人気ブログランキング |

自然!天然!元気力!  髙木漢方(たかぎかんぽう)のブログ

herbkampo.exblog.jp
ブログトップ

タグ:認知症 ( 2 ) タグの人気記事


認知症かもしれないときは、まずは漢方薬を試してみるのもいいですね。


高齢化社会に進む日本では、認知症になる人も増えています。


朝、食べた物が思いだせない。
外へ出たら、買うものを忘れてなかなか思いだせない。


話しかけられていることは理解できるが、その意味が分からない。
顔は分かるけど、名前が思いだせない。


頻尿。
夜間尿。
難聴。
etc


加齢によって、理解力、読解力、記憶力などが、少しずつ減っていきます。


認知症かもしれない、そんなときには、身体に優しい漢方薬で体質改善をしてみませんか。


当店では、認知症にたいする漢方薬による体質改善をご提案しております。

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方薬の使用例

83歳     女性

朝、食べた物が思いだせなくなった。

「これは何ですか?」声は聞こえるが、指をさした物、これが何か分からない。

本、雑誌、新聞などをまったく読まなくなった。

テレビにも興味がなくなった。

会話がたどたどしい。

難聴ぎみ。

耳鳴り。
夜間の頻尿。


認知症らしいので、何とかしたいと、ご家族さまよりご相談を受けた。

病院からの薬は、まだ飲んでいない。

漢方的に見立てると、腎虚、血虚、気虚、於血等の体質が見られたので、それらの悪い体質を改善するために、当店の漢方薬をお試しいただいた。


当店の漢方薬をはじめて、1ヶ月後にご来店。


「お孫さんや、家族との会話がスムーズになった。」
「新聞や雑誌や本などを隅々まで、読むようになった。」


さらに、当店の漢方薬を続けて飲んでいただいて、1ヶ月後にご来店。


「耳の聞こえが良くなっているようだ。」
「夜間尿が、一回に減った。」

「表情が豊になり、顔色が良くなった。」
「当店の漢方薬は良く効いたので、続けたい。」
と喜ばれた。

f0135114_13002925.jpg

髙木漢方(たかぎかんぽう)の漢方健康病気相談

認知症かもしれないときは、漢方薬による体質改善をトライしてみてはいかがでしょうか。
すでに、病院で認知症と診断されている場合でも、併用は可能です。


漢方薬を試してみたいときは、当店までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。

当店では、漢方カウンセリングをしてから、ひとり一人に合わせて漢方薬をお選びしております。

当店の漢方薬はよく効くと評判です。


ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、お気軽にご相談ください。

漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。

早めの養生が、あなた様自身を助けます。

ご相談と漢方カウンセリングは、無料です。


当店まで、お気軽にお越しくださいませ。 

子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店

髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年   横浜市中区の健康病気相談漢方薬専門店

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話&お問い合わせ電話   045-681-5888
営業時間   11:00~19:30
定休日
                           


【当店への行き方】


 JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。


元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 を右にみながら、そって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。 (石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)

 横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。

 伊勢佐木長者町駅前バス停より、 根岸台行 市営バス 103 に乗って、二番目のバス停「石川町5丁目」下車スグ目の前です。

駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より、「103 根岸台、103根岸駅 ( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。

石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。



ぜひ当店のホームページをご覧ください。






f0135114_14142664.jpg

f0135114_14160168.jpg

f0135114_18055711.jpg



















下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。



by yokohama-kampo | 2019-02-14 13:04 | 認知症 物忘れ 健忘

認知症と漢方薬

認知症と漢方薬

店頭にて、「テレビで見たのだけれど“認知症”に効くらしい漢方薬は、ありませんか」といったご相談が、ちらほらと増えています。

はっきり、申し上げますと、認知症〔アルツハイマー型認知症・脳血管性認知症・レビー小体型認知症〕が治る薬は、漢方薬を含めて、残念ながら、今は、ございません。

現在、認知症に使われている唯一のお薬は、アリセプト(塩酸ドネペジル)など同系統の西洋薬になります。

アリセプトなどは、認知症を治すことは、出来ませんが、少しだけ進行を遅らせることができます。

他は、認知症の周辺症状の緩和に用いられる精神安定剤や抗不安薬などです。


f0135114_15255149.jpg

                            みなとみらい地区   横浜

但し、認知症薬や精神安定剤などが、副作用などで、身体にあわないときは、認知症の周辺症状を適度に改善してくれるということで、漢方薬が、使われており、めざましい効果を上げています。

