自然!天然!元気力!  髙木漢方(たかぎかんぽう)のブログ

herbkampo.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

首と背中に出来た大きなオデキが、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬のおかげで治りました。  


ニキビとかオデキとか粉瘤などの皮膚のトラブルは、夏には多いようですね。

夏の三大不調とは


⒈ 夏は、心に熱を持ちやすくなるためか、口が苦くなったり、口内炎が治らなかったり、眠りが浅くなって、不安、不眠に悩むことがあります。


⒉ 水分の摂りすぎから、下痢、腹痛、頭痛、頭重、身体が浮腫んて゛重くなりやすくなります。


⒊ 暑さから、身体がオーバーヒートぎみになり、動悸、息切れ、疲労がかさんだり、胃がつかえて食欲が低下しやすくなります。


これらの夏の三大不調は、秋に持ち越さずに、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬の使用例

48歳    女性

首と背中に大きなオデキが出来ている。

病院では、切らないと治らないといわれたので、とりあえず保留にしてもらった。

このオデキは、漢方薬で何とか治らないかと、ご相談にみえた。

漢方的に見立ててみると、湿熱、於血等の体質が見られたので、それらの悪い体質を改善するために、

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を2週間分ほど、お試しいただいた。

お試しいただいて、2週間後にご来店。


「首と背中も両方とも、すっかり、綺麗になりました。」
と喜ばれた。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方健康病気相談

夏は、皮膚のトラブルが発生しやすくなります。

オデキ、ニキビ、大人ニキビ、粉瘤、湿疹、皮膚炎など、何かとお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) では、疲労回復、男性の不妊症、精力回復相談も承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、季節の変わり目の花粉症、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎などの鼻のトラブルの漢方薬療法を得意としております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングを通して漢方の観点から、妊活(不妊症、不育症)でお悩み中のご夫婦の応援を長年しております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、生理痛や排卵痛や月経不順など婦人病 のご相談をたくさん承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)は、「痛み解消の専門店」としても、頑張っております。
酷い頭痛や三叉神経痛の漢方薬療法なども得意としております。


夏は、暑さから熱中症ぎみになったり、寝不足になることから、自律神経失調症やうつ状態のご相談が増加いたします。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、ゆううつ、ノイローゼ、イライラ、五月病、目まい、ドライアイ、ドライマウス、口臭、耳鳴り、片頭痛、下痢、胃痛、不眠症、自律神経失調症、心臓神経症、PMS、パニック、更年期障害などのご相談を数多く承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、皮膚病のご相談を随時、承っております。


じんましん、にきび、背中のニキビ、おでき、湿疹、吹き出物、掌蹠膿疱症、尋常性乾癬、アトピー性皮膚炎、
酒渣、酒さ様皮膚炎、脂漏性湿疹、脂漏性皮膚炎、汗疱性湿疹、異汗性湿疹などの皮膚のトラブルでお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はよく効くと評判です。


ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。


漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。


ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) まで、お気軽にお越しくださいませ。  

子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店

髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話&お問い合わせ電話   045-681-5888
営業時間   11:00~19:30
定休日
                           


【当店への行き方】


 JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。


元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 を右にみながら、そって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。 (石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)

 横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。

 伊勢佐木長者町駅前バス停より、 根岸台行 市営バス 103 に乗って、二番目のバス停「石川町5丁目」下車スグ目の前です。

駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より、「103 根岸台、103根岸駅 ( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。

