自然!天然!元気力!  髙木漢方(たかぎかんぽう)のブログ

herbkampo.exblog.jp
ブログトップ

タグ:花まつり ( 1 ) タグの人気記事


今日は、お釈迦さまの誕生日に使用される「甘茶アマチャ」をご紹介いたします。


4月 7日は、お釈迦さまの誕生日「花まつり」です。


お寺では、お釈迦さまのご本尊さまに、甘茶を振りかけたり、参拝した人々に、甘茶をふるまい、お祝いをします。


これは、お釈迦さまが誕生したときに、甘露の雨が降ったという言い伝えがあるからです。


漢方では、甘茶は糖尿病の方の甘味のかわりにしたりします。


甘茶は日本薬局方にも収載されており、医薬品の矯味剤や、口内清涼剤として使用されています。


甘茶は、伊豆半島に多く自生しており、天城峠の天城は、「甘木」が変化したとする説もあります。

甘茶の作り方


甘茶は、水1リットルに対して10グラムを入れて煎じます。
お好みの甘さになったら火を止めます。


甘茶 (日本産) は、髙木漢方(たかぎかんぽう)の店頭にて販売しております。

f0135114_14020679.jpg

当店では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。


当店の漢方薬はよく効くと評判です。


ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。


漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。

早めの養生が、あなた様自身を助けます。


ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。


当店まで、お気軽にお越しくださいませ。  

子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店

髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年   横浜市中区の健康病気相談漢方薬専門店

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話&お問い合わせ電話   045-681-5888
営業時間   11:00~19:30
定休日
                           


【当店への行き方】


 JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。


元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 を右にみながら、そって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。 (石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)

 横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。

 伊勢佐木長者町駅前バス停より、 根岸台行 市営バス 103 に乗って、二番目のバス停「石川町5丁目」下車スグ目の前です。

駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より、「103 根岸台、103根岸駅 ( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。

石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。



ぜひ当店のホームページをご覧ください。






f0135114_14142664.jpg

f0135114_14160168.jpg


f0135114_14065860.jpg






































下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。










by yokohama-kampo | 2018-12-15 14:10 | 甘茶アマチャ 甘草

髙木漢方の店主がお届けする、漢方薬と健康と散歩のブログ


by yokohama-kampo