自然!天然!元気力!  髙木漢方(たかぎかんぽう)のブログ

herbkampo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:不妊症 不育症 子宝相談 妊活( 18 )

一年中のひどいアレルギー性鼻炎と花粉症と副鼻腔炎が改善して、妊娠出産できました。

花粉症は、春ばかりではなくて、秋の花粉症もございます。

秋は、天候の変化が激しく、風邪やインフルエンザや帯状疱疹や気管支炎や肺炎や喘息なども併発しやすいことから、花粉症なども重症化しやすくなります。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬の使用例

31歳     女性

アレルギー性鼻炎で、鼻づまりがひどくて、口呼吸しかできない。


春と秋の花粉症
慢性の副鼻腔炎。


ノドがイガイガする。
ノドと鼻と耳の中がカユイ。

涙が止まらない。

頭痛もち。
風邪を引きやすい。


妊活中なので、西洋薬は絶対に飲みたくない。

f0135114_15510918.jpg
アレルギー性鼻炎に効いて、ちゃんと妊娠できる漢方薬が欲しくてとご相談にみえた。

漢方的にお見立てさせていただいて、体質を改善するために、数種類の髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をお試しいただいて、1ヶ月後にご来店。


「少し効いている感じがする。」


さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。


「鼻穴から黄緑色の鼻水が、たくさん排出された。」
「危機を脱出したようだ。」


さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。


「頭痛がしなくなった。」
「ノドのイガイガ感が、減ってきた。」
「ノド耳と鼻のカユミも落ち着いてきた。」


さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。


「妊娠した。病院で確認した。」


その後、鼻の漢方薬とお腹の胎児が健やかに育つ効果のある漢方薬をずっと続けて飲んでいただいて、元気な女の子を出産された。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方健康病気相談

妊娠したいときに、胎児に影響があるかもしれない西洋薬を続けたくないと、ご相談を承ることがよくございます。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方薬による体質改善を通して、母体の体調をベストにして、子宝に恵まれるようにお手伝いをしております。

アレルギー性鼻炎や花粉症、副鼻腔炎、蓄のう症、後鼻漏、鼻茸、気管支炎など、鼻とノドのトラブルでお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) では、疲労回復、男性の不妊症、精力回復相談も承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、季節の変わり目の花粉症、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎などの鼻のトラブルの漢方薬療法を得意としております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングを通して漢方の観点から、妊活(不妊症、不育症)でお悩み中のご夫婦の応援を長年しております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、生理痛や排卵痛や月経不順など婦人病 のご相談をたくさん承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)は、「痛み解消の専門店」としても、頑張っております。
酷い頭痛や三叉神経痛の漢方薬療法なども得意としております。


秋の夜長ということからも分かるように、寝不足になることから、自律神経失調症やうつ状態のご相談が増加いたします。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、ゆううつ、ノイローゼ、イライラ、五月病、目まい、ドライアイ、ドライマウス、口臭、耳鳴り、片頭痛、下痢、胃痛、不眠症、自律神経失調症、心臓神経症、PMS、パニック、更年期障害などのご相談を数多く承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、皮膚病のご相談を随時、承っております。


じんましん、にきび、背中のニキビ、おでき、湿疹、吹き出物、掌蹠膿疱症、尋常性乾癬、アトピー性皮膚炎、
酒渣、酒さ様皮膚炎、脂漏性湿疹、脂漏性皮膚炎、汗疱性湿疹、異汗性湿疹などの皮膚のトラブルでお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はよく効くと評判です。


ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。


漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。


ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) まで、お気軽にお越しくださいませ。  

子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店

髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話&お問い合わせ電話   045-681-5888
営業時間   11:00~19:30
定休日
                           


【当店への行き方】


 JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。


元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 を右にみながら、そって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。 (石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)

 横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。

 伊勢佐木長者町駅前バス停より、 根岸台行 市営バス 103 に乗って、二番目のバス停「石川町5丁目」下車スグ目の前です。

駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より、「103 根岸台、103根岸駅 ( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。

石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。



横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ






f0135114_11435525.jpg
f0135114_15254700.jpg

f0135114_19153800.jpg












































下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。


[PR]
by yokohama-kampo | 2018-10-27 15:54 | 不妊症 不育症 子宝相談 妊活


一人目の出産後からつづいていた慢性的な疲労感が、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬のおかげで治って、二人目を授かりました。

当店では、二人目の不妊症や不育症でお悩みの方のご相談も承っております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬の使用例

32歳    女性

3年前に、一人目を出産した。
今、二人目を希望している。

一人目の出産後のいわゆる産後の肥立ちが悪いのか、慢性的な疲労感が続いている。

とにかくすぐに疲れてしまう。
朝になっても、昨日の疲れが抜けない。


眠い感じになる。
末端が冷えて、のぼせやすい。


病院の検査では、軽度の貧血以外は、異常なし。

体調を治して、二人目が欲しいとのことで、ご相談にみえた。

漢方的に見立てると、気虚、血虚、於血、痰湿等の体質が見られたので、それらの悪い体質を改善するために、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をお試しいただいた。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をはじめていただいて、1ヶ月後にご来店。


