自然!天然!元気力!  髙木漢方(たかぎかんぽう)のブログ

herbkampo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:しゃっくり ノドの違和感 口臭( 2 )


喉の違和感と吐き気が続いていましたが、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬のおかげで、改善してきました。


何らかのストレスやホルモンバランスの乱れなどによって、自律神経が失調すると、喉の違和感や吐き気やドライマウスなどに、長期間、悩まされることがあります。

放っておくと、口臭が強くなったり、逆流性食道炎などを併発することもあります。

このようなお悩みのときは、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬がお役に立ちます。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬の使用例


15歳      女性


お客様である母親とご一緒に、ご来店された。

半年くらい前から、喉の違和感が続いている。

いがらっぽくなって、セキ込む。
時々、吐き気をともなう。


病院の検査では何も異常なし。


口臭を強く感じるので、歯をみがき過ぎて、歯茎から、出血する。
喉に何かが張り付くような感じがする。


何とかならないかと、ご相談にみえた。

漢方的に見立てると、気滞、脾虚、於血(おけつ)等の体質が見られたので、それらの悪い体質を改善するために、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を試していただいた。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をお試しいただいて、1ヶ月後にご来店。


「喉の違和感が、少し軽くなってきた。」


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。


「喉の違和感は、ほとんど消えた。」
「吐き気もなくなってきた。」


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。


「セキと喉の違和感は、すっかりなくなった。」
「口臭も、ほとんど感じなくなった。」
「髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はよく効いたので、しばらくは続けたい。」
と喜ばれた。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方健康病気相談

のどの違和感や吐き気や口臭やドライマウスを改善するには、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬がお役に立ちます。

のどの違和感や吐き気や口臭やドライマウスなどの体調不良でお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

①髙木漢方 (たかぎかんぽう) では、疲労回復、男性の不妊症、精力回復相談も承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、季節の変わり目の花粉症、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎などの鼻のトラブルの漢方薬療法を得意としております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングを通して漢方の観点から、妊活(不妊症、不育症)でお悩み中のご夫婦の応援を長年しております。


④髙木漢方(たかぎかんぽう)では、生理痛や排卵痛や月経不順など婦人病 のご相談をたくさん承っております。


⑤髙木漢方(たかぎかんぽう)は、「痛み解消の専門店」としても、頑張っております。
酷い頭痛や三叉神経痛の漢方薬療法なども得意としております。


春は、転勤、転職、新学期などで、不眠症やうつ状態のご相談が増加いたします。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、ゆううつ、ノイローゼ、イライラ、五月病、目まい、ドライアイ、ドライマウス、口臭、耳鳴り、片頭痛、下痢、胃痛、不眠症、自律神経失調症、心臓神経症、PMS、パニック、更年期障害などのご相談を数多く承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、皮膚病のご相談を随時、承っております。


じんましん、にきび、背中のニキビ、おでき、湿疹、吹き出物、掌蹠膿疱症、尋常性乾癬、アトピー性皮膚炎、
酒渣、酒さ様皮膚炎、脂漏性湿疹、脂漏性皮膚炎、汗疱性湿疹、異汗性湿疹などの皮膚のトラブルでお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はよく効くと評判です。


ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。


漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。


ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) まで、お気軽にお越しくださいませ。  

子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店

髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話&お問い合わせ電話   045-681-5888
営業時間   11:00~19:30
定休日
                           


【当店への行き方】

 JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。


元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 を右にみながら、そって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。 (石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)

 横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。

 伊勢佐木長者町駅前バス停より、 根岸台行 市営バス 103 に乗って、二番目のバス停「石川町5丁目」下車スグ目の前です。

駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より、「103 根岸台、103根岸駅 ( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。

