頭痛や三叉神経痛の漢方薬療法なども得意としております。


夏は、暑さから熱中症ぎみになったり、寝不足になることから、自律神経失調症やうつ状態のご相談が増加いたします。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、ゆううつ、ノイローゼ、イライラ、五月病、目まい、ドライアイ、ドライマウス、口臭、耳鳴り、片頭痛、下痢、胃痛、不眠症、自律神経失調症、心臓神経症、PMS、パニック、更年期障害などのご相談を数多く承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、皮膚病のご相談を随時、承っております。


じんましん、にきび、背中のニキビ、おでき、湿疹、吹き出物、掌蹠膿疱症、尋常性乾癬、アトピー性皮膚炎、
酒渣、酒さ様皮膚炎、脂漏性湿疹、脂漏性皮膚炎、汗疱性湿疹、異汗性湿疹などの皮膚のトラブルでお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はよく効くと評判です。


ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。


漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。


ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) まで、お気軽にお越しくださいませ。  

子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店

髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話&お問い合わせ電話   045-681-5888
営業時間   11:00~19:30
定休日
                           


【当店への行き方】


 JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。


元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 を右にみながら、そって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。 (石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)

 横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。

 伊勢佐木長者町駅前バス停より、 根岸台行 市営バス 103 に乗って、二番目のバス停「石川町5丁目」下車スグ目の前です。

駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より、「103 根岸台、103根岸駅 ( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。

石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。



横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ






f0135114_11435525.jpg
f0135114_15254700.jpg

f0135114_19153800.jpg




































下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。


[PR]
# by yokohama-kampo | 2018-09-23 12:12 | 冷え性 低体温症 温活


繰り返すつらい膀胱炎が、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬のおかげで治ってきました。

女性は、膀胱炎を繰り返すことが多く、最近は、間質性膀胱炎などの新顔の疾患も増加しているようです。

男性は、膀胱炎は比較的少なく、尿道炎や慢性前立腺炎や前立腺肥大症などが多いですね。


慢性膀胱炎は、漢方薬による体質改善が、効果が高いですね。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬の使用例

45歳   女性

膀胱炎を繰り返している。

病院の抗生剤は、飲み切った。


今も、下腹部に痛みがある。
何とも言えない不快感がある。

座ったり立っていることがつらい。
尿が出ずらい。


下痢しやすい。
冷え性。
ポッコリお腹。

f0135114_12353672.jpg

このつらい膀胱炎を何とか治したくてと、ご来店になった。


漢方的に見立てると、於血、腎虚、下焦に湿熱がたまっているので、それらの悪い体質を改善するために、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をお試しいただいた。


髙木漢方の漢方薬をお試しいただいて、2週間後にご来店になった。


「飲み始めて、次の日には、下腹部の痛みがすっかり引いた。」
「2週間分を飲み切って、排尿もスムーズに戻った。」
と喜ばれた。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方健康病気相談

慢性の膀胱炎や間質性膀胱炎などでお悩みの時は髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

病院では異常がないけれど、身体の不調でお悩みの方もお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) では、疲労回復、男性の不妊症、精力回復相談も承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、季節の変わり目の花粉症、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎などの鼻のトラブルの漢方薬療法を得意としております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングを通して漢方の観点から、妊活(不妊症、不育症)でお悩み中のご夫婦の応援を長年しております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、生理痛や排卵痛や月経不順など婦人病 のご相談をたくさん承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)は、「痛み解消の専門店」としても、頑張っております。
酷い頭痛や三叉神経痛の漢方薬療法なども得意としております。


夏は、暑さから熱中症ぎみになったり、寝不足になることから、自律神経失調症やうつ状態のご相談が増加いたします。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、ゆううつ、ノイローゼ、イライラ、五月病、目まい、ドライアイ、ドライマウス、口臭、耳鳴り、片頭痛、下痢、胃痛、不眠症、自律神経失調症、心臓神経症、PMS、パニック、更年期障害などのご相談を数多く承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、皮膚病のご相談を随時、承っております。


じんましん、にきび、背中のニキビ、おでき、湿疹、吹き出物、掌蹠膿疱症、尋常性乾癬、アトピー性皮膚炎、
酒渣、酒さ様皮膚炎、脂漏性湿疹、脂漏性皮膚炎、汗疱性湿疹、異汗性湿疹などの皮膚のトラブルでお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はよく効くと評判です。


ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。


漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。


ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) まで、お気軽にお越しくださいませ。  

子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店

髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話&お問い合わせ電話   045-681-5888
営業時間   11:00~19:30
定休日
                           


【当店への行き方】


 JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。


元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 を右にみながら、そって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。 (石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)