「朝起きるのが、つらくなくなってきた。」


さらに、髙木漢方の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。


「身体の調子がよくなって、身体の重さがとれた。」
「手足先が温まった。」


さらに、髙木漢方の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。


「尿に妊娠反応があったので、病院にて、妊娠を確認した。」

f0135114_12471043.jpg
安胎のための髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬に切り替えて、続けて飲んでいただいた。

途中、軽いつわりがあったものの、順調にすすんで、とても元気な男の子を授かられた。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方健康子宝相談

子宮は、冷えを嫌う臓器です。

二人目不妊や不育症の場合は、子宮が冷えていることがままあります。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方薬によって子宮を温めて元気にして、子宝に恵まれるようにお手伝いをしております。


何かとお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) では、疲労回復、男性の不妊症、精力回復相談も承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、季節の変わり目の花粉症、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎などの鼻のトラブルの漢方薬療法を得意としております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングを通して漢方の観点から、妊活(不妊症、不育症)でお悩み中のご夫婦の応援を長年しております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、生理痛や排卵痛や月経不順など婦人病 のご相談をたくさん承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)は、「痛み解消の専門店」としても、頑張っております。
酷い頭痛や三叉神経痛の漢方薬療法なども得意としております。


夏は、暑さから熱中症ぎみになったり、寝不足になることから、自律神経失調症やうつ状態のご相談が増加いたします。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、ゆううつ、ノイローゼ、イライラ、五月病、目まい、ドライアイ、ドライマウス、口臭、耳鳴り、片頭痛、下痢、胃痛、不眠症、自律神経失調症、心臓神経症、PMS、パニック、更年期障害などのご相談を数多く承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、皮膚病のご相談を随時、承っております。


じんましん、にきび、背中のニキビ、おでき、湿疹、吹き出物、掌蹠膿疱症、尋常性乾癬、アトピー性皮膚炎、
酒渣、酒さ様皮膚炎、脂漏性湿疹、脂漏性皮膚炎、汗疱性湿疹、異汗性湿疹などの皮膚のトラブルでお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はよく効くと評判です。


ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。


漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。


ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) まで、お気軽にお越しくださいませ。  

子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店

髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話&お問い合わせ電話   045-681-5888
営業時間   11:00~19:30
定休日
                           


【当店への行き方】


 JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。


元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 を右にみながら、そって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。 (石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)

 横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。

 伊勢佐木長者町駅前バス停より、 根岸台行 市営バス 103 に乗って、二番目のバス停「石川町5丁目」下車スグ目の前です。

駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より、「103 根岸台、103根岸駅 ( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。

石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。



横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ






f0135114_11435525.jpg
f0135114_15254700.jpg

f0135114_19153800.jpg





































下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。


[PR]
by yokohama-kampo | 2018-09-24 12:50 | 不妊症 不育症 子宝相談 妊活

2人目不妊でしたが、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬のおかげで、妊娠して出産しました。

36歳   女性

5歳の女の子あり。

2人目を希望しているが、なかなか妊娠しない。


人工授精から、体外受精を5回した。
しばらく、体外受精は休む。


既往症として


子宮内膜症
左卵管癒着
多嚢胞性卵管症候群


寒がり
冷え性
足先が冷えやい


ひどい肩こり

アレルギー性鼻炎もち
口内炎が治らない

早く二人目が欲しいとご夫婦ともに、ご来店いただいた。

数種類の髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をお試しいただいて、1ヶ月後にご来店。


「ジンマシンが出たが、抗ヒスタミン剤で治った。」
「月経が、10日間も続いた。」


さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。


「身体が温まって、体調は良い。」
「月経は、元に戻って、3日で終了した。」


さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。


「口内炎が、減ってきた。」


さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。


「病院にて、妊娠反応を確認した。」

f0135114_14105910.jpg
さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。


「妊娠は、継続している。」


安胎のために、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けて飲んでいただいて、元気な男の子を出産されたと喜びのご連絡をいただいた。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方健康子宝相談

二人目の不妊症や不育症で悩んでいらっしゃるご夫婦が増えています。


体外受精を何度も受けると、母体である女性のお身体の負担は、想像を絶するものがあります。

お身体を休めるためにも、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をお試しください。


なかなか妊娠できないときは、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) では、疲労回復、男性の不妊症、精力回復相談も承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、季節の変わり目の花粉症、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎などの鼻のトラブルの漢方薬療法を得意としております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングを通して漢方の観点から、妊活(不妊症、不育症)でお悩み中のご夫婦の応援を長年しております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、生理痛や排卵痛や月経不順など婦人病 のご相談をたくさん承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)は、「痛み解消の専門店」としても、頑張っております。
酷い頭痛や三叉神経痛の漢方薬療法なども得意としております。


