自然!天然!元気力!  髙木漢方(たかぎかんぽう)のブログ

herbkampo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:前立腺肥大症 前立腺がん( 2 )


前立腺肥大症に伴う夜間の頻尿が、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬のおかげで、改善してきました。


男性の更年期障害の中に、前立腺肥大症という疾患がございます。
膀胱の下に尿道を包む込む感じに前立腺が存在します。


50歳を過ぎるころから、前立腺は少しずつ肥大化して、硬化していきます。
そのために、膀胱が刺激されて、夜間の頻尿が起きるようになります。

悪化すると、昼間の頻尿にも悩まされるようになります。

前立腺肥大症と前立腺がんは、別々の病気です。


前立腺特異抗原「PSA」という指標があって、PSAが、11を超えると、前立腺がんの疑いが出てきます。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬の使用例


70歳        男性


夜間の頻尿(2時間おきに目が覚める。)に悩まされている。


肩こり。
下半身が冷えやすい。
足腰がだるい。
不整脈あり。
不眠症。


病院の検査では、前立腺肥大症といわれている。
PSA 10.1
病院からの薬は、睡眠薬と前立腺の薬を処方されている。


頻尿を治したくてと、ご相談にみえた。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をはじめていただいて、1ヶ月後にご来店。


「あまり変化なし。」


さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けていただいて、1ヶ月後にご来店。


「下半身の冷えが、改善して少し温まってきた。」


さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けていただいて、1ヶ月後にご来店。


「夜間の頻尿は変化なし。」
「足腰のだるさがとれてきた。」


さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けていただいて、1ヶ月後にご来店。


「肩のこりが、とても軽くなった。」
「夜間の頻尿だが、夜間に一回しか起きない日が、少しずつ出てきた。」


さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けていただいて、1ヶ月後にご来店。


「病院の検査で、PSAが、9.5になり、若干下がってきた。」
「髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬は、効いているので、しばらくは続けたい。」
と喜ばれた。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方健康病気相談

髙木漢方では、男性の更年期障害のご相談も承っております。


男性の更年期障害がはじまると、男性ホルモンのバランスの乱れによって、自律神経が失調しやすくなることによって、精神不安、パニック症候群、うつ病、肩こり、腰痛、下肢のだるさ、イライラする、前立腺肥大症、夜間頻尿、残尿感、カスミ目、頭重、頭痛、耳鳴り、高血圧症、不整脈などのさまざまな症状が発生するようになります。

三十歳後半からの若年性更年期から、五十歳台の本格的な更年期、そして、七十歳になっても症状がでるのが特徴です。


前立腺肥大症をはじめとして、何かとお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

①髙木漢方 (たかぎかんぽう) では、疲労回復、男性の不妊症、精力回復相談も承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、季節の変わり目の花粉症、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎などの鼻のトラブルの漢方薬療法を得意としております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングを通して漢方の観点から、妊活(不妊症、不育症)でお悩み中のご夫婦の応援を長年しております。


④髙木漢方(たかぎかんぽう)では、生理痛や排卵痛や月経不順など婦人病 のご相談をたくさん承っております。


⑤髙木漢方(たかぎかんぽう)は、「痛み解消の専門店」としても、頑張っております。
酷い頭痛や三叉神経痛の漢方薬療法なども得意としております。


春は、転勤、転職、新学期などで、不眠症やうつ状態のご相談が増加いたします。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、ゆううつ、ノイローゼ、イライラ、五月病、目まい、ドライアイ、ドライマウス、口臭、耳鳴り、片頭痛、下痢、胃痛、不眠症、自律神経失調症、心臓神経症、PMS、パニック、更年期障害などのご相談を数多く承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、皮膚病のご相談を随時、承っております。


じんましん、にきび、背中のニキビ、おでき、湿疹、吹き出物、掌蹠膿疱症、尋常性乾癬、アトピー性皮膚炎、
酒渣、酒さ様皮膚炎、脂漏性湿疹、脂漏性皮膚炎、汗疱性湿疹、異汗性湿疹などの皮膚のトラブルでお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はよく効くと評判です。


ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。


漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。


ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) まで、お気軽にお越しくださいませ。  

子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店

髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話&お問い合わせ電話   045-681-5888
営業時間   11:00~19:30
定休日
                           


【当店への行き方】


 JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。


元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 を右にみながら、そって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。 (石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)

