自然!天然!元気力!  髙木漢方(たかぎかんぽう)のブログ

herbkampo.exblog.jp
ブログトップ

夏の日

ホントに暑いですね。横浜は、軽く30度を越えています。お盆の時期は、いろいろとあって大変ですね。生花は、すぐにしおれちゃうし。身体も熱中症になりそうですね。
今年も、漢方薬で、熱中症を予防して、なんとか夏を元気に乗り越えましょう。
大量に汗をかくと、新陳代謝は、よくなりますが、その分、生命エネルギーを大量消費します。
血液は、濃縮され、ドロドロになり、血栓ができたり、脳貧血になります。
そのため、目がまわって、倒れたりします。これが、熱中症です。
ひどくなると、心臓が停止することもあります。
倒れたときは、早く、涼しいところに連れて行き、救急車を呼びましょう。

①熱中症予防の原則は、暑すぎるときは、外での運動や、作業は、控えること。
②屋内でも、熱中症になることに注意すること。
③十分な、水分をこまめに、摂ること。
④涼しいところで休憩をとることに、ちゅうちょしないこと。
⑤そして、予防のために、漢方薬を利用すること。
f0135114_1224172.jpg

                                   赤レンガ倉庫 横浜

熱中症の予防の漢方薬には、「麦味参顆粒」が、一番におすすめです。
麦味参顆粒は、暑さで弱った身体に、潤いをとりもどし、心臓の働きを正常にして、正気を取り戻す漢方薬です。
夏の間は、麦味参顆粒をポカリスエットと一緒に、飲むと、熱中症の予防に、さらに効果が上がります。ぜひ、お試しください。

夏は、熱中症はもとより、脳梗塞や狭心症などの病気も多発します。アトピー性皮膚炎や、じんましんなどの皮膚病も悪化します。

何かとお悩みの時は、お気軽にお越しになりご相談くださいませ。

子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店
髙木漢方   創業慶応二年  横浜の漢方健康病気相談専門店
住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185 番地6
ご相談電話    045-681-5888
ご相談&お問い合わせメール
info@yokohama-kampo.com
営業時間   11:00~19:30
定休日    金                       




 【行き方】
①JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。 

元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 にそって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。
(石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)


②横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。 

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて車橋のたもとに当店はございます。

又は、駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「103 根岸台」( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。
石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。


横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ



f0135114_15185346.jpg









下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。
[PR]
by yokohama-kampo | 2008-07-13 12:14 | 漢方薬

横浜の漢方,髙木漢方がお届けする、漢方薬と健康と散歩のブログ


by yokohama-kampo