自然!天然!元気力!  髙木漢方(たかぎかんぽう)のブログ

herbkampo.exblog.jp
ブログトップ

風邪には、漢方薬がいい。

風邪がはやっていますね。夏風邪は、こじれやすいので、早めに、身体にあった漢方薬で治しましょう。
風邪の原因は、そのほとんどが、ウイルス感染です。抗生物質は、一部の細菌には、よく効きますが、風邪のウイルスには、残念ながら効果がありません。
そのため、今では、風邪のときの第一選択の薬は、「漢方薬」になっています。
また、今問題になっている「鳥インフルエンザ(H5N1型)」も、ウイルスです。
漢方薬は、風邪に良く効きます。
風邪のウイルスは、鼻やノドの粘膜より、侵入し、七時間ごとに、一千倍に増殖します。ですから、ウイルスを攻撃する薬は、なるべく早く飲まないと、効果が発揮できません。
「風邪は、はじめの三十分」といわれるのは、このためです。
普段は、元気なひとが、風邪を引いたときは、次の二通りのタイプがございます。
f0135114_1716546.jpg

                                  フラミンゴ 横浜 八景島

①ゾクゾクして首筋が寒く、鼻水か゛出たり、頭痛や肩こりなどが起きるタイプ。

このタイプは、寒がっているので、身体をあたためて、少し汗をかかせて治します。
卵酒やしょうが湯も効きますか゛、確実に治したいなら、「葛根湯」がいいでしょう。
このほかに、水のような鼻水が出るのなら、「小青竜湯」がいいですし、セキが出るようなら、「麻黄湯」がいいでしょう。

②寒気はないか、あってもごくわずかで、ノドや鼻の奥が痛み、熱っぽく、はれぼったくなるタイプ。
このタイプには、「天津感冒片」や「涼解楽」がいいでしょう。
この処方には、金銀花や、連翹の花のつぼみや、牛房子(ごぼうし)など、抗炎症・抗ウイルス作用のある薬草が多く配合されています。
もし、ノドがはげしく痛み、発熱するようなら、板藍根のエキスの入った「板藍茶」を併用して薬の効果を上げてください。
「板藍茶」は、風邪の予防にもよいので、登校や出勤前に、飲んでおきましょう。

いざ、風邪のときに、あわてないように、少なくとも、「葛根湯」と「天津感冒片」と「板藍茶」は、救急箱に、用意しておきましょう。
風邪のことは、もちろん、なにかと、お身体のことで、お悩みのときは、伊勢佐木町漢方堂まで、
お気軽にご来店ください。
風邪の漢方薬も各種とりそろえて、おります。

横浜の漢方薬 伊勢佐木町漢方堂ホームページ
[PR]
by yokohama-kampo | 2008-06-28 17:16 | 漢方薬

横浜の漢方,髙木漢方がお届けする、漢方薬と薬草と散歩のブログ


by yokohama-kampo