人気ブログランキング |

自然!天然!元気力!  髙木漢方(たかぎかんぽう)のブログ

herbkampo.exblog.jp
ブログトップ

秋の湿疹

秋風が吹くようようになると、汗がおさまり、ジュクジュク型の湿疹の方は、すこし楽になります。
これからは、乾燥したカサカサ形の湿疹が、増えてきます。
漢方では、皮膚は、「肺」の範囲に入ります。そして「脾は肺の母であり、肺は脾の子である」と考えられています。脾(消化器の概念)は、運化(身体にエネルギーを運ぶ)と筋肉をつかさどり、肺の土壌であるとされています。秋から冬にかけては、空気の乾燥により、津液の代謝に不足が生じて、皮膚(肺)が乾燥することにより、悪化いたします。
津液とは、身体を健康にするために身体がつくる水分のことです。
秋から皮膚の乾燥を感じる方は、早めに津液を生じさせる漢方薬をのんで、皮膚のトラブルを予防しましょう。

f0135114_1518575.jpg


                      日本橋 三越

横浜の漢方薬 伊勢佐木町漢方堂ホームページ
# by yokohama-kampo | 2007-10-02 15:08 | 蕁麻疹 湿疹 カユミ

つれづれなるままに

本格的に涼しくなり、秋本番となりました。なかなか紅葉をめでることも出来ずにおります。
夏の養生が足りないと、そろそろ病気が発生いたします。風邪をひくのはもちろんのこと、脳血管障害や心臓に関するもの、内臓の不調や、ガンなどが表面化いたします.
これは、夏の暑さによって、「気血水」が消耗されたのが原因で、そのことにより免疫力が低下しさらに「血」の不足により、「於血」が生じて、さらに病気を重くいたします。
今からでも遅くないので、病気に負けない身体をつくり、冬に備えて、なんとか元気にのりこえましょう。伊勢佐木町漢方堂か゜、お手伝いいたします。お気軽にご相談ください。


f0135114_1533433.jpg


横浜の漢方薬 伊勢佐木町漢方堂ホームページ
# by yokohama-kampo | 2007-10-01 14:48 | 漢方薬

痛風と漢方②

朝晩はほんの少し涼しくなり、秋が近づいているのかなあと感じることが出来ます。気温の変化と、身体の変化には、いつもタイムラグがあるため、体調を崩しやすくなります。特に、漢方でいうところの「気陰両虚」の方は、気管支を傷めやすくなり、喉が腫れたり、咳が止まらなくなったりします。そのほか、いつもの夏より汗をかいた方や、夏に下痢をしやすい方は、狭心症や、突然の脳梗塞になりやすいので、注意してください。
痛風は、ご存知のとおり、高尿酸血症が原因です。痛風の治療の原則は、尿酸値を下げることになります。尿酸値を下げるには、尿酸の生成を抑えて、尿酸の排泄をうながすことが必要です。
尿酸は、体内で、尿酸塩という細かい結晶を作り、足の親指に炎症を引き起こしたり、腎臓に結石を作ったりします。漢方医薬学では、この結晶や結石の原因は、「痰湿瘀血」にあるとしています。痰湿とは、高コレステロールや高中性脂肪などによって体内にたまったヘドロ状の不純物と考えると分かりやすいです。瘀血とは、その痰湿が血管内にたまって、血流がさまたげられた状態と考えるといいでしょう。
この、痰湿と瘀血が相互に影響しあって、結晶をつくり、関節組織に沈着すると、急性の炎症が引き起こされ、腫れと痛みを生じます。

f0135114_1415015.jpg

                                       箱根 強羅温泉
横浜の漢方薬 伊勢佐木町漢方堂ホームページ
# by yokohama-kampo | 2007-08-31 13:51 | 痛風 尿酸値が高い
今日も暑い一日でしたね。外を歩くと滝のような汗がでます。これは、体温を正常に保つために、脳の命令によって、汗腺を開いて、汗を出して、その気化熱で体温をさげるためにおこる現象です。
汗をかくと、体内の水分は少なくなり、自然にのどが渇くようになります。ここで水のみを補給しても、すぐに血管の中の水分まで増やすことは出来ません。
必ず、カルシュウムやマグネシュウムなどのミネラルを一緒に補給しないと血管内の水分は増えません。
具体的には、市販の電解質の入ったポカリスエットなどがいいでしょう。
そして、弱った血管には、補気薬が必要です。補気薬をとることで、血管はみずみずしさを取り戻すことことが出来ます。コレステロールや中性脂肪が多めの方は、知らないうちに動脈硬化が進んでいますので、活血薬を一緒にとることで、血管に柔軟性をとりもどして、夏に多発する心筋梗塞や脳梗塞をさけましょう。
健康と漢方薬については、髙木漢方まで、お気軽にご相談ください。 
f0135114_18421897.jpg