 横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。

 伊勢佐木長者町駅前バス停より、 根岸台行 市営バス 103 に乗って、二番目のバス停「石川町5丁目」下車スグ目の前です。

駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より、「103 根岸台、103根岸駅 ( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。

石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。



横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ






f0135114_11435525.jpg
f0135114_15254700.jpg

f0135114_19153800.jpg



































下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。



[PR]
# by yokohama-kampo | 2018-09-20 12:39 | 女性の膀胱炎

首と背中に出来た大きなオデキが、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬のおかげで治りました。  


ニキビとかオデキとか粉瘤などの皮膚のトラブルは、夏には多いようですね。

夏の三大不調とは


⒈ 夏は、心に熱を持ちやすくなるためか、口が苦くなったり、口内炎が治らなかったり、眠りが浅くなって、不安、不眠に悩むことがあります。


⒉ 水分の摂りすぎから、下痢、腹痛、頭痛、頭重、身体が浮腫んて゛重くなりやすくなります。


⒊ 暑さから、身体がオーバーヒートぎみになり、動悸、息切れ、疲労がかさんだり、胃がつかえて食欲が低下しやすくなります。


これらの夏の三大不調は、秋に持ち越さずに、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬の使用例

48歳    女性

首と背中に大きなオデキが出来ている。

病院では、切らないと治らないといわれたので、とりあえず保留にしてもらった。

このオデキは、漢方薬で何とか治らないかと、ご相談にみえた。

漢方的に見立ててみると、湿熱、於血等の体質が見られたので、それらの悪い体質を改善するために、

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を2週間分ほど、お試しいただいた。

お試しいただいて、2週間後にご来店。


「首と背中も両方とも、すっかり、綺麗になりました。」
と喜ばれた。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方健康病気相談

夏は、皮膚のトラブルが発生しやすくなります。

オデキ、ニキビ、大人ニキビ、粉瘤、湿疹、皮膚炎など、何かとお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) では、疲労回復、男性の不妊症、精力回復相談も承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、季節の変わり目の花粉症、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎などの鼻のトラブルの漢方薬療法を得意としております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングを通して漢方の観点から、妊活(不妊症、不育症)でお悩み中のご夫婦の応援を長年しております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、生理痛や排卵痛や月経不順など婦人病 のご相談をたくさん承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)は、「痛み解消の専門店」としても、頑張っております。
酷い頭痛や三叉神経痛の漢方薬療法なども得意としております。


夏は、暑さから熱中症ぎみになったり、寝不足になることから、自律神経失調症やうつ状態のご相談が増加いたします。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、ゆううつ、ノイローゼ、イライラ、五月病、目まい、ドライアイ、ドライマウス、口臭、耳鳴り、片頭痛、下痢、胃痛、不眠症、自律神経失調症、心臓神経症、PMS、パニック、更年期障害などのご相談を数多く承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、皮膚病のご相談を随時、承っております。


じんましん、にきび、背中のニキビ、おでき、湿疹、吹き出物、掌蹠膿疱症、尋常性乾癬、アトピー性皮膚炎、
酒渣、酒さ様皮膚炎、脂漏性湿疹、脂漏性皮膚炎、汗疱性湿疹、異汗性湿疹などの皮膚のトラブルでお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はよく効くと評判です。


ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。


漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。


ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) まで、お気軽にお越しくださいませ。  

子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店

髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話&お問い合わせ電話   045-681-5888
営業時間   11:00~19:30
定休日
                           


【当店への行き方】


 JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。


元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 を右にみながら、そって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。 (石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)

 横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。

 伊勢佐木長者町駅前バス停より、 根岸台行 市営バス 103 に乗って、二番目のバス停「石川町5丁目」下車スグ目の前です。

駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より、「103 根岸台、103根岸駅 ( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。