石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。



横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ






f0135114_11435525.jpg
f0135114_15254700.jpg

f0135114_19153800.jpg


































下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。


[PR]
by yokohama-kampo | 2018-08-31 14:19 | にきび・おでき・吹き出もの


今日は、イスクラ冠元顆粒(かんげんかりゅう)という漢方薬をご紹介いたします。  


イスクラ冠元顆粒は、中年期以降の方、または、高血圧傾向のある方の体質改善のための漢方薬です。


漢方でいう『於血(おけつ)』の体質を改善する代表的な漢方薬です。


於血の体質があれば、使用することはできますが、使用する前には専門家にご相談くださいませ。


イスクラ冠元顆粒の効能効果は、「中年以降または高血圧傾向のあるものの次の諸症:  頭痛、頭重、肩こり、めまい、動悸」です。


成人 (15歳以上)は、一回に1包、1日に3回、食前又は食間にお水にてお飲みください。


服用量と服用回数は、体質と症状に合わせて加減するといいでしょう。

f0135114_12101426.jpg
漢方でいう於血の体質によくみられる症状


①生理痛がひどい。
②月経血が赤黒くレバーのような塊がまじることがある。
③肩こりまたは首こりがひどく、頭痛を伴うことも多い。
④舌の色が暗紫色、または暗紫色の斑点がある。
⑤唇や歯茎の色が黒っぽい。
⑥顔色がくすんでいる。
⑦肌に艶がなく、かさついている。
⑧シミやそばかすが多い。
⑨アザができやすい。
⑩便色が黒っぽい。
⑪身体のどこかに針で刺したような鋭い痛みがある。
⑫内臓にポリープができたことがある。
⑬痔がある。
⑭子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣嚢腫がある。
⑮胸痛または動悸または不整脈がある。
⑯腹痛、または、わき腹痛がある。
⑰腰痛持ち。
⑱腫瘍がある。
⑲糖尿病である。
⑳脳梗塞がある。
㉑狭心症または心筋梗塞がある。
㉒認知症である。


以上の中に、ひとつでも当たれば、於血 (おけつ) の体質です。

f0135114_12090352.jpg
髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方健康病気相談

イスクラ冠元顆粒は、「血管力(けっかんりょく)」を高めて、身体に張り巡らされている「毛細血管を回復し丈夫」にします。

毛細血管の長さは地球2周半(約10万キロ)とも言われ、全身の血管の95%にあたります。

漢方では、健康維持のために血管力について、血管だけではなく、血液の量、質、流れる力も含めて重要と捉えています。


血管の弾力性が足りていなければ、身体のすみずみまで栄養や酸素を送ることが出来ません。

また、コレステロールや中性脂肪、血糖値などが高く血液がドロドロになると、流れも悪くなります。


血液が流れにくい於血の状態が続くと、健康寿命に悪影響が出てきます。


お客様から、コレステロールの薬は飲んでいるというお話しをお聞きしますが、実際は、コレステロールが下がっても健康寿命は伸びてはいません。


なぜでしょうか。


それは、血管力が回復していないからです。


血管力を回復させるためには、イスクラ冠元顆粒のような漢方薬が必要になる場合もございます。


イスクラ冠元顆粒には、他に同じような内容の漢方薬がありますが、私の経験からいえば、内容が同じように見えても効き目がぜんぜん違います。


イスクラ冠元顆粒は、先発品であって、他の類似商品は後発医薬品(ジェネリック)です。


イスクラ冠元顆粒をお試しになりたいときは、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


イスクラ冠元顆粒は、髙木漢方(たかぎかんぽう)の店頭にて販売しております。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) では、疲労回復、男性の不妊症、精力回復相談も承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、季節の変わり目の花粉症、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎などの鼻のトラブルの漢方薬療法を得意としております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングを通して漢方の観点から、妊活(不妊症、不育症)でお悩み中のご夫婦の応援を長年しております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、生理痛や排卵痛や月経不順など婦人病 のご相談をたくさん承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)は、「痛み解消の専門店」としても、頑張っております。
酷い頭痛や三叉神経痛の漢方薬療法なども得意としております。


夏は、暑さから熱中症ぎみになったり、寝不足になることから、自律神経失調症やうつ状態のご相談が増加いたします。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、ゆううつ、ノイローゼ、イライラ、五月病、目まい、ドライアイ、ドライマウス、口臭、耳鳴り、片頭痛、下痢、胃痛、不眠症、自律神経失調症、心臓神経症、PMS、パニック、更年期障害などのご相談を数多く承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、皮膚病のご相談を随時、承っております。


じんましん、にきび、背中のニキビ、おでき、湿疹、吹き出物、掌蹠膿疱症、尋常性乾癬、アトピー性皮膚炎、
酒渣、酒さ様皮膚炎、脂漏性湿疹、脂漏性皮膚炎、汗疱性湿疹、異汗性湿疹などの皮膚のトラブルでお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はよく効くと評判です。


ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。


漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。


ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) まで、お気軽にお越しくださいませ。  

子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店

髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話&お問い合わせ電話   045-681-5888
営業時間   11:00~19:30
定休日
                           


【当店への行き方】


 JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。


元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 を右にみながら、そって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。 (石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)

 横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。

 伊勢佐木長者町駅前バス停より、 根岸台行 市営バス 103 に乗って、二番目のバス停「石川町5丁目」下車スグ目の前です。

駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より、「103 根岸台、103根岸駅 ( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。

石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。



横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ






f0135114_11435525.jpg
f0135114_15254700.jpg

f0135114_19153800.jpg


































下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。


[PR]
by yokohama-kampo | 2018-08-26 12:17 | イスクラ冠元顆粒


水疱を伴いカユクなる手湿疹が、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬のおかげで改善してきました。


手湿疹は、女性に多い皮膚疾患ですが、美容師さん等の場合は、男性にもみられます。

夏前から、秋にかけては、手湿疹は悪化しやすいといわれています。

髙木漢方(たかぎかんぽう)では、手湿疹にたいする漢方薬療法を得意としております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬の使用例


36歳      女性

毎年、夏になると、手湿疹が悪化する。


今年は、6月から酷くなりはじめた。


両手の平に、水疱が出来たりして、ガサガサして荒れて、痒くなる。
日夜とわず、猛烈にカユクなるときがある。


病院では、水虫ではないとして、ステロイド配合のぬり薬を処方されている。
まったく治らない。


夏になっても、汗はあまりかかない
なかなか寝付けないし、目が覚めい


耳鳴り
難聴
立ちくらみ


腹部膨満感がある
口の中が苦い
少食

f0135114_15021663.jpg

カユミだけでも何とかならないかと、ご相談にみえた。


漢方的に見立てると、心火旺、肝胆鬱血、痰湿、痰飲、於血等の体質が見られたので、それらの悪い体質を改善するために、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をお試しいただいた。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をお試しいただいて、1ヶ月後にご来店。


「手の平のカユミが引いて来た。」
「手荒れが治ってきた。」


さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。


「両手の平のカユミが、ほどんど消えた。」
「左の人差し指を除いて、手荒れが治って、綺麗な皮膚になった。」


「髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はとても良く効いたので、完治するまで続けたい。」
と喜ばれた。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方健康皮膚病相談


手湿疹は、ただ単に、皮膚の病気ではなくて、内臓の弱りや乱れが原因のこともございます。

手湿疹など、皮膚病がなかなか治らないときは、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) では、疲労回復、男性の不妊症、精力回復相談も承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、季節の変わり目の花粉症、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎などの鼻のトラブルの漢方薬療法を得意としております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングを通して漢方の観点から、妊活(不妊症、不育症)でお悩み中のご夫婦の応援を長年しております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、生理痛や排卵痛や月経不順など婦人病 のご相談をたくさん承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)は、「痛み解消の専門店」としても、頑張っております。
酷い頭痛や三叉神経痛の漢方薬療法なども得意としております。


夏は、暑さから熱中症ぎみになったり、寝不足になることから、自律神経失調症やうつ状態のご相談が増加いたします。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、ゆううつ、ノイローゼ、イライラ、五月病、目まい、ドライアイ、ドライマウス、口臭、耳鳴り、片頭痛、下痢、胃痛、不眠症、自律神経失調症、心臓神経症、PMS、パニック、更年期障害などのご相談を数多く承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、皮膚病のご相談を随時、承っております。


じんましん、にきび、背中のニキビ、おでき、湿疹、吹き出物、掌蹠膿疱症、尋常性乾癬、アトピー性皮膚炎、
酒渣、酒さ様皮膚炎、脂漏性湿疹、脂漏性皮膚炎、汗疱性湿疹、異汗性湿疹などの皮膚のトラブルでお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はよく効くと評判です。


ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。


漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。


ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) まで、お気軽にお越しくださいませ。  

子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店

髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話&お問い合わせ電話   045-681-5888
営業時間   11:00~19:30
定休日
                           