                                     伊勢佐木モール

ご相談&漢方カウンセリングは無料です。
メールや電話にてのご相談も承ります。

ご相談&漢方カウンセリングは無料です。
電話とメールにてのご相談も承ります。



創業慶応二年   横浜の漢方健康病気相談専門店

店名   髙木漢方 (たかぎかんぽう)      (旧店名 伊勢佐木町漢方堂)
住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6  
ご相談&お問い合わせ電話    045-681-5888
ご相談&お問い合わせメール
info@yokohama-kampo.com
営業時間          11:00~19:30  
定休日           金          (土日は営業しております。)    

8月中は、平常どおりに営業いたします。



【行き方】
①JR根岸線 石川町駅 元町口( 南口 )より徒歩6分。

元町とは正反対の方向に、首都高速の高架下の中村川 にそって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋( くるまばし )のたもと( 石川町5丁目 )に当店はございます。

(石川町駅南口改札前のタクシー利用で2分です。)

②横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向に、打越の坂道( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。

又は、駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「 103 根岸台」に乗って、2番目の「石川町5丁目」のバス停にて降車して、すぐ目の前です。


横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ








下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。
# by yokohama-kampo | 2007-08-12 18:34 | 夏バテ 梅雨バテ 秋バテ
暑いですね!横浜は連日35℃です。エアコンの電気代を心配しながらなんとか営業しております。
夏は、皮膚のトラブルが多発します。まずは、日焼けによるもの、そして、アトピー性皮膚炎の悪化、じんましんの突然の発生、いつもの「おでき」が大きくなったり、にきびや吹き出物もたくさん出てきます。
これは、暑いために、たくさんの水分をとり、エアコンのあたりすぎなどで、脾の働きが弱って、皮膚の衛気の働きを阻害したために、皮膚の症状を悪化させたと考えられます。
なるべく早めに、身体にあった漢方薬をとることによって、回復できます。よろしかったら、お気軽に伊勢佐木町漢方堂にご相談ください。
f0135114_11575518.jpg

                                    横浜 本牧 三渓園

横浜の漢方薬 伊勢佐木町漢方堂ホームページ
# by yokohama-kampo | 2007-08-11 11:59 | 夏バテ 梅雨バテ 秋バテ

痛風と漢方①

血液中の尿酸が、関節にたまって、炎症を引き起こしたのが、「痛風」です。体内の尿酸は、便や尿と一緒に排泄され一定のレベルをたもっています。正常値は、3.0~7.0mg/㎗です。
高カロリーの「プリン体」を多く含むものを摂取すると尿酸は増加します。たとえば、ビール、ピーナッツ、えだまめなどの豆類、かまぼこ、ホタテなどの貝類、牛肉などの肉類は、プリン体が多く、尿酸値を増やす原因になります。
痛風は、遺伝するので、要注意です。一般的にメタボリックシンドロームの構成要素である「肥満、高血圧症、高脂血症、糖尿病、動脈硬化」のどれか一つでもあれば、痛風になる危険があります。
特殊な例としては、病気の二次性のものもあります。「白血病、多発性骨髄腫、慢性溶血性貧血、がんの化学療法、放射線療法」などでも、痛風になることがあります。
また、チアジド系の降圧利尿剤やアスピリン系の薬剤を服用することによって、痛風が引き起こされることもあります。
f0135114_17143552.jpg

                                    横浜 本牧 三渓園

【創業慶応二年 子宝(不妊症相談)と皮膚病相談なら】
新店名 高木漢方 (たかぎかんぽう)
新住所 横浜市中区石川町5丁目185番地6
  ( 石川町5丁目バス停の前  車橋南交差点の角です。) 
新電話&Fax 045-681-5888              営業時間 11時~19時半
メールの変更はございません。                定休日 金