石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。



横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ






f0135114_11435525.jpg
f0135114_15254700.jpg

f0135114_19153800.jpg


































下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。


[PR]
# by yokohama-kampo | 2018-08-31 14:19 | にきび・おでき・吹き出もの


今日は、イスクラ冠元顆粒(かんげんかりゅう)という漢方薬をご紹介いたします。  


イスクラ冠元顆粒は、中年期以降の方、または、高血圧傾向のある方の体質改善のための漢方薬です。


漢方でいう『於血(おけつ)』の体質を改善する代表的な漢方薬です。


於血の体質があれば、使用することはできますが、使用する前には専門家にご相談くださいませ。


イスクラ冠元顆粒の効能効果は、「中年以降または高血圧傾向のあるものの次の諸症:  頭痛、頭重、肩こり、めまい、動悸」です。


成人 (15歳以上)は、一回に1包、1日に3回、食前又は食間にお水にてお飲みください。


服用量と服用回数は、体質と症状に合わせて加減するといいでしょう。

f0135114_12101426.jpg
漢方でいう於血の体質によくみられる症状


①生理痛がひどい。
②月経血が赤黒くレバーのような塊がまじることがある。
③肩こりまたは首こりがひどく、頭痛を伴うことも多い。
④舌の色が暗紫色、または暗紫色の斑点がある。
⑤唇や歯茎の色が黒っぽい。
⑥顔色がくすんでいる。
⑦肌に艶がなく、かさついている。
⑧シミやそばかすが多い。
⑨アザができやすい。
⑩便色が黒っぽい。
⑪身体のどこかに針で刺したような鋭い痛みがある。
⑫内臓にポリープができたことがある。
⑬痔がある。
⑭子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣嚢腫がある。
⑮胸痛または動悸または不整脈がある。
⑯腹痛、または、わき腹痛がある。
⑰腰痛持ち。
⑱腫瘍がある。
⑲糖尿病である。
⑳脳梗塞がある。
㉑狭心症または心筋梗塞がある。
㉒認知症である。


以上の中に、ひとつでも当たれば、於血 (おけつ) の体質です。

f0135114_12090352.jpg
髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方健康病気相談

イスクラ冠元顆粒は、「血管力(けっかんりょく)」を高めて、身体に張り巡らされている「毛細血管を回復し丈夫」にします。

毛細血管の長さは地球2周半(約10万キロ)とも言われ、全身の血管の95%にあたります。

漢方では、健康維持のために血管力について、血管だけではなく、血液の量、質、流れる力も含めて重要と捉えています。


血管の弾力性が足りていなければ、身体のすみずみまで栄養や酸素を送ることが出来ません。

また、コレステロールや中性脂肪、血糖値などが高く血液がドロドロになると、流れも悪くなります。


血液が流れにくい於血の状態が続くと、健康寿命に悪影響が出てきます。


お客様から、コレステロールの薬は飲んでいるというお話しをお聞きしますが、実際は、コレステロールが下がっても健康寿命は伸びてはいません。


なぜでしょうか。


それは、血管力が回復していないからです。


血管力を回復させるためには、イスクラ冠元顆粒のような漢方薬が必要になる場合もございます。


イスクラ冠元顆粒には、他に同じような内容の漢方薬がありますが、私の経験からいえば、内容が同じように見えても効き目がぜんぜん違います。


イスクラ冠元顆粒は、先発品であって、他の類似商品は後発医薬品(ジェネリック)です。


イスクラ冠元顆粒をお試しになりたいときは、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


イスクラ冠元顆粒は、髙木漢方(たかぎかんぽう)の店頭にて販売しております。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) では、疲労回復、男性の不妊症、精力回復相談も承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、季節の変わり目の花粉症、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎などの鼻のトラブルの漢方薬療法を得意としております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングを通して漢方の観点から、妊活(不妊症、不育症)でお悩み中のご夫婦の応援を長年しております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、生理痛や排卵痛や月経不順など婦人病 のご相談をたくさん承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)は、「痛み解消の専門店」としても、頑張っております。
酷い頭痛や三叉神経痛の漢方薬療法なども得意としております。


夏は、暑さから熱中症ぎみになったり、寝不足になることから、自律神経失調症やうつ状態のご相談が増加いたします。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、ゆううつ、ノイローゼ、イライラ、五月病、目まい、ドライアイ、ドライマウス、口臭、耳鳴り、片頭痛、下痢、胃痛、不眠症、自律神経失調症、心臓神経症、PMS、パニック、更年期障害などのご相談を数多く承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、皮膚病のご相談を随時、承っております。


じんましん、にきび、背中のニキビ、おでき、湿疹、吹き出物、掌蹠膿疱症、尋常性乾癬、アトピー性皮膚炎、
酒渣、酒さ様皮膚炎、脂漏性湿疹、脂漏性皮膚炎、汗疱性湿疹、異汗性湿疹などの皮膚のトラブルでお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はよく効くと評判です。


ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。


漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。


ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) まで、お気軽にお越しくださいませ。  

子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店

髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話&お問い合わせ電話   045-681-5888
営業時間   11:00~19:30
定休日
                           


【当店への行き方】


 JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。


元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 を右にみながら、そって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。 (石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)

 横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。

 伊勢佐木長者町駅前バス停より、 根岸台行 市営バス 103 に乗って、二番目のバス停「石川町5丁目」下車スグ目の前です。

駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より、「103 根岸台、103根岸駅 ( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。

石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。



横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ






f0135114_11435525.jpg
f0135114_15254700.jpg

f0135114_19153800.jpg


































下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。


[PR]
# by yokohama-kampo | 2018-08-26 12:17 | イスクラ冠元顆粒

横浜の漢方,髙木漢方がお届けする、漢方薬と薬草と散歩のブログ


by yokohama-kampo