人気ブログランキング |

自然!天然!元気力!  髙木漢方(たかぎかんぽう)のブログ

herbkampo.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

横浜は、今日も雨模様でした。

梅雨どきは、汗が気持ちよく発汗出来ないために、体温の調節が出来ずらくなります。

赤ちゃんやお年寄り、病気の重い方は、梅雨時の「熱中症(ねっちゅうしょう)」にご注意ください。

ウイルスの活動も活発化する時期でもあります。

今年も、風邪や各種のウイルス予防と対策に、「当店の板藍茶(ばんらんちゃ)と板藍のど飴」は大活躍です。

風疹が大流行していると報道されていましたね。

風疹とは、いわゆる、三日はしかウイルスによる感染症のことです。

子供のときに、普通は罹るのですが、まれに、大人になって罹患すると重症化して、全身の発疹と関節痛と発熱などで、2週間くらいの安静が必要になります。

万が一に、妊婦さんが罹ると、赤ちゃんが先天性風疹症候群になることがあり、難聴や目の白内障や心疾患や精神発達障害などが起きることがございます。

f0135114_18513160.jpg


水虫も、これからの時期、ジメジメした梅雨や夏が大好きです。

水虫予防には、毎日、お風呂に入って、体を洗うことはもちろん、しっかりと発汗することも大切です。
そして、肌着は毎日交換すること。
水虫箇所のお手入れは欠かさないこと。

水虫に罹ったら、漢方薬の水虫薬も効果があります。
当店にある華佗膏(かだこう)をお試しあれ。
効き目に驚きます。

ジメジメを吹き飛ばす漢方薬としては、その名もズバリ「イスクラ勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)」があります。

梅雨時になると、体が重い方、体がだるい方、体臭の気になる方、食欲のなくなる方、下痢しやすい方などは、このイスクラ勝湿顆粒をお試しあれ。
お体が軽くなり楽になります。

f0135114_183968.jpg


梅雨時になると、風邪を引く方、のどが痛む方、せき込む方、熱っぽく腫れぼったくなる方、赤い湿疹が出る方などは、体に余分な熱がたまっている証拠です。
こんなときは、当店にあるイスクラ天津感冒片をお試しあれ。
余分な熱を発散させて、お体が楽になりますよ。

ご相談&漢方カウンセリングは、無料です。

お気軽におこしくださいませ。

【創業慶応二年 横浜の漢方健康病気相談専門店】
新店名  高木漢方   (たかぎかんぽう)
新住所  横浜市中区石川町5丁目185番地6  
新ご相談&お問い合わせ電話   045-681-5888
お問い合わせメール    info@yokohama-kampo.com
営業時間      11:00~19:30  
定休日        金曜         (土曜と日曜も、営業しております。)


【行き方】
①JR根岸線 石川町駅 元町口(南口)より徒歩7分。
元町とは反対方向に、首都高速の高架下(中村川)にそって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。
(石川町駅南口改札前のタクシー利用で2分です。)

②横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。 
改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向に、打越の坂道(山元町、根岸森林公園方面)に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。

又は、駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「103根岸台」に乗って、2番目の「石川町5丁目」のバス停にて降車して、すぐ目の前です。





横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ

















下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。
by yokohama-kampo | 2013-06-21 18:32 | 漢方薬

髙木漢方の店主がお届けする、漢方薬と健康と散歩のブログ


by yokohama-kampo