【行き方】
①JR根岸線 石川町駅南口より徒歩7分。 
元町とは反対方向に、首都高速の高架下(中村川)にそって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。
(石川町駅南口改札前のタクシー利用で2分です。)

②横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。 
改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向に、打越の坂道(山元町、根岸森林公園方面)に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。
又は、駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「103根岸台」に乗って、2番目の「石川町5丁目」のバス停にて降車して、すぐ目の前です。




横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ















下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。
# by yokohama-kampo | 2007-08-06 17:14 | 痛風 尿酸値が高い

土用の丑の日

明日は、土用の丑の日です。古代の暦法に「陰陽五行説」というものがあります。五行説によると、この世の事象を木(もく)、火(か)、土(ど)、金(こん)、水(すい)の五つに分類して、春は木、夏は火、秋は金、冬は水とし、四季それぞれに「土」を配し、次の季節が始まる直前の17~19日間をその季節の「土用」としました。
f0135114_16102461.jpg

7月20日から、立秋前日の8月7日までが、五行説に基づく「夏の土用」で、一年でもっとも暑いといわれています。「夏の土用」には、鰻を食べて夏バテをしないようにする習慣があります。
江戸時代の発明家といわれる平賀源内が、うの付くものを食べると精がつくという故事からヒントを得て、土用の丑の日に鰻を食べると良いと広めたという説が有名です。
f0135114_172256.jpg

                                    横浜 本牧 三渓園

横浜の漢方薬 伊勢佐木町漢方堂ホームページ
# by yokohama-kampo | 2007-07-29 16:21 | 漢方薬

横浜本牧 三渓園

横浜の本牧にある三渓園に行ってきました。ハスやスイレンなどの水の中にはえる花がとてもきれいでした。

f0135114_13152244.jpg

f0135114_1373671.jpg

f0135114_139734.jpg
f0135114_13101433.jpg

f0135114_13174840.jpg


横浜の漢方薬 伊勢佐木町漢方堂ホームページ
# by yokohama-kampo | 2007-07-26 13:07 | 散歩
漢方において、「皮膚は内臓の鏡である」という、いにしえからの教えがございます。
どういうことかと言うと、今の皮膚の状態は、内臓の状態を表すものであると言うことです。
つまり、内臓の働きが乱れたり、弱ったりすると、皮膚のトラブルが多くなります。
皮膚が乾燥したり、カユクなったり、腫れたり、湿疹ができたり、にきびが出たり、おできが出来たり、吹き出物が多くなったり、皮膚の色が悪くなったり、さまさまな皮膚の症状が出現します。

f0135114_155947100.jpg


髙木漢方 (旧店名 伊勢佐木町漢方堂)では、皮膚の症状をみきわめて、漢方薬で、内臓を丈夫にして、乱れを正すことによって、「にきび・おでき・背中の吹き出物・皮膚病・アトピー性皮膚炎」などの体質を改善して、皮膚をだんだんと綺麗にして元気にしています。

f0135114_16133577.jpg

観音崎

子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店
髙木漢方   創業慶応二年  横浜の漢方健康病気相談専門店
住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185 番地6
ご相談電話    045-681-5888
ご相談&お問い合わせメール
info@yokohama-kampo.com
営業時間   11:00~19:30
定休日    金                       




 【行き方】
①JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。 

元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 にそって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。
(石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)


②横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。 

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて車橋のたもとに当店はございます。

又は、駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より「103 根岸台」( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。
石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。


横浜の漢方薬 髙木漢方(たかぎかんぽう)ホームページ



f0135114_14402378.jpg









下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。
# by yokohama-kampo | 2007-07-10 16:12 | にきび おでき 吹き出もの 大人ニキビ

観音崎

観音崎に今年の四月にできたばかりの横須賀美術館に行ってきました。目の前が海なのですが、あいにく雨のため、遠くは見えませんでした。近くの緑は、生き生きとして素敵でした。
f0135114_15395564.jpg

f0135114_15425668.jpg

f0135114_15442051.jpg


横浜の漢方薬 伊勢佐木町漢方堂ホームページ
# by yokohama-kampo | 2007-07-05 15:40 | 日常

髙木漢方の店主がお届けする、漢方薬と健康と散歩のブログ


by yokohama-kampo