 横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。

 伊勢佐木長者町駅前バス停より、 根岸台行 市営バス 103 に乗って、二番目のバス停「石川町5丁目」下車スグ目の前です。

駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より、「103 根岸台、103根岸駅 ( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。

石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。



横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ






f0135114_11435525.jpg
f0135114_15254700.jpg
f0135114_11482271.jpg











下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。






[PR]
by yokohama-kampo | 2018-05-15 16:15 | 前立腺肥大症 前立腺がん
前立腺肥大症と前立腺がんの予防と漢方薬

前立腺肥大症と前立腺がんは、同時に発生することが多い病気です。
どちらも68歳以降の男性になると普通に見られる病気です。

前立腺肥大症とは、男性にしかない前立腺が、加齢とともに肥大する病気のことで、前立腺が膀胱の下に位置していることから、頻尿、残尿感、夜間尿などを引き起こし、重症になると、尿閉になってしまいます。

前立腺がんとは、前立腺が、不規則にがん化する病気のことで、はじめのうちは、前立腺肥大症と同じ症状がでますが、そのうちに、血尿や骨への転移による腰痛や肺転移による咳などがみられるようになり、日本では、年間 12,000人前後の方が命をうしなっています。

前立腺がんがあるかどうかの目安として、腫瘍マーカーである前立腺特異抗原 「 PSA 」 があります。

PSAの値が、10 ng/mL以上だと前立腺がんのリスクがあります。
20 ng/mL以上だと高リスクになります。

前立腺がんの進行は、他のがんに比べると、ゆっくりとしていますし、
近年では、あまり心配のいらないタイプ ( ラテントがん ) があることも分かってきました。

前立腺がんの発生要因とされてきた男性ホルモンは、いまのところ疫学的研究では証明されていません。
タンパク質の一種である 「 I G Fー1」がリスクが高くなる要因だと推定されています。

前立腺がんになるリスクのある食事は、肉、脂肪、乳製品、カルシウムなどです。

逆に予防する食事は、大豆、コーヒー、野菜、リコピン、セレン、ビタミンEなどです。

前立腺肥大症は、漢方薬の服用で、頻尿や残尿感や夜間尿などの不快な症状が軽減されることがしばしばございます。

漢方薬単独で、前立腺がんそのものを消すことはできませんが、頻尿や残尿感や夜間尿や血尿や腰痛などが軽減することもございます。

前立腺がんにおいては、漢方薬は、手術や放射線治療やホルモン治療などと併用することで、真価をより発揮できるかもしれません。

髙木漢方の漢方薬の使用例

61歳     男性    

1年前の冬に、小便の出か悪くなり、尿道が詰まった感じと残尿感に悩まされるようになり、病院を受診した。
前立腺肥大症と診断され、ホルモン療法を受けた。

副作用として、女性化乳房と足のムクミが出たので、3ヶ月前から止めている。

近頃、また小便の出が悪くなってきたのて、ご相談にみえた。

漢方的に見立てると、腎虚と 於血( おけつ ) などの体質があったので、それらの悪い体質を改善するために、当店の漢方薬を飲んでいただいた。

当店の漢方薬をはじめて、一か月後にご来店。
「小便の出が改善された。」

さらに、一か月後にご来店。
「残尿感はまったくなくなり、小便の勢いがさらに良くなった。」
「なぜか夜も元気になった。」
「元気になることをめざして、漢方薬は続けたい。」
と喜ばれた。

髙木漢方の漢方健康病気相談

前立腺肥大症や慢性前立腺炎や前立腺がんなどでお悩みの方は、髙木漢方までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


髙木漢方では、漢方カウンセリングをしてから、漢方薬をお選びしております。

髙木漢方の漢方薬はよく効くと評判です。

ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。

漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。

ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方まで、お気軽にお越しくださいませ。


子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店
髙木漢方   創業慶応二年  横浜の漢方健康病気相談専門店
住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話    045-681-5888
ご相談&お問い合わせメール
info@yokohama-kampo.com
営業時間   11:00~19:30
定休日    金                       




 【行き方】
①JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。 

元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 にそって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。
(石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)


②横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。 

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて車橋のたもとに当店はございます。

又は、駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「103 根岸台」( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。
石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。


横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ


f0135114_12454171.jpg
f0135114_16303618.jpg










下記のインタ レストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。
[PR]
by yokohama-kampo | 2015-10-12 12:42 | 前立腺肥大症 前立腺がん

横浜の漢方,髙木漢方がお届けする、漢方薬と薬草と散歩のブログ


by yokohama-kampo