夏は、暑さから熱中症ぎみになったり、寝不足になることから、自律神経失調症やうつ状態のご相談が増加いたします。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、ゆううつ、ノイローゼ、イライラ、五月病、目まい、ドライアイ、ドライマウス、口臭、耳鳴り、片頭痛、下痢、胃痛、不眠症、自律神経失調症、心臓神経症、PMS、パニック、更年期障害などのご相談を数多く承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、皮膚病のご相談を随時、承っております。


じんましん、にきび、背中のニキビ、おでき、湿疹、吹き出物、掌蹠膿疱症、尋常性乾癬、アトピー性皮膚炎、
酒渣、酒さ様皮膚炎、脂漏性湿疹、脂漏性皮膚炎、汗疱性湿疹、異汗性湿疹などの皮膚のトラブルでお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はよく効くと評判です。


ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。


漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。


ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) まで、お気軽にお越しくださいませ。  

子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店

髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話&お問い合わせ電話   045-681-5888
営業時間   11:00~19:30
定休日
                           


【当店への行き方】


 JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。


元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 を右にみながら、そって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。 (石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)

 横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。

 伊勢佐木長者町駅前バス停より、 根岸台行 市営バス 103 に乗って、二番目のバス停「石川町5丁目」下車スグ目の前です。

駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より、「103 根岸台、103根岸駅 ( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。

石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。



横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ






f0135114_11435525.jpg
f0135114_15254700.jpg

f0135114_19153800.jpg































下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。


[PR]
by yokohama-kampo | 2018-08-06 14:12 | 不妊症 不育症 子宝相談 妊活


体外受精がなかなか成功せずに、五回めの体外受精のまえに、漢方薬で体質改善したら、妊娠出産にこぎつけました。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、妊娠出産に結び付くように、体質改善のお手伝いをさせていただいております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬の使用例

33歳     女性

妊活中

人工授精6回は、妊娠しなかった。
過去、4回の体外受精、すべて稽留流産で終わった。


卵巣嚢腫で、片方を摘出手術した。
残っている方の卵管が癒着閉塞している。


冷え性
うつ状態
身体が重い
花粉症
低血圧
不眠症

f0135114_12524860.jpg

次回の体外受精(受精卵は冷凍保存済み)にそなえて、体質改善が必要だと思ってと、ご来店された。

漢方的に見立てると、気虚、血虚、腎虚、於血(おけつ)等の体質が見られたので、それらの悪い体質を改善するために、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をお試しいただいた。

髙木漢方の漢方薬をお試しいただいて、1ヶ月後にご来店。


「手足が温まって、良く眠れるようになった。」
「身体の重さがとれてきた。」


さらに、髙木漢方の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。


「体調が良い。」
「顔色が良くなったと、みんなに言われる。」
「来月はじめに、体外受精をする予定。」


さらに、髙木漢方の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。


「体外受精は、成功して、着床している。」
と喜ばれた。


その後、つわりがあったが、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けながら、妊娠は継続して、とても元気な男の子を出産された。



髙木漢方の漢方健康子宝相談


なかなか妊娠しないときは、漢方薬による体質改善がお役に立つことも多々ございます。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、女性の不妊症と不育症、男性の不妊症などのご相談(無料相談)を承っております。

何かとお悩みの時は、髙木漢方までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


①髙木漢方 (たかぎかんぽう) では、疲労回復、男性の不妊症、精力回復相談も承っております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、季節の変わり目の花粉症、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎などの鼻のトラブルの漢方薬療法を得意としております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングを通して漢方の観点から、妊活(不妊症、不育症)でお悩み中のご夫婦の応援を長年しております。

④髙木漢方(たかぎかんぽう)では、生理痛や排卵痛や月経不順など婦人病 のご相談をたくさん承っております。

⑤髙木漢方(たかぎかんぽう)は、「痛み解消の専門店」としても、頑張っております。
酷い頭痛や三叉神経痛の漢方薬療法なども得意としております。


⑥春は、転勤、転職、新学期などで、不眠症やうつ状態のご相談が増加いたします。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、ゆううつ、ノイローゼ、イライラ、五月病、目まい、ドライアイ、耳鳴り、片頭痛、下痢、胃痛、不眠症、自律神経失調症、心臓神経症、PMS、パニック、更年期障害などのご相談を数多く承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はよく効くと評判です。

ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。


漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。


ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) まで、お気軽にお越しくださいませ。 
 

子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店

髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話&お問い合わせ電話   045-681-5888
営業時間   11:00~19:30
定休日
                           


【当店への行き方】

 JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。


元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 を右にみながら、そって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。 (石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)

 横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。

 伊勢佐木長者町駅前バス停より、 根岸台行 市営バス 103 に乗って、二番目のバス停「石川町5丁目」下車スグです。


駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より、「103 根岸台、103根岸駅 ( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。

石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。



横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ






f0135114_11435525.jpg
f0135114_15254700.jpg












下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。


[PR]
by yokohama-kampo | 2018-03-20 13:09 | 不妊症 不育症 子宝相談 妊活

流産を繰り返していましたが、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬のおかげで、妊娠出産できました。

