人気ブログランキング |

自然!天然!元気力!  髙木漢方(たかぎかんぽう)のブログ

herbkampo.exblog.jp
ブログトップ

タグ:板藍茶 ( 2 ) タグの人気記事

イスクラ板藍茶などで、ウイルスに負けない生活をしましょう。

目に見えないウイルスが、まん延すると、風邪や病気の人が身の周りに増えていきます。

これを、昔の人は、流行り病とか、いいます。

今は、流行性感冒といったり、国中や世界中に広がると、パンデミックといったりします。

毎年、インフルエンザが流行しますが、これの毒性の強いもの動物から人へとが流行るのではないかとされたのが、新型インフルエンザです。

新型インフルエンザウイルスのために、国が備蓄していたのが、話題のアビガン錠ですね。

アビガン錠は、新型コロナウイルスにも効果を期待されて、臨床試験が進んでいます。

緊急事態宣言が、もし、解除されても、新型コロナウイルスにたいする警戒をつつけないといけませんね。

三密をさけて、マスク、うがい、手洗い、イスクラ板藍茶ですね。

イスクラ板藍茶などで、ウイルスに負けない生活をしましょう。_f0135114_13272504.jpg

イスクラ板藍茶などで、ウイルスに負けない生活をしましょう。_f0135114_13284613.jpg


イスクラ板藍茶に使用されている、板藍根エキスには、抗ウイルス作用、抗菌作用、抗アレルギー作用があることが判明しています。

板藍根エキスの、抗菌スペクトルはすごく広く、耐性菌がとても出来ずらいのが特徴です。

板藍根エキスは、新型コロナウイルスにも、しっかりと、抗ウイルス作用があるこが分かっています。

板藍根エキスの、抗ウイルス作用とは、自分自身の免疫力を向上させて、さらに、ウイルスそのものを退治する作用のことをいいます。

イスクラ板藍茶で、新型コロナウイルスに負けない生活をしましょう。

身近に、イスクラ板藍茶が手に入りずらい時は、他の抗ウイルス作用のある薬草もあります。

代表的なものは、金銀花、野菊花、蒲公英、紫花地丁、龍葵、白花蛇舌草などが、抗ウイルス作用にすぐれています。

板藍根エキスの配合された、イスクラ板藍茶とイスクラ板藍のど飴は、髙木漢方(たかぎかんぽう)の店頭にて販売しております。

ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。
髙木漢方(たかぎかんぽう)まで、お気軽にお越しくださいませ。

子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店

髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年   横浜市中区の健康病気相談漢方薬専門店

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6  (石川町5丁目バス停前)
ご相談電話&お問い合わせ電話   045-681-5888    
お気軽にお問い合わせください。
営業時間   11:00~18:00
定休日
                            


【当店への行き方】


 JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。


元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 を右にみながら、そって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。 (石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)

 横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。

 伊勢佐木長者町駅前バス停より、 根岸台行 市営バス 103 に乗って、二番目のバス停「石川町5丁目」下車スグ目の前です。

駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より、「103 根岸台、103根岸駅 ( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。

石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。



ぜひ当店のホームページをご覧ください。






イスクラ板藍茶などで、ウイルスに負けない生活をしましょう。_f0135114_14142664.jpg

イスクラ板藍茶などで、ウイルスに負けない生活をしましょう。_f0135114_14160168.jpg

イスクラ板藍茶などで、ウイルスに負けない生活をしましょう。_f0135114_18055711.jpg

































下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。


















by yokohama-kampo | 2020-05-22 13:32 | 板藍茶(板藍根エキス) 板藍のど飴
板藍茶(ばんらんちゃ)と板藍のど飴をご紹介いたします。

朝晩、寒くなってきましたね。

もうすぐ、冬至ですし、温かい食べ物、なべ、シチュー、カレーうどん、鍋焼きうどんなんかが、ほしいです。

身体を冷やすと、免疫力が低下して、風邪を引きやすくなります。

冬は、インフルエンザやマイコプラズマ肺炎も猛威をふるいますね。

ノロウイルス、ロタウイルスなどの食中毒も増えます。

溶連菌感染症や、水疱瘡ウイルスによる帯状疱疹なども発生しやすい時期にはいります。

我が家では、「うがい、手洗い、板藍茶と板藍のど飴」で、ウイルスによるカゼ対策もばっちりです。

板藍茶や板藍のど飴の原料になる板藍根は、大昔から漢方では、抗ウイルス作用、抗菌作用、免疫力強化、解熱、解毒などに使用します。

風邪の予防には、とても強い味方になりますね。

インフルエンザになる前に、予防をしましょう。




板藍茶(ばんらんちゃ)と板藍のど飴をご紹介いたします。_f0135114_17593351.jpg
板藍茶(ばんらんちゃ)と板藍のど飴をご紹介いたします。_f0135114_17590543.jpg

イスクラ板藍茶とイスクラ板藍のど飴は、当店の店頭にて、絶賛販売中です。

店頭では、板藍茶と板藍のど飴の試飲もできます。


髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年   横浜市中区の健康病気相談漢方薬専門店

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話&お問い合わせ電話   045-681-5888
営業時間   11:00~19:30
定休日
                           


【当店への行き方】


 JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。


元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 を右にみながら、そって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。 (石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)

 横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。

 伊勢佐木長者町駅前バス停より、 根岸台行 市営バス 103 に乗って、二番目のバス停「石川町5丁目」下車スグ目の前です。

駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より、「103 根岸台、103根岸駅 ( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。

石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。



ぜひ当店のホームページをご覧ください。






板藍茶(ばんらんちゃ)と板藍のど飴をご紹介いたします。_f0135114_11435525.jpg
板藍茶(ばんらんちゃ)と板藍のど飴をご紹介いたします。_f0135114_15254700.jpg

板藍茶(ばんらんちゃ)と板藍のど飴をご紹介いたします。_f0135114_19153800.jpg

















































下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。


















by yokohama-kampo | 2018-12-10 18:06 | 板藍茶(板藍根エキス) 板藍のど飴

髙木漢方の店主がお届けする、漢方薬と健康と散歩のブログ


by yokohama-kampo