認知症の周辺症状とは、「家族や友人の名前を忘れてしまう」とか、「お金をとられた」とか、「散歩に出たら自宅に帰る道が分からなくなってしまう」とか「排泄物をいじってしまう」とかいったさまざまな症状(思考力の低下・記憶力の低下・幻聴・幻視・夜間徘徊など)のことです。

当店の漢方薬を続けていると、これらの周辺症状が、緩和されて、少しずつ正常化してきます。
早い人では、漢方薬を1週間分くらいのむだけで、何かが良くなってきたと実感されます。


当店では、認知症の周辺症状の改善には、漢方的に見立てて、一人ひとりにあった漢方薬をお選びしております。

よく知られている抑肝散や抑肝散加陳皮半夏は、本来は、子供の夜鳴きなどの改善に使うお薬ですが、現代では、年齢を問わずに、興奮しやすい、イライラしやすい、怒りっぽい、眠れないといった精神神経症状を改善するために用いられます。

効能効果としては、「虚弱な体質で神経が高ぶるものものの次の諸症: 神経症、不眠症、小児夜なき、小児疳症」 です。

抑肝散などの他にも、「黄連解毒湯」、「当帰芍薬散」、「釣藤散」、「冠元顆粒」、「牛黄」、「麝香」、「沈香」、「羚羊角」、「遠志」その他などが、認知症の周辺症状の改善に用いられ、とてもすばらしい効果を上げています。

しっかりと、認知症を改善したいときは、当店にお気軽に、ご相談くださいませ。

ひと様にいっても分かってもらえない不快感、病院に行っても病名もつかないつらい症状、
お気軽にご相談ください。

漢方薬のここちよい穏やかな効き目で、どんどんと改善いたします。
早めの養生が、あなた様自身を助けます。


ご相談は無料です。
当店まで、お気軽にお越しください。


子宝相談と皮膚病相談と漢方カウンセリングのできるお店


髙木漢方 (たかぎかんぽう)  創業慶応二年   横浜市中区の健康病気相談漢方薬専門店

住所  神奈川県横浜市中区石川町5丁目185番地6
ご相談電話&お問い合わせ電話   045-681-5888
営業時間   11:00~19:30
定休日
                           


【当店への行き方】


 JR 根岸線 石川町駅 元町口 ( 南口 ) より徒歩6分。


元町とは正反対の方向 に、首都高速の高架下の中村川 を右にみながら、そって進んで、亀の橋を渡らずに真っ直ぐに歩いて、車橋 ( くるまばし ) 南交差点の角 ( 石川町5丁目 ) に当店はございます。 (石川町駅南口改札前のタクシー利用で 2分です。)

 横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩8分。

改札前のエレベーターで地上に出て、伊勢佐木町とは反対方向の打越の坂道 ( 山元町、根岸森林公園方面 ) に向かって歩いて、車橋のたもとに当店はございます。

 伊勢佐木長者町駅前バス停より、 根岸台行 市営バス 103 に乗って、二番目のバス停「石川町5丁目」下車スグ目の前です。

駅改札前のエレベーターで地上に出て、目の前のバス停より、「103 根岸台、103根岸駅 ( 横浜駅東口発 ) に乗って、2番目の「石川町5丁目」 のバス停にて降車してください。

石川町5丁目のバス停の前に当店はございます。



ぜひ当店のホームページをご覧ください。



f0135114_16371232.jpg
f0135114_16380506.jpg
f0135114_16391948.jpg













下記のインタレストマッチ広告は、当ブログとは何の関係もございません。


by yokohama-kampo | 2009-10-14 15:10 | 認知症 物忘れ 健忘

髙木漢方の店主がお届けする、漢方薬と健康と散歩のブログ


by yokohama-kampo