31歳       女性

結婚2年目、過去に3回流産した。
別に、子宮外妊娠もしたことがある。
現在も妊活中。


寝つきが悪い。
夢が多い。
疲労倦怠感。
花粉症もち。
首のまわりに、プツプツと吹き出物。
貧血気味。
便秘。
脚がむくむ。
月経血に、レバー状のものがまざる。


葉酸を飲んでいる。

ご主人 39歳

精子の運動率がとても悪い。
精子量が、普通の10分の1。

f0135114_13132448.jpg
早く、ちゃんと妊娠したいと、ご相談にみえた。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をはじめて、1ヶ月後にご来店。

「顔色が良くなって、疲れを感じなくなった。」
「月経血が、綺麗な色になった。」
「脚のムクミが減った。」

さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。

「首のプツプツした吹き出物が消えた。」
「気持ちが明るくなった。」

「ご主人の精子の量が、通常の2倍になって運動率も改善された。」

さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。

「妊娠反応が出たので、病院で確認して、妊娠していた。」
と喜ばれた。

その後、流産予防のための髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬に切り替えていただいて、元気な男の子を無事に出産された。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方健康子宝相談

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、不妊症や不育症(繰り返す流産)の漢方薬療法を得意としております。

不妊症や不育症、生理不順、生理痛、排卵痛、更年期、子宮内膜症、子宮腺筋症などでお悩みの時は、髙木漢方までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

①髙木漢方 (たかぎかんぽう) では、疲労回復、男性の不妊症、精力回復相談も承っております。

②髙木漢方(たかぎかんぽう)では、季節の変わり目の風邪を引きやすい方の体質改善を得意としております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングを通して漢方の観点から、妊活(不妊症、不育症)でお悩み中のご夫婦の応援を長年しております

④髙木漢方(たかぎかんぽう)では、生理痛や排卵痛や月経不順など婦人病 のご相談をたくさん承っております。

⑤髙木漢方(たかぎかんぽう)は、「痛み解消の専門店」としても、頑張っております。
酷い頭痛や三叉神経痛の漢方薬療法なども得意としております。


⑥冬は、陽気が減るために、陰陽のバランスが崩れて、不眠症やうつ状態のご相談が増加いたします。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、ゆううつ、ノイローゼ、イライラ、五月病、目まい、ドライアイ、耳鳴り、片頭痛、下痢、胃痛、不眠症、自律神経失調症、心臓神経症、PMS、パニック、更年期障害などのご相談を数多く承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はよく効くと評判です。


ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。

漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。

早めの養生が、あなた様自身を助けます。

ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。


髙木漢方 (たかぎかんぽう) まで、お気軽にお越しくださいませ。  

子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店
髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年  横浜の漢方健康病気相談専門店
住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185 番地6
ご相談電話    045-681-5888
ご相談&お問い合わせメール
info@yokohama-kampo.com
営業時間   11:00~19:30
定休日    金                       




 【行き方】
①JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。 

元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 にそって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。
(石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)


②横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。 

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて車橋のたもとに当店はございます。

又は、駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「103 根岸台、103根岸駅」( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。
石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。


横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ





f0135114_11435525.jpg












下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。


[PR]
by yokohama-kampo | 2018-02-20 13:18 | 不妊症 不育症 子宝相談 妊活
続発性無月経には髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬がいいね。

子宝相談をしているからか、生理が来ないというご相談も増えてきました。

更年期によるものでしたら、閉経まじかなこともあって、月経不順、不世出血などを伴ったりして、だんだんと閉経される場合もあります。

十歳代後半~二十歳台の卵巣形成不全からくる無月経(FSHが高めなどの特徴あり。)などもあり、早発閉経(早期閉経)などにつながります。

原発性無月経などは、生涯にわたって、いちども月経がこないものです。
卵巣が成長しなかったのが原因です。

早発閉経の原因が卵巣が成長しなかったのなら、早めに後天的に育つように体質の改善をすると、月経がはじまることもあります。

日本人女性の初潮は、十二歳が平均です。

続発性無月経とは、生理はあるけれど、何かの原因で、月経が三か月以上に渡ってこないというものです。

続発性無月経の原因は、ストレスとダイエットなどで、卵巣と子宮に問題があるものです。

ストレスなどによって、気滞がうまれ、気滞が化熱して、痰湿や於血(おけつ)を形成し、しばらくすると、腎虚になって、元気な気血水を作り出せなくなって、子宮と卵巣の働きが弱って、無月経になります。

このような場合、一時的に、排卵が止まったり(無排卵性月経になる場合もある。)、生理がこなくなるもので、ホルモンバランスも乱れており、精神的にも疲れています。

続発性無月経では、髙木漢方(たかぎかんぽう)的には、気血水の流れを整えて、補腎していけば、月経は再開することがよくあります。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬の使用例


25歳      女性

月経不順
年に2回くらいしか生理がこない。
1年前に結婚した。
ずっと妊活中。
一度も、妊娠しない。
病院では、子宮発育不全と卵巣機能不全があるといわれた。
生理があるときは、お腹が痛む。
胃腸が弱い。
冷え性。
冷やすとお腹が痛む。

