自然!天然!元気力!  髙木漢方(たかぎかんぽう)のブログ

herbkampo.exblog.jp
ブログトップ

顔にできた赤い湿疹が、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬のおかげで、消えてきました。


顔にできた赤い湿疹が、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬のおかげで、消えてきました。


湿疹は、全身どこにでも発生しますが、顔にできると、うっとうしくて、気分も落ち込みやすくなりますね。

塗り薬で対処できるうちはいいのですが、慢性化すると、なかなか改善しないものです。


漢方では、「皮膚は内臓の鏡である。」という古からの教えがあります。

内臓の働きが乱れると、皮膚に湿疹などの症状があらわれます。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬による体質改善によって、皮膚が綺麗に戻ることも多々ございます。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬の使用例


42歳       女性


一年くらい前から、顔に赤い湿疹ができるようになった。

日光にあたったり、部屋が暖かいと、顔が赤くなり火照って、湿疹が増える。

寒い部屋だと、少し落ち着く。


病院では、酒渣だといわれた。
ステロイド剤と抗生物質を処方されている。


既往症
4年前 脂漏性皮膚炎
2年前 ヘルペス


顔の赤い湿疹を何とかしたくてと、ご相談にみえた。


当店の漢方薬と漢方スキンケアをお試しいただいて、1ヶ月後にご来店。


「顔の火照り感が、引いてきた。」


さらに、当店の漢方薬と漢方スキンケアを続けていただいて、1ヶ月後にご来店。


「顔の赤みと湿疹が、消えてきた。」


さらに、当店の漢方薬と漢方スキンケアを続けていただいて、1ヶ月後にご来店。


「顔の赤みと湿疹は、ほとんどなくなって、肌が綺麗になってきた。」
と喜ばれた。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方健康スキンケア相談


当店では、顔が赤くなる湿疹や酒渣などの漢方薬療法を得意としております。


酒渣や酒さ様皮膚炎はもちろんのこと、脂漏性皮膚炎、尋常性乾癬、掌蹠膿疱症、アトピー性皮膚炎、湿疹、痒疹、じんましん、にきび、背中のニキビ、おでき、吹き出物、汗疱性湿疹、異汗性湿疹などでお悩みの時は、当店までお気軽にお越しになりご相談くださいまいませ。






当店では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。


当店の漢方薬はよく効くと評判です。


ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。


漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。


ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

当店まで、お気軽にお越しくださいませ。  

子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店

髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年   横浜市中区の健康病気相談漢方薬専門店

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話&お問い合わせ電話   045-681-5888
営業時間   11:00~19:30
定休日
                           


【当店への行き方】


 JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。


元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 を右にみながら、そって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。 (石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)

 横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。

 伊勢佐木長者町駅前バス停より、 根岸台行 市営バス 103 に乗って、二番目のバス停「石川町5丁目」下車スグ目の前です。

駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より、「103 根岸台、103根岸駅 ( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。

石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。



ぜひ当店のホームページをご覧ください。






f0135114_11435525.jpg
f0135114_15254700.jpg

f0135114_19153800.jpg














下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。


[PR]
by yokohama-kampo | 2018-05-27 19:20 | 蕁麻疹 湿疹 カユミ

髙木漢方の店主がお届けする、漢方薬と健康と散歩のブログ


by yokohama-kampo