石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。



横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ






f0135114_11435525.jpg
f0135114_15254700.jpg












下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。


[PR]
by yokohama-kampo | 2018-05-02 16:41 | しゃっくり ノドの違和感 口臭
きょうも暑くなりましたね。

昨日の夜は、とても涼しくて、よく眠れました。毎晩、涼しいことを願っています。

本日、8月1日は、横浜と神奈川は、花火大会が、目白押しですね。

第24回神奈川新聞花火大会 (横浜)                8000発

横浜 八景島 シーパラダイス 横浜開港150周年祝賀花火  2500発

2009年 よこすか開国祭 開国花火大会             10000発

第60回 さがみ湖 湖上祭花火大会                  5000発       

第20回 小田原 酒匂川 花火大会                  5000発

みんな観たいのですが、身体は、ひとつですからね。

f0135114_1971243.jpg
                          横浜 象の鼻パークから望む にっぽん丸                                                                                                     

さて、エヤコンの当たり過ぎで、体調を崩していませんか。

いつのまにか、体温調節が、出来なくなり、自律神経に異常がでる「冷房病(れいぼうびょう)」になっているかもしれません。
お気を付け下さいませ。

夏場は、お腹の冷やし過ぎによる病気が増えます。

その中の変り種として、「しゃっくり」がございます。

漢方では、しゃっくりは、「えつぎゃく」と呼ばれています。

しゃっくりの原因は、不明ということですが、

髙木漢方では、食道や胃が、冷たいものなどの摂りすぎによって、冷やされ、自律神経に、異常がおこり、刺激に、敏感になり、呼吸のたびに、気管に、空気が通ることが、刺激になり、「しゃっくり」が、おきると、考えられています。

そのため、しゃっくりが、重い方は、病院に入院していたりして、他の病気を患い、毎日、点滴をする度に、身体に水分が増えるために、身体が、冷えて、しゃっくりが、ひどくなるなどの症状を繰り返していらっしゃいます。

お酒を飲むと、しゃっくりが出るのも、漢方から見ると同じ理由です。冷えたビールが、ノドをとおり、お腹に入ると、身体が冷えます。さらに、アルコールが、身体に回ると、身体の表面は、火照って、暖かくなりますが、
毛細血管が、広がり、身体から、熱がうばわれ、アルコールが抜けた後は、すっかり、身体は、冷えています。

そのため、自律神経が、失調して、ノドが、刺激に敏感になり、呼吸により、気道に空気が通るたびに、しゃっくりが、出るようになります。

この「しゃっくり」を止めるためには、身体を温めなければいけません。

具体的には、髙木漢方の漢方薬をお飲みになり、身体の中から、温める必要がございます。

しゃっくりの症状や、ひとりひとりの体質に合わせた漢方薬を飲んでいれば、しゃっくりは、だんだんと、収まって、治ります。
お気軽に、髙木漢方に、ご来店ください。

普通は、柿の実のヘタのエキスが配合してある「柿蒂湯(していとう)」という漢方薬が、しゃっくりに、よく効きますが、症状により、違う漢方薬の方が効果があることもございます。

柿蒂湯は、髙木漢方 (たかぎかんぽう)にて、販売しております。

健康のことや、お薬について、お悩みのときは、お気軽に、ご相談くださいませ。

【創業慶応二年 子宝(不妊症相談)と皮膚病相談なら】
新店名 高木漢方 (たかぎかんぽう)
新住所 横浜市中区石川町5丁目185番地6
  ( 石川町5丁目バス停の前  車橋南交差点の角です。) 
新電話&Fax 045-681-5888              営業時間 11時~19時半
メールの変更はございません。                定休日 金


【行き方】
①JR根岸線 石川町駅南口より徒歩7分。 
元町とは反対方向に、首都高速の高架下(中村川)にそって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。
(石川町駅南口改札前のタクシー利用で2分です。)

②横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。 
改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向に、打越の坂道(山元町、根岸森林公園方面)に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。
又は、駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「103根岸台」に乗って、2番目の「石川町5丁目」のバス停にて降車して、すぐ目の前です。




横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ















下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。



                                

  
[PR]
by yokohama-kampo | 2009-08-01 15:35 | しゃっくり ノドの違和感 口臭

横浜の漢方,髙木漢方がお届けする、漢方薬と健康と散歩のブログ


by yokohama-kampo