早く、妊娠したいとのことで、ご相談にみえた。

漢方的に見立てると、気虚と血虚と腎虚と於血(おけつ)などの体質がみられたので、それらの悪い体質を改善するために、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をお試しいただいた。

髙木漢方(たかぎかんぽう)漢方薬をお試しいただいて、1ヶ月後にご来店。
「まだ、生理は来ないが、身体が温まって気分がいい。」

さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けていただいて、3か月めに、月経がはじまった。

その次の月に、「妊娠した。」と喜ばれた。

安胎のために、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けていただいた。

軽いつわりなどがあったが、順調に推移して、とても元気な女の子が生まれた。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方健康子宝相談

続発性無月経の方でも、しっかりと養生すれば、妊娠しやすい体質に改善できます。
不妊症や不育症などでお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

何かとお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

①髙木漢方 (たかぎかんぽう) では、疲労回復、男性の不妊症、精力回復相談も承っております。

②髙木漢方では、季節の変わり目の風邪を引きやすい方の体質改善を得意としております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングを通して漢方の観点から、妊活(不妊症、不育症)でお悩み中のご夫婦の応援を長年しております。

④髙木漢方(たかぎかんぽう)では、生理痛や排卵痛や月経不順など婦人病 のご相談をたくさん承っております。

⑤髙木漢方は、「痛み解消の専門店」としても、頑張っております。
酷い頭痛や三叉神経痛の漢方薬療法なども得意としております。

⑥秋は、不眠症やうつ状態のご相談が増加いたします。

髙木漢方では、ゆううつ、ノイローゼ、イライラ、五月病、目まい、ドライアイ、耳鳴り、片頭痛、下痢、胃痛、不眠症、自律神経失調症、心臓神経症、PMS、パニック、更年期障害などのご相談を数多く承っております。

髙木漢方では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はよく効くと評判です。

ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。

漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。

ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) まで、お気軽にお越しくださいませ。  


子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店
髙木漢方   創業慶応二年  横浜の漢方健康病気相談専門店
住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185 番地6
ご相談電話    045-681-5888
ご相談&お問い合わせメール
info@yokohama-kampo.com
営業時間   11:00~19:30
定休日    金                       




 【行き方】
①JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。 

元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 にそって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。
(石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)


②横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。 

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて車橋のたもとに当店はございます。

又は、駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「103 根岸台、103根岸駅」( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。
石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。


横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ



f0135114_11435525.jpg












下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。
[PR]
by yokohama-kampo | 2017-10-10 16:01 | 不妊症 不育症 子宝相談 妊活
妊娠出来ずに悩んでいましたが、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬のおかげで、妊娠出産しました。

不妊症や不育症などでお悩みの場合、ご家族さまからのご紹介も増えてきました。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬の使用例

31歳      女性

結婚3年目。
結婚以来の妊活中。
なかなか妊娠しないので、婦人科でいろいろと検査したが、異常といえるものや病気はない。
ご主人の精子にも何も問題はない。

基礎体温の高温期が安定しない。
冷え性。
胃が弱い。
下痢しやすい。
肩こりがひどい。
眠りが浅い。
引っ越しで、ぎっくり腰になった。
寝汗あり。

当店のお客様である実家のお母さんのすすめで、ご来店になった。

漢方的に見立てると、腎虚と於血(おけつ)と脾気虚と血虚などの体質がみられたので、それらの悪い体質を改善するために、数種類の髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をお試しいただいた。

髙木漢方の漢方薬をお試しいただいて、1ヶ月後にご来店。
「お腹が温まって、身体の調子がいい。」
「高温期が安定してきた。」

さらに髙木漢方の漢方薬を続けていただいて、1ヶ月後にご来店。
「妊娠した。病院でも確かめた。」
と喜ばれた。

さらに、妊娠継続(安胎)のために髙木漢方の漢方薬を続けていただいて、1ヶ月後にご来店。
「軽い、つわりがあった。」

その後、順調に推移して、男の子を授かった。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の子宝のための漢方健康病気相談

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬によって、妊体力を高めましょう。
妊体力とは妊娠して出産するための体力のことです。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、まずは妊体力を高めて、良質な畑である「母体」と種「卵」を育てて、芽をだす「妊娠する。」ことに期待をつなげて、
さらには妊娠を継続させて、元気な赤ちゃんを授かるようにお手伝いをしております。

不妊症と不育症などでお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

①髙木漢方 (たかぎかんぽう) では、疲労回復、男性の不妊症、精力回復相談も承っております。

②髙木漢方では、季節の変わり目の風邪を引きやすい方の体質改善を得意としております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングを通して漢方の観点から、妊活(不妊症、不育症)でお悩み中のご夫婦の応援を長年しております。

