自然!天然!元気力!  髙木漢方(たかぎかんぽう)のブログ

herbkampo.exblog.jp
ブログトップ

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の予防と養生に対する髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬について


骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の予防と養生に対する髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬について


骨粗しょう症とは、骨格の中のカルシウムが減少して、骨折しやすくなる病気です。

閉経後の女性や成長期の子供に多い疾患です。

骨粗しょう症になると、荷物を持ったり、起き上がったり、クシャミをしたり、ちょっとつまずいたり、ころんだりするだけで、骨が折れるようになります。

放っておくと、骨粗しょう症は進行して、寝たきり、認知症などになります。
子供の場合は、高次脳機能の減少に伴って学習能力の低下も招きます。

骨粗しょう症を髙木漢方(たかぎかんぽう)的な観点からみると、脳の働きを維持するには、たくさんのカルシウムが必要です。

骨粗しょう症になりやすい「腎虚」の体質の方が、「腎精不足」に陥って、脳髄を養うことがむずかしくなり、まずはじめに、骨を犠牲にして、大事な脳を守ろうとするために起きる防衛反応による疾患です。

ですから、しっかりと腎虚の体質を改善すると、骨粗しょう症も治っていきます。
しいては脳を守ることもできます。

骨粗しょう症に対する西洋医学の治療において、ビタミンDやカルシウムの補給をうながしても、うまく改善しないことが多々ございます。
これは、「漢方の腎虚に対する観点」が抜けているためです。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬の使用例

① 65歳     女性

2年前に、手首を骨折して、病院にて骨粗しょう症と診断された。

背中の骨がまがっいてる。
姿勢が悪いといわれる。
首と腰が痛む。
脚が夕方になると浮腫む。

病院からは、骨粗しょう症の薬と高血圧の薬を処方されているが、骨密度が正常値にならない。

骨に良い漢方薬を飲んでみたいと、ご相談にみえた。

漢方的に見立てると、腎虚、血虚、気虚と於血(おけつ)等の体質が見られたので、それらの悪い体質を改善するために、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をお試しいただいた。

当店の漢方薬をお試しいただいて、1ヶ月後にご来店。


「脚のムクミがとれてきた。」


さらに、当店の漢方薬を半年間続けていただいて、ご来店。

「イヤリングを落として、探していたら、近くの人も一緒に探してくれて、見つかったのでイスに座ろうとしたら、知らないうちにイスが移動されていて、空気イスになって、ストンと後ろに倒れて、固い床に、したたかに頭も打ち付けてしまった。」


「病院で、レントゲンやMRIで検査をしたが、どこも1か所も骨折していなかった。」

「当店の漢方薬が効いているんだと、実感できた。」
と喜ばれた。


② 79歳     女性

5年前に、病院にて、骨粗しょう症と診断された。

肩こりがある。
手足が冷えやすい。
腰痛もち。
便秘気味。


病院から、骨粗しょう症の薬がずっと長い間処方されている。


病院の検査では、骨密度が、正常値の半分以下くらいだといわれている。
病院では、骨密度が上がらないのは加齢のためで、しかたがないと言われている。


骨密度が上がる漢方薬はないかと、ご相談にみえた。

漢方的に見立てると、腎虚が顕著で、血虚があり、於血(おけつ)も多いので、それらの悪い体質を改善するために、当店の漢方薬を飲んでいただいた。

当店の漢方薬を始めていただいて、1ヶ月後にご来店。

「数値の変化はないが、手足が温まって気分が良い。」


さらに、当店の漢方薬を続けて飲んでいただいて、8か月後にご来店。


「骨密度が正常人の9割になった。」
と大変喜ばれた。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方健康病気相談

当店では、骨粗しょう症の漢方薬療法を得意としております。

骨粗しょう症を放っておくと、認知症や寝たきりなどの原因になりえます。


骨粗しょう症や認知症などの養生でお悩みの時は、当店までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

当店では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。


当店の漢方薬はよく効くと評判です。


ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。

漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。

早めの養生が、あなた様自身を助けます。

ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。


当店まで、お気軽にお越しくださいませ。  

子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店

髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年   横浜市中区の健康病気相談漢方薬専門店

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話&お問い合わせ電話   045-681-5888
営業時間   11:00~19:30
定休日
                           


【行き方】
①JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。

元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 にそって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。
(石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)

②横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。
 

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて車橋のたもとに当店はございます。

又は、駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より<b>「103 根岸台、103根岸駅 ( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。
石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。



ぜひ当店のホームページをご覧ください。






f0135114_11435525.jpg
f0135114_15254700.jpg












下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。








[PR]
by yokohama-kampo | 2018-03-08 13:42 | 骨粗鬆症 こつそしょうしょう

髙木漢方の店主がお届けする、漢方薬と健康と散歩のブログ


by yokohama-kampo