【当店への行き方】


 JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。


元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 を右にみながら、そって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。 (石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)

 横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。

 伊勢佐木長者町駅前バス停より、 根岸台行 市営バス 103 に乗って、二番目のバス停「石川町5丁目」下車スグ目の前です。

駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より、「103 根岸台、103根岸駅 ( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。

石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。



横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ






f0135114_11435525.jpg
f0135114_15254700.jpg

f0135114_19153800.jpg

































下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。


[PR]
by yokohama-kampo | 2018-08-21 15:08 | 蕁麻疹 湿疹 カユミ


前立腺肥大症に伴うPSAの値が、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬のおかげで、改善してきました。

前立腺がんの腫瘍マーカーとして、PSA(前立腺特異抗原)というものがあります。

前立腺がんになると、PSAの値が高くなります。


PSAの値が、11超になると危険域ですね。


前立腺肥大症になると、このPSAの値も上昇しはじめて、頻尿、残尿感、夜間尿などに悩まされるようになります。

前立腺肥大症は、男性の更年期障害のひとつです。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬の使用例

62歳       男性

前立腺肥大症に伴うPSA値がだんだんと上昇している。

今のPSAは、21である。


病院では、生検など、精密検査をしたが、前立腺がんではなかったが、心配である。

自覚症状としては、下腹部の違和感、夜間尿、頻尿、小便の切れが悪い。

f0135114_13125443.jpg

どうにかならないかと、ご相談にみえた。

数種類の髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をお試しいただいて、1ヶ月後にご来店。

「髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をお試しいただいて、1ヶ月後にご来店。、16まで下がった。少し、安心できた。」


さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。


「PSAの値に変化なし。」


さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。


「PSAの値が、また上がって、16.5になった。」


さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。


「PSAの値が今度は下がって、12になった。」

「髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬は、効いているので、このまま続けたい。」
と喜ばれた。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方健康病気相談

女性には子宮がありますが、男性の子宮にあたる器官が、前立腺だといわれています。


加齢によって、前立腺は肥大化して、繊維化して、固くなり、前立腺肥大症、また一部の人は前立腺がんを発症します。


長生きした男性は、前立腺肥大症にはなるので、漢方薬で養生することは大昔より行われてきました。


前立腺肥大症などでお悩みの時は、髙木漢方までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


髙木漢方 (たかぎかんぽう) では、疲労回復、男性の不妊症、精力回復相談も承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、季節の変わり目の花粉症、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎などの鼻のトラブルの漢方薬療法を得意としております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングを通して漢方の観点から、妊活(不妊症、不育症)でお悩み中のご夫婦の応援を長年しております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、生理痛や排卵痛や月経不順など婦人病 のご相談をたくさん承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)は、「痛み解消の専門店」としても、頑張っております。
酷い頭痛や三叉神経痛の漢方薬療法なども得意としております。


夏は、暑さから熱中症ぎみになったり、寝不足になることから、自律神経失調症やうつ状態のご相談が増加いたします。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、ゆううつ、ノイローゼ、イライラ、五月病、目まい、ドライアイ、ドライマウス、口臭、耳鳴り、片頭痛、下痢、胃痛、不眠症、自律神経失調症、心臓神経症、PMS、パニック、更年期障害などのご相談を数多く承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、皮膚病のご相談を随時、承っております。


じんましん、にきび、背中のニキビ、おでき、湿疹、吹き出物、掌蹠膿疱症、尋常性乾癬、アトピー性皮膚炎、
酒渣、酒さ様皮膚炎、脂漏性湿疹、脂漏性皮膚炎、汗疱性湿疹、異汗性湿疹などの皮膚のトラブルでお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はよく効くと評判です。


ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。


漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。


ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) まで、お気軽にお越しくださいませ。  

子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店

髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話&お問い合わせ電話   045-681-5888
営業時間   11:00~19:30
定休日
                           


【当店への行き方】


 JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。


元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 を右にみながら、そって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。 (石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)

 横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。

 伊勢佐木長者町駅前バス停より、 根岸台行 市営バス 103 に乗って、二番目のバス停「石川町5丁目」下車スグ目の前です。

駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より、「103 根岸台、103根岸駅 ( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。