④髙木漢方(たかぎかんぽう)では、生理痛や排卵痛や月経不順など婦人病 のご相談をたくさん承っております。

⑤髙木漢方は、「痛み解消の専門店」としても、頑張っております。
酷い頭痛や三叉神経痛の漢方薬療法なども得意としております。

⑥夏は、不眠症やうつ状態のご相談が増加いたします。

髙木漢方では、ゆううつ、ノイローゼ、イライラ、五月病、目まい、ドライアイ、耳鳴り、片頭痛、下痢、胃痛、不眠症、自律神経失調症、心臓神経症、PMS、パニック、更年期障害などのご相談を数多く承っております。

髙木漢方では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はよく効くと評判です。

ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。

漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。

ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) まで、お気軽にお越しくださいませ。  


子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店
髙木漢方   創業慶応二年  横浜の漢方健康病気相談専門店
住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185 番地6
ご相談電話    045-681-5888
ご相談&お問い合わせメール
info@yokohama-kampo.com
営業時間   11:00~19:30
定休日    金                       




 【行き方】
①JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。 

元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 にそって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。
(石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)


②横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。 

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて車橋のたもとに当店はございます。

又は、駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「103 根岸台、103根岸駅」( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。
石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。


横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ



f0135114_11435525.jpg












下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。
[PR]
by yokohama-kampo | 2017-08-21 13:32 | 不妊症 不育症 子宝相談 妊活
子宝相談(不妊症と不育症)と漢方薬について

さまざまなストレスや晩婚化の影響による不妊症と不育症のご相談も増えているように感じます。

女性は、35歳を過ぎると、加齢による卵巣の変性によって、卵の質が低下してなかなか受精しなかったり、
受精卵が子宮内膜に着床しなかったり、着床しても育たなかったりすることがございます。

男性の不妊症も増加しており、不妊症50%は、男性側にあるとされています。
男性の主な不妊症の原因は、精子の運動率の低下と精子の量が少なかったり、精子の奇形が多いなどです。

一般的には、不妊症とは、結婚後、避妊せずにすごして2年間経過しても妊娠しないことをいいます。

不育症とは、妊娠しても流産(稽留流産)を繰り返す習慣性流産のことを指します。

不育症の原因は、卵子の老化と婦人病の罹患と精子の質の低下です。

主な婦人病は、子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫などです。

これらの不妊症と不育症などでお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬がお役に立つことも多々ございます。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬の使用例

36歳     女性
39歳     男性

結婚して、3年目。
なかなか赤ちゃんにめぐまれない。

女性側
結婚前まで、生理不順と肌荒れの治療のために、低用量ピルを7年間服用していた。
結婚後、ピルを止めたが、月経は3ヶ月に一回しかない。
結婚後、流産を3回経験した。
貧血気味。
疲れやすい。
肩こり。
生理痛あり。
病院にて体外受精を2回して、妊娠しなかった。
(2回ともに心音が聞こえなかった。)

男性側
病院の検査で精子の量と運動率にとくに問題なし。
健康診断で、悪玉コレステロールが少し高め。
眼精疲労あり。
目の奥が痛む。

ご夫婦で子宝相談にみえた。

漢方的に見立てると、女性側は、気虚、血虚、腎虚、於血(おけつ)、痰湿の体質がみられた。
男性側は、腎虚、気滞、於血の体質がみられた。

それらの悪い体質を改善するために、ご夫婦に、それぞれの、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を試していただいた。

ご夫婦にそれぞれの髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。

「尿検査薬で、妊娠反応あり。」
「病院にて検査したところ、妊娠を確認した。」
と喜ばれた。

その後、出産までの間、流産予防の髙木漢方の漢方薬をお飲みいただいて、とても元気な女の子を出産された。

髙木漢方の子宝漢方健康相談


なかなか、妊娠しないときは、根本的な体質改善が必要なときもございます。
子宝漢方相談は、いつでも承っております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

①髙木漢方 (たかぎかんぽう) では、疲労回復、精力回復相談も承っております。

②髙木漢方では、季節の変わり目の風邪を引きやすい方の体質改善を得意としております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングを通して漢方の観点から、妊活(不妊症、不育症)でお悩み中のご夫婦の応援を長年しております。

④髙木漢方(たかぎかんぽう)では、生理痛や排卵痛や月経不順など婦人病 のご相談をたくさん承っております。

⑤髙木漢方は、「痛み解消の専門店」としても、頑張っております。
三叉神経痛の漢方薬療法なども得意としております。

⑥夏は、不眠症やうつ状態のご相談が増加いたします。

髙木漢方では、ゆううつ、ノイローゼ、イライラ、五月病、目まい、ドライアイ、耳鳴り、片頭痛、下痢、胃痛、不眠症、自律神経失調症、心臓神経症、PMS、パニック、更年期障害などのご相談を数多く承っております。

髙木漢方では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はよく効くと評判です。

ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。

漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。

ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) まで、お気軽にお越しくださいませ。  


子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店
髙木漢方   創業慶応二年  横浜の漢方健康病気相談専門店
住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185 番地6
ご相談電話    045-681-5888
ご相談&お問い合わせメール
info@yokohama-kampo.com
営業時間   11:00~19:30
定休日    金                       




 【行き方】
①JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。 

元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 にそって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。
(石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)


②横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。 

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて車橋のたもとに当店はございます。

又は、駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「103 根岸台、103根岸駅」( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。
石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。


横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ



f0135114_11435525.jpg












下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。
[PR]
by yokohama-kampo | 2017-07-22 11:54 | 不妊症 不育症 子宝相談 妊活
子宮内膜症と不妊症と不育症と漢方薬

子宮内膜症とは、月経時に排出されるべき子宮内膜が逆流して骨盤内や血管内に入り込んで方々の他臓器に飛び、
入り込んだ先で毎月月経を生じる病気です。

卵巣内に入り込んだ内膜からの月経血で、卵巣が腫れあがったものをチョコレート嚢腫といいます。
生理痛や排卵痛や腹痛やレバー状の月経血が特徴としてあります。

子宮内膜症と似ている病気に子宮腺筋症があります。
子宮腺筋症とは、子宮の筋肉層に内膜が入り込んで筋肉層の中で月経を生じる病気です。
月経時に、激しい生理痛と腹痛があり子宮筋層が腫れあがって子宮が肥大化します。

子宮内膜症と子宮腺筋症に罹患すると生理痛と排卵痛 などや貧血で、生活や仕事に支障が出たり、不妊症と不育症なで悩まされたりいたします。

なぜ不妊になりやすいかといえば、入り込んだ内膜による月経血によって、子宮と卵巣に炎症が発生し続けて子宮が熱を持って腫れたり、臓器どうしの癒着が起きたりするからです。

子宮内膜症でも子宮腺筋症でも髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を使用して体質改善していくと、だんだんと子宮と卵巣の炎症が静まって痛みも無くなって、妊娠出産しやすい体質に変わっていきます。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬の使用例

39歳     女性

結婚 1年半目。
35歳くらいから生理痛が激しく痛むようになった。
生理が始まると、3~4日間は寝込む。
病院で検査をしたら、「重い子宮腺筋症で子宮が肥大している。軽い子宮内膜症もある。自然妊娠はとてもむずかしい。」といわれた。
排卵痛もある。
性交痛もある。
腰痛もち。
ひどい肩こり。
軽い貧血あり。
人工授精6回失敗。
病院からは、体外受精をすすめられている。
ご主人 37歳  精子の量と運動率などには問題なし。

何とかしたくてと、ご相談にみえた。

漢方的に見立てると、気虚、血虚、腎虚、脾虚、気滞、於血(おけつ)などの体質が見られたので、それらの悪い体質を改善するために、
数種類の髙木漢方の漢方薬をお試しいただいた。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をお試しいただいて、一か月後にご来店。
「月経血の中にレバー状のものがたくさん排出された。」
「下のお腹が少しへ込んだ。」

さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けていただいて一か月後にご来店。
「生理痛が半分くらいに減った感じがする。」
「今回生理の月経血はサラサラしていた。」

さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けていただいて一か月後にご来店。
「生理痛と排卵痛がともに減って楽になってきた。鎮痛薬を飲まなくても大丈夫になった。」
「腰痛も自然に無くなって来た。」

さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けていただいて一か月後にご来店。
「自然妊娠した。病院で確認した。」
「髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬は効果があったので、今度は流産予防の漢方薬を飲みたい。」
と喜ばれた。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の秋の漢方健康病気相談


髙木漢方では、不妊症と不育症のご相談には、とくに力を入れております。
不妊症と不育症の原因にはさまざまなものがありますが、子宮腺筋症と子宮内膜症も不妊の原因になります。
他には、高プロラクチン血症や子宮筋腫なども原因としては考えられます。

もちろん、男性側にも原因はあって、精子の量が少なかったり、精子の奇形が多かったり、精子の運動率が悪かったりすることも不妊の原因になりますね。

不妊症や不育症などでお悩みの時は、髙木漢方までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

①髙木漢方 (たかぎかんぽう) では、疲労回復、精力回復、秋バテ相談も承っております。

秋バテになると、体力、気力、精力、免疫力などの生命力が低下して、突然の狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、帯状疱疹、三叉神経痛、脚のムクミなどに襲われやすくなります。
髙木漢方では、早めの予防対策をお勧めしております。

②髙木漢方では、季節の変わり目の風邪を引きやすい方の体質改善を得意としております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングを通して漢方の観点から、妊活(不妊症、不育症)でお悩み中のご夫婦の応援を長年しております。

④髙木漢方(たかぎかんぽう)では、生理痛や排卵痛や月経不順など婦人病 のご相談をたくさん承っております。

⑤髙木漢方は、「痛み解消の専門店」としても、頑張っております。

⑥秋は、不眠症のご相談が増加いたします。
髙木漢方では、ゆううつ、ノイローゼ、イライラ、五月病、目まい、ドライアイ、耳鳴り、片頭痛、下痢、胃痛、不眠症、自律神経失調症、PMS、パニック、更年期障害などのご相談を数多く承っております。