石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。



横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ






f0135114_11435525.jpg
f0135114_15254700.jpg

f0135114_19153800.jpg
































下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。


[PR]
by yokohama-kampo | 2018-08-14 16:35 | 前立腺肥大症 前立腺がん

2人目不妊でしたが、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬のおかげで、妊娠して出産しました。

36歳   女性

5歳の女の子あり。

2人目を希望しているが、なかなか妊娠しない。


人工授精から、体外受精を5回した。
しばらく、体外受精は休む。


既往症として


子宮内膜症
左卵管癒着
多嚢胞性卵管症候群


寒がり
冷え性
足先が冷えやい


ひどい肩こり

アレルギー性鼻炎もち
口内炎が治らない

早く二人目が欲しいとご夫婦ともに、ご来店いただいた。

数種類の髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をお試しいただいて、1ヶ月後にご来店。


「ジンマシンが出たが、抗ヒスタミン剤で治った。」
「月経が、10日間も続いた。」


さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。


「身体が温まって、体調は良い。」
「月経は、元に戻って、3日で終了した。」


さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。


「口内炎が、減ってきた。」


さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。


「病院にて、妊娠反応を確認した。」

f0135114_14105910.jpg
さらに、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。


「妊娠は、継続している。」


安胎のために、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬を続けて飲んでいただいて、元気な男の子を出産されたと喜びのご連絡をいただいた。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方健康子宝相談

二人目の不妊症や不育症で悩んでいらっしゃるご夫婦が増えています。


体外受精を何度も受けると、母体である女性のお身体の負担は、想像を絶するものがあります。

お身体を休めるためにも、髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬をお試しください。


なかなか妊娠できないときは、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) では、疲労回復、男性の不妊症、精力回復相談も承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、季節の変わり目の花粉症、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎などの鼻のトラブルの漢方薬療法を得意としております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングを通して漢方の観点から、妊活(不妊症、不育症)でお悩み中のご夫婦の応援を長年しております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、生理痛や排卵痛や月経不順など婦人病 のご相談をたくさん承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)は、「痛み解消の専門店」としても、頑張っております。
酷い頭痛や三叉神経痛の漢方薬療法なども得意としております。


夏は、暑さから熱中症ぎみになったり、寝不足になることから、自律神経失調症やうつ状態のご相談が増加いたします。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、ゆううつ、ノイローゼ、イライラ、五月病、目まい、ドライアイ、ドライマウス、口臭、耳鳴り、片頭痛、下痢、胃痛、不眠症、自律神経失調症、心臓神経症、PMS、パニック、更年期障害などのご相談を数多く承っております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、皮膚病のご相談を随時、承っております。


じんましん、にきび、背中のニキビ、おでき、湿疹、吹き出物、掌蹠膿疱症、尋常性乾癬、アトピー性皮膚炎、
酒渣、酒さ様皮膚炎、脂漏性湿疹、脂漏性皮膚炎、汗疱性湿疹、異汗性湿疹などの皮膚のトラブルでお悩みの時は、髙木漢方(たかぎかんぽう)までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


髙木漢方(たかぎかんぽう)では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。


髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬はよく効くと評判です。


ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。


漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。


ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。

髙木漢方 (たかぎかんぽう) まで、お気軽にお越しくださいませ。  

子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店

髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話&お問い合わせ電話   045-681-5888
営業時間   11:00~19:30
定休日
                           


【当店への行き方】


 JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。


元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 を右にみながら、そって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。 (石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)

 横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。

 伊勢佐木長者町駅前バス停より、 根岸台行 市営バス 103 に乗って、二番目のバス停「石川町5丁目」下車スグ目の前です。

駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より、「103 根岸台、103根岸駅 ( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。

石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。



横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ






f0135114_11435525.jpg
f0135114_15254700.jpg

f0135114_19153800.jpg































下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。


[PR]
by yokohama-kampo | 2018-08-06 14:12 | 不妊症 不育症 子宝相談 妊活

横浜の漢方,髙木漢方がお届けする、漢方薬と薬草と散歩のブログ


by yokohama-kampo