髙木漢方では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はよく効くと評判です。

ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。

漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。

ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) まで、お気軽にお越しくださいませ。  


子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店
髙木漢方   創業慶応二年  横浜の漢方健康病気相談専門店
住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話    045-681-5888
ご相談&お問い合わせメール
info@yokohama-kampo.com
営業時間   11:00~19:30
定休日    金                       



 【行き方】
①JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。 

元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 にそって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。
(石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)


②横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。 

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて車橋のたもとに当店はございます。

又は、駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「103 根岸台、103根岸駅」( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。
石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。


横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ



f0135114_10382437.jpg












下記のインタ レストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。
[PR]
by yokohama-kampo | 2016-11-02 14:31 | 不妊症 不育症 子宝相談 妊活
不妊症と不育症と妊活と漢方薬

常日頃、不妊症のご相談を承っていると流産をなんども繰り返すという「不育症」でお悩みのご夫婦がとても多いことに気づきます。

不育症は原因不明の「稽留流産」がほとんどを占めます。

漢方的には不育症は、子宮や卵巣の元気不足が見られる場合と精子の元気不足によって受精卵が発育を止めてしまう場合などが考えられます。

精子と卵子が元気で、赤ちゃんのベットとなる子宮の状態が良ければ、妊娠から出産に結び付く可能性があります。

私の経験では、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を飲み続けて生まれた赤ちゃんは髪の毛かふさふさで肌がとても綺麗な場合ばかりですし、お母さんの母乳の出も良好です。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬の使用例


30歳       女性    事務職

結婚3年目。
流産を繰り返している。
1か月前に、5回めの流産をした。
不眠症。
目覚めも悪い。
夢が多い。
花粉症あり。
貧血ぎみ。
立ちくらみする。
肩こりと首こりがひどい。
便秘ぎみ。
下痢することもある。
脚が浮腫みやすい。
葉酸をのんでいる。

何とか、妊娠出産したいとご相談にみえた。

漢方的にみたてると、気虚、血虚、脾虚、腎虚、気滞などの体質が見られたので、それらの悪い体質を改善するために、数種類の髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を飲んでいただいた。

※ご主人様(37歳)の精子の運動率も悪いとのことで、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を飲んでいただいた。

髙木漢方の漢方薬を試していただいて、一か月後にご来店。
「手足が温まって、顔色が良くなってきた。」
「レバー状の月経が無くなって、綺麗な月経血になった。」

さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けて一か月後にご来店。
「肩と首がこらなくなって、グッスリと寝られるようになった。」

さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けて一か月後にご来店。
「妊娠した。病院で確認した。」

さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けて一か月後にご来店。
「つわりがひどい。」

※つわりのための漢方薬で、収まった。

さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けて元気な女の子を出産された。
「母乳が良く出る。」
「やっと授かれた。」
と喜ばれた。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の秋の漢方健康病気相談

髙木漢方では子宝相談と皮膚相談にとくに力を入れております。
不妊症、不育症などでお悩みの時は髙木漢方までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

①髙木漢方 (たかぎかんぽう) では、疲労回復、精力回復、秋バテ相談も承っております。

秋バテになると、体力、気力、精力、免疫力などの生命力が低下して、突然の狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、帯状疱疹、三叉神経痛、脚のムクミなどに襲われやすくなります。
髙木漢方では、早めの予防対策をお勧めしております。

②髙木漢方では、季節の変わり目の風邪を引きやすい方の体質改善を得意としております。

髙木漢方では、漢方カウンセリングを通して漢方の観点から、妊活(不妊症、不育症)でお悩み中のご夫婦の応援を長年しております。

④髙木漢方では、生理痛や排卵痛や月経不順など婦人病 のご相談をたくさん承っております。

⑤髙木漢方は、「痛み解消の専門店」としても、頑張っております。

⑥秋は、不眠症のご相談が増加いたします。
髙木漢方では、ゆううつ、ノイローゼ、イライラ、五月病、目まい、ドライアイ、耳鳴り、片頭痛、下痢、胃痛、不眠症、自律神経失調症、PMS、パニック、更年期障害などのご相談を数多く承っております。

髙木漢方では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はよく効くと評判です。

ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。

漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。

ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) まで、お気軽にお越しくださいませ。  


子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店
髙木漢方   創業慶応二年  横浜の漢方健康病気相談専門店
住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話    045-681-5888
ご相談&お問い合わせメール
info@yokohama-kampo.com
営業時間   11:00~19:30
定休日    金                       



 【行き方】
①JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。 

元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 にそって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。
(石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)


②横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。 

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて車橋のたもとに当店はございます。

又は、駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「103 根岸台、103根岸駅」( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。
石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。


横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ



f0135114_10382437.jpg












下記のインタ レストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。













   
[PR]
by yokohama-kampo | 2016-10-05 15:44 | 不妊症 不育症 子宝相談 妊活

横浜の漢方,髙木漢方がお届けする、漢方薬と健康と散歩のブログ


